2021年11月30日

豚肉と長芋の梅酸辣湯

先週のQPで見た料理。昆布鰹だしで豚バラ肉を煮て、なめこを加えて煮立て、アクを引いてから春雨と豆腐を入れて醤油で調味し、さらに細切りにした長芋と梅肉を加えて煮立て溶き卵を入れ、ゴマ油とラー油をかけて仕上げる。酢の代わりに梅を使ったマイルドな味わい。
けさのワールドニュースは昨日に引き続いて世界各局ともオミクロン株の流行と対策を取りあげていて、日本のように、目下オール外国人の入国を停止している国は最初にしたイスラエルとオーストラリア、モロッコの4カ国だけだそうで、フランス2は日本の街頭インタビューまで交えて報じていた。そのフランスでは早くも観光業を筆頭にサービス産業の深刻な打撃が懸念されており、それはもちろん日本も同断で、今は感染状況が落ち着いているからいいようなものの、年末年始の帰省にまた歯止めがかかったり、忘年会や新年会が飛んじゃうのはそれぞれの業界にとっての死活問題だろうと心配される。ファイザー社はオミクロン株対応のワクチンを今後100日以内に製造すると宣言しているらしいので、日本としてはこの冬場を何とか無事に乗り切りたいものだが、一方でとにかくワクチンが途上国にもしっかり行き渡るようにして、徒に同じパターンが繰り返されることは避けてほしいものであります(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年11月29日

豚バラ大根炒め

先週近所のマルエツで1本38円\(◎o◎)/の大安売りしてた三浦大根を思わず丸ごとゲットしてしまい、まだかなり残ってたので今夜はこれを作ってみました(^^ゞワタシの作り方はゴマ油でまず豚バラ肉を炒めて脂をできるだけ除いた上で生姜の千切りとイチョウ切りにしてチンした大根を炒め合わせ、さらに豆板醤を炒め合わせて酒砂糖味醂醤油で調味する。
食事しながら見たBS-TBS報道1930も朝のワールドニュースも、今日は国内外の報道がオミクロン株一色というべきか。今回は日本政府が意外な速攻で全外国人の入国制限をした(!_+)ものの、特段の理由を付けて入国できる例外が3万人もあるそうなので(!_+)相変わらず油断はできません(-。-;)今日は旧友のモリからもこの件で電話があって「何だかだんだん陰謀説を信じそうになっちゃうよね〜」「そう、アメリカの製薬会社とか投資家とかね」てな話になったくらい、ようやく出口が見えて来たかな〜の段階だけに痛みやウンザリ感のある人は少なくないだろう。で、「私の周りの、私たちより少し年上の女の人たちで、もうおかしくなっちゃってる人がイッパイいるのよ〜」とモリがいうのでウツっぽくなってるのかと思いきや「もう十分生きてきたんだから、いつ死んだって構わないって感じでしょっちゅう集まってメチャクチャメ大騒ぎしてるんだよね〜」とのこと。なるほど、それってきっと団塊の女性たちなんだろうな〜とワタシは妙に納得しておりしました(^◇^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年11月28日

蕎麦と天丼のセット

乗馬の帰りに会友のMamiさんと川越アトレ内の蕎麦屋で食事。
いきなり真冬の到来!が感じられた今週末も埼玉県下の馬場でオランダの幼稚な子クリトンに騎乗。先週鼻血ブーだったクリトンが今週はもう全快モードでメチャ元気な走行をして、騎乗するこっちのほうがヘトヘトに(^^ゞ それにしても先週の土曜日に鼻の穴の中がスパンと切れてドバッと出血したのに、翌日曜日はもう鼻血が出ていなかったし、今週のイケイケぶりには馬の自己治癒力に驚かざるを得ず、その点については石田先生も以前に飼ってらした馬の1頭が事故って首からドオっと血が噴きだしたので「こいつはもう死ぬしかないなあと思ってたら、意外とすぐに疵口がふさがって、何日かしたらちゃんと元の状態に戻ったんだよね。だから馬がケガしたらきっと例の馬油っていうのが出でそれで治すんじゃないのかな〜」とホンマカイナ的発言をなさったのは笑えました(^◇^;)
ところで今週末は全乗振の3級と4級を取得する試験が当クラブで行われて、優等生サラ鹿毛のボニー君かイケイケサラ鹿毛のオー君に騎乗された4人全員が無事合格に(*^^)vワタシは以前のクラブで3級まで取得したが、今から思うと当時は超いい加減な乗り方をして且つ筋力もなかったため、ひたすら馬のおかげで何とか合格したのでした^_^;3級を取らせてくれたのは今は亡き鹿毛アラブ紳士のスーパー氏で、インストラクターのHさんに「松井さんはただ乗ってるだけで何もしないでいいから。馬の邪魔だけしないでね」と言われたのを想い出す。確かにその通り、練習中はスーパー氏が必ず途中で止まった左手前の巻き乗り駈歩もスムースにクリアして、全経路ノンストップで走行できてわれながらビックリでした\(◎o◎)/故スーパー氏はホントに頼り甲斐のある紳士的な馬で、彼と比べるとクリトンはやること幼稚で人に甘えまくって超ワガママな、人間だったらゼッタイ傍に寄りたくないオジさんタイプの馬だよな〜というしかありません(-.-;)y-゜゜



このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2021年11月27日

皿うどん

市販キットで作る。
食後に見始めた日本シリーズが延長線ですっかり遅くなって、日付の変わらぬ間にブログを書く時間がなくなってしまったが(^_^;)とにかくヤクルト優勝おめでとう\(^O^)/最近のプロ野球は選手をほとんど知らず、知ってるのは監督やコーチやGMくらいだったりするのだけれど、高津監督が2年目で優勝にはちょっとビックリである(!_+)選手時代はどちらかといえばチャライ印象で、将来監督になるような人には見えなかったのに、わからないもんだよな〜という気が強くするのは、選手時代から監督みたいだった古田や、将来ゼッタイの監督候補だった西武の伊藤が意外にも名将にはなれず、やっぱりチャライ印象だった東尾とか、組織に不向きで独り我が道を行く感じだった落合がこれまた意外に名将になったことやなんかも含めての感想であります。というわけで来季の新庄監督もこうした意外性の新たなサンプルとなるかもしれません(^◇^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年11月26日

台湾風鶏から揚げ

今日のQPで見た料理。皮なしの鶏胸肉を麺棒で叩き1.5倍くらいの大きさにに伸ばして、酒、醤油、砂糖、おろし生姜とおろしニンニク、五香粉、塩、胡椒を混ぜ合わせたタレに漬け込んで常温に30分置いてから、卵と薄力粉を混ぜ合わせた衣を付けて、さらに薄力粉をまぶして高温の油で片面3分ずつ揚げる。揚げた鶏は食べやすく切って粗挽き黒胡椒を振って仕上げる。鶏肉は叩き伸ばすく前に厚みが均一になるよう包丁で観音開きにして、皮があったほうの面にラップをのせて叩くこと。衣がはがれないように下面に粉を付けたらしばらく置いてから表に粉をまぶし、油に入れた後もしばらく触らないようにして、下面が完全に固まってからひっくり返すこと。付け野菜は大根の千切りと戻したキクラゲの千切りを黒酢砂糖塩で調味した和え物で、これと一緒に食べる鶏から揚げはたしかにオイシイが、作るのはけっこう面倒でした(^^ゞ
けさのワールドニュースでは南ア変異株の流行や、ドイツやお隣り韓国が意外なほど感染拡大してリスキーな状況になってるのも気になったし、韓国がついに公定金利引き上げに転じるらしいニュースにも注目したが、最も強く目を惹かれたのはフランス2が報じたタリバンの映像で、彼らはなんと20年前に自分たちが破壊したバーミヤンの遺跡を今や観光資源として復活させようとしているようで、世界中から観に来てもらいたいと発言しているのにはいささか啞然とさせられた(・o・)ナルホド人間変われば変われるもので、それって要するに生麦事件から20年も経てば鹿鳴館が建ってた日本みたいなもんなんだろうし、ここまで情報が豊かになった時代でも、国や地域による民度のタイムラグはある程度考慮しなくてはならないのだろう。今後もアフリカの地域紛争など色んな問題が出て来る度に、先進国は性急な解決をガマンして長い目で地域の成熟を見守る姿勢が必要なのだろうけれど、情報が豊かになればなったでその土地の人びとのガマンもきかなくなって移民が続出する事態になってしまい、現代の情報化社会によって世界はますます混迷の度を深めているばかりのように思われてなりません(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする