2018年05月24日

豆腐と海老とアスパラガスの旨煮、油揚げ

旨煮は昨日のQPで見た料理、生姜の薄切りとアスパラガスを炒め合わせて水を入れ酒醤油砂糖塩胡椒で調味し、絹ごし豆腐を加えて煮込んでカタクリ粉でとろみをつけ、酒塩で下味してカタクリ粉を振った海老を足して火を通し胡麻油を垂らして仕上げる。海老を最後にして火を通しすぎないのがポイント。大判で厚い油揚げは越前・竹田製。集英社の伊礼さんのお土産で、両面をかりっと焼いて塩を振るだけで美味しく戴きました∈^0^∋
伊礼さんは午後からおいでになり「小説すばる」で連載した『芙蓉の干城』単行本化の打ち合わせを。『壺中の回廊』に引き続いて昭和初期の歌舞伎座をモデルにしたバックステージ・ミステリーだが、前回は左翼運動が意外な高まりを見せた昭和5年当時の世相を背景にしたのに対し、今回はその3年後の昭和8年に起きた右翼の軍事クーデター未遂事件をからめていて「今の社会との符合が鳥肌ものですね」と評された伊礼さん。むろん私は最初からそんなつもりで書いたわけではゼンゼンなくて、暗喩しようとしたのはむしろ昭和天皇の戦争責任みたいなことだったりしたのだけれど、連載の終盤にさしかかったあたりから、自衛隊の日報隠しや財務省の文書改竄や、それらに関係した人たちのあらゆる責任逃れが次々と明るみに出て、やっぱ日本人の体質は根本的に変わってないんだよな〜という印象を抱きつつ書き進めていたのは確かである。そんなわけで、今日も伊礼さんと刊行スケジュールや書き替えの打ち合わせをしっかりしながら、昨今何かと不祥事続きのニッポンを語り合った上で、世界の未来をお互い深く憂い合ったのでした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2018年05月23日

ズッキーニのフリット、ソーセージ&ポテトの素揚げ、ロースト野菜のピッツァ

お茶の稽古の帰りにPメディアの三村さんと麹町のカフェで食事。
「ねえ、知ってた?今日カメの日なんだよ!」と三村さんに言われてネットを見たら確かに5月23日は米国のNPO団体が 2000年に「世界カメの日」と制定して「カメを知り、カメに敬意を払い、カメの生存と繁栄のための人間の行動を奨励する日」なのだそうで、「それにしても、なんで5月23日にしたんだろう (?_?)」とお互い首を捻ることしきりでした。
ところでお茶の稽古場はイスラエル大使館の地主さんのおうちにあるので門脇に検問所が設けられており、お巡りさんに一応その家主さんの名前を告げて中に入るようにしているのだが、今日は妙に警戒が厳重で、お茶のメンバーをなかなか通してくれず、遠隔のインターホンで大家さんを呼びだすはめになったのがみんな申しわけ無くて、「どうしてなんでしょうねえ?」てな話をしているうちに、そうだ、
米国大使館のエルサレム移転に反対するパレスチナのデモで多数の死傷者が出た事件のせいだ!!と思い当たって、とんだトランプのとばっちりだと憤慨していたのでした(-_-#)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2018年05月22日

鶏もも肉のソテー新玉ネギマスタードソース、アスパラガスのくるみ和え

鶏肉のソテーはQPで見た料理。鶏もも肉はふつうに塩胡椒してソテー。新玉ネギのみじん切りを色づくまで炒めて粒マスタードと白ワインを加え、アルコール分を飛ばしてから水とカタクリ粉でとろみをつけた。付け野菜は塩蒸しキャベツ。今日は小笠原さんから頂戴したアスパラを塩茹でして守部さんから頂戴した諏訪産のくるみ粉で和えて美味しく戴きました∈^0^∋
とにかく日大全体のイメージも今日で何とか持ち直したかに見えたアメフト選手の記者会見で、イマドキの日本男子は案外若いほうがまともだったりするんだろうか(-。-;)と思わざるを得ない事態が相次ぐ昨今のさまざまな報道は、やはり日本のオバサンとして実に嘆かわしい限りなのであります(-_-#)別に一連の報道というわけでなくそれぞれ全く別個の事件や問題であるにもかかわらず、一口でいうとワタシよりちょい若いくらい世代の男子に「健忘症菌」というより「責任逃れ保身菌」や「盗人猛々しいウイルス」が蔓延したかのような事態の連続に日々愕然とさせられるばかりなのだ。こうした世代に共通するのがSNSの普及と映像情報の氾濫に感覚がイマイチついていかない結果としてトレンドの常識から相当ズレちゃってる言動であるのはいうまでもなく、そのズレちゃった言動のみっともなさがまた映像情報としてばらまかれてしまう現実を彼らが一体どう認識しているのかまではもう知ったこっちゃないのでした(-.-;)y-゜゜ともあれ「盗人猛々しいウイルス」に冒された権力者ほど始末に悪いモノはないからして、一般市民も心して今からその種のバスターズたり得るよう努めるべきなのかもしれません。


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2018年05月21日

和風ハンブルグステーキ

恵比寿のマシン治療の前にアトレ内のつばめグリルで食事。
往きの車中で文庫本を開く前にケータイのヤフー・ニュースをチラ見して、おっ(!_+)と注目したのは「安倍総理獣医大学いいね」でもなければ「日大教職員組合人事一新を求める」でもなくて「文春砲も沈黙!?文藝春秋の内紛を告発する連判状」なる見出しの記事でした(^^ゞ
要はどこでもありそうな社内人事の問題で、しかも不況業界の中小企業が舞台なだけに世の中的には別にどうってことないようなニュースだけれど、つい最近同社の執筆オファーを受けたばかりの、いわばちょっとした関係者としては、今後一体どうなるの(?_?)的な興味と心配を覚えないわけにはいかなかったのである。同社の松井清人社長は「図書館は文庫本を貸し出すな」発言や安倍批判で世間的に認知されている人物だが、個人的には全く面識がないし、また担当編集者からも何ら情報は得ていない。とはいえこの間の同社ではええっ(@_@;)というような人事異動があって、ワタシは幸い直に仕事をする担当編集者も変わらず別に何ら被害は被っていないものの、何だか大変そうだな〜という気はしていて、同氏は今年で勇退だったはずが、どうやら会長に退いて院政を敷きそうな体制に大反発が起きているらしい。同社全体が空中分解しかねない騒動に発展したら、やっぱ執筆どころじゃないよね〜という気分であります(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2018年05月20日

ずわい蟹のトマトクリームパスタ、トマトサラダ他

乗馬の帰りにハフアラブMIXウラ嬢のオーナーOさんと川越アトレ内で食事。
新緑の爽やかな空気に包まれた馬場で今週末も2鞍騎乗。1鞍目は久々にデカサラ鹿毛オー君に騎乗して女性インストラクターY先生の部班レッスンに参加。部班といってもたった2頭で、駈歩は1頭ずつチャレンジして、さすがに乗り馴れたオー君だから発進はイッパツで決められたが、継続がイマイチだったのは無意識に半減却をしてブレーキをかけてしまったり、コーナーでこれも無意識に外方手綱を譲ったりするためらしく、Y先生には脚の位置や頭の位置などをそのつど細かく指摘されて大変わかりやすく教わった次第。2鞍目は愛馬オランダの幼稚な子クリトンでS先生のマンツーマンレッスン。S先生は金土がお休みで、2日間全く騎乗されなかったクリトンはエネルギーが有り余ってる感じなせいか、下乗りをしてもらっても速歩ですら持って行かれ気味だったので、途中でまた乗り代わって戴き、先生がど迫力で駈歩させるのを拝見したところ、今日のクリトンは蹄と脚の調子も非常に良好そう。にもかかわらずワタシが騎乗すると径路の途中で反転したり何かとワガママをするため、もっとビシッと叱らなきゃだめですよ!とS先生。近頃クリトンに騎乗して以前よりワガママされる感じになったのは、なまじ脚の調子が心配なため、反転されてもそれを許したりしたせいで、今日みたいに調子が悪くない日でも甘えてズルしたがるようになったらしい。「この馬はきちんとすればできる子なんだけど、性格が幼いというか甘えん坊だから辛抱できなくなるんです。だから松井さんも日頃からあんまり甘やかしちゃダメですよ!」と先生に釘を刺され、今後は要注意だと心した次第。食事をご一緒したOさんも「あの子は馬というよりまるでペット犬みたいな感じですもんねえ。見てて面白いけど」とのこと。確かに人間に対してフレンドリー過ぎるというか、人に甘えすぎの感じは否めず、そばに立つとデカイ頭をこっちの肩に乗せてくるので重くて閉口しきり。「あれは頭の大きい子だから自力で支えるには重くて辛いせいで人の肩を借りようとするんだろうなあ」とワタシが言ったらOさんに「違いますよ。それは馬が信頼してる証なんですよ。馬が群れでいると親しい馬同士は首を交差してるじゃないですか。あれと同じ理屈なんですよ」と言われてナルホド!と思ったのでしたσ(^◇^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする