2019年03月25日

チヂミ

朝ご飯を軽めにしたら、夕方は急激に血糖値が下がった感じで頭が働くなったので、晩ご飯は手っとり早く市販のチヂミキットを買って済ませました(^^ゞ
今日は日本でもモラー特別検察官のロシア疑惑捜査最終報告書の件が報じられて、さしたる証拠が出ずにひとまず難を逃れたトランプ君は、国家のトップにこんな疑惑をかけること自体が国家の恥だ!てなふうに憤っていたが、大統領でこんな疑惑をかけられたあんたの存在自体が国家の恥だ!とか言って人も同国には沢山いらっしゃるのではなかろうか。それにしても時期を同じうして日米両首脳が、揃いも揃って李下に冠を正しまくり、瓜田に履(くつ)を納れまくりの人物であるのは何ともいえません(-。-;)
英国ではブレグジットをめぐって与党間や内閣でついにメイ首相下ろしが明瞭になったらしく、けさのBBCはその疑いのある閣僚らのインタビューを報じたが、昨日は投票のやり直しを求める百万人デモまで起きたというこの国の今さらな断末魔的ジタバタ感も何ともいえません(__;)元を正せば3年前の投票時に国民が事態を甘く見てきちんとした投票行動を取らなかったせい以外の何ものでもないのだろうが、ことに若年層で投票に参加しなかった割合が多いというのは、キャメロン元首相に対する反発が大きかったにせよ、今となっては同情の余地もないような気がする。こうした若年層の政治的無知無関心の結果がどうなるかという問題において、日本もこれをもって他山の石とする日が遠くないような気もするのでした(-.-;)y-゜゜ちなみに今夜は中国故事の連発でまとめてみました(^^ゞ


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2019年03月24日

和総菜セット、鯵の南蛮漬け

乗馬の帰りに大宮エキュートでゲット。
風はまだ冷たくてもすっかり春らしい景色になったクラブで今日も愛馬オランダの幼稚な子クリトンに騎乗。今週のクリトンは脚の調子がかなり良くなって来ていて、こっちがついていくのもやっとのサクサクモードでフラットワークをこなし、そのまま A 2径路に雪崩れ込むも、駈歩発進の合図は通じずに終わったので調馬索で回してもらうことに。何しろ大きめのサラブレッドの馬体重を百キロは上まわる巨体だけに、推進をかけてスピード UPし何とか自分でハミ受けまで持ち込むのが大変でヘトヘトになり、そうなるといわゆる馬体の抱きが甘くなって駈歩がキープできなくなる問題をいまだにクリアできないのが困ったもんであります(^_^;S先生にいわせると、アブミを強く踏みすぎるために下半身が硬直して巧く抱けなくなるのだそうで、それはどうやら初歩の時点でやたらアブミをしっかり踏むように言われたのが身に染みついてしまったせいかと思われ、乗馬は習熟の段階によって徐々に乗り方を変えなくてはいけないにもかかわらず、以前のクラブで適当に流して乗ってたのが今に悔やまれます(^_^;)ともあれレッスン後は先週シャロン・メイーデイビス女史のセミナーで習ったマッサージをほどこしてやったら、とても気持ちよさそうにしていたから効果は十分ありそうです(*^^)v馬のマッサージ法で意外だったのは脚を下から上に揉み上げることだったが、デイビス女史の話だと馬はどんな馬も足首の球節と蹄の間の肉を揉まれるのが大好きだということなので乗馬の機会がおありの方はどうぞお試しあれ!


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2019年03月23日

豚しゃぶと春キャベツの中華風サラダ

昨日のQPで見た料理。酒オイスターソース醤油ひとつまみの塩胡椒を合わせた汁にニンニクの薄切りを入れて煮立て、生姜汁とゴマ油を加えたタレに茹でた豚しゃぶ肉を漬け込んで、茹でた春キャベツとアスパラガスをからめて仕上げる。豚シャブ肉は低めの温度で茹でて柔らかく仕上げるのがポイント。野菜は火を通しすぎずにシャキッと茹でること。
今夜も食事しながら見始めた世界フィギュア選手権男子FPの生放送。昨日の曲かけ練習や直前の6分間練習でも転倒が目についたし、顔色もよくなかったので、今日の試合はこれまでになく心配された羽生選手だったが、いや〜さすがに本番は大変な集中力と気力を発揮して、ミスを最小限に抑えた魂の滑りを見せてくれました!!!観客総立ちで羽生への大喝采が長く続いた直後に滑走したネイサン・チェンも、これまた動じることなく完璧にプログラムをこなして優勝したのはアッパレで、実に見応えのある名勝負でした\(^O^)/ 今季は不調が伝えられて右足首の故障も報じられていた宇野昌磨は四大陸で優勝を果たしたものの、今大会ではやはり不調を払拭できない結果に終わったし、女子3選手も健闘虚しくメダルを逃したとあって、自国開催だけに羽生選手は相当な責任とプレッシャーを感じて試合に臨んだのだろうけれど、それに圧し潰されることなくみごとに踏ん張れるところがやっぱり羽生選手なんだよな〜と改めて感心しております(^^ゞ


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2019年03月22日

カレーライス

ポトフ翌日の定番メニュー。
食事しながら見たのは書かずと知れた世界フィギュア選手権女子FPの生放送。
いや〜こんなに見応えのある女子フリーの闘いを見たのは久々かもで、開催国の日本勢は宮原がアグレッシブな攻めの滑りを見せたし、紀平も2回目の 3アクセルが成功していれば完璧だったし、坂本も後半の一つのすっぽ抜けが痛かっただけなんだけれど、それでも三人ともメダルを逃したくらいにロシア勢がしっかり決めてくれました(^_^;) コーチ変更後が不調続きで、もう終わった感すらあったメドベージェワがここに来てこんなに奮起しちゃうとは意外だったし、ザギトワも相当な集中力で複雑なプログラムを丁寧に仕上げて見せたし、驚いたのはザギトワ後に最終滑走したカザフスタンのトウルシンバエワがなんとまさかの女子4回転ジャンプを世界選手権で初めて決めるという快挙で2位に躍進 \(◎o◎)/ いやはやどの選手のスケーティングも息を呑んで見入ってしまうほどに、ジャンプのみならず全体的に滑りがスピードアップしてテクニックが際立ち、構成や振付の芸術性も非常に高くなって来たのを感じさせた今大会の女子フリーだった。女子フリーの生放送の合間に男子フリーに出場する羽生選手の曲かけ練習風景が映しだされていささか心配になったものの^_^;明日の本番での力強い復活劇を期待したいところです。


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2019年03月21日

ポトフ

このところちょっと暴食ぎみだったせいか胃腸の調子がイマイチなのと、マルエツのキャベツが超リーズナ ブルだったので今夜はこのメニューに。具材は定番のキャベツ、人参、玉ネギ、ジャガイモ、セロリ、ブロッコリー、ソーセージのほかにレンコンとエリンギをプラス!
食事しながら見たのはもちろん世界フィギュア選手権男子 SPのLIVE放送。最終滑走組のトップをきって出場した羽生結弦はやはり長いブランク明けによるプレッシャーのせいか冒頭の4サルコウがすっぽ抜けてしまったが、それを何とかリカバリーできるだけ復調しているのは何より。ところが羽生に引きずられたというわけでもなかろうに宇野昌磨も冒頭のジャンプミスが響いて得点が伸び悩み、その後も不調な選手が続出する始末。結果、プログラムに4回転を入れずゲイ色が鮮明だから今まで何となくイロモノ風に見ていたJ.ブラウンが表現力で魅了し、まさかの首位発進(!_+)という展開だったものの、ラストはネイサンチェンが実力通りのワザを発揮してしっかり締めてくれました。今はとにかくフリーの逆転劇を待ちたい気分です(^-^)/
ところで夕方は美容院に行って和食「二つめ」を紹介してくれた美容師さんとそこの料理の話や映画「翔んで埼玉」の話をしたりしてたら「そういえば別に映画の影響ではないんでしょうけど、関東の住みたい街ランキングで大宮がついに第4位になりましたね。1位は横浜で、恵比寿、吉祥寺に続いての4位ですよ!」とウレシそうに言われて、そりゃあ何たって賑わし神のワタシが三軒茶屋からの引っ越し先に選んだ街なんだもん(*^^)vと思うこと頻りでしたσ(^◇^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする