2018年09月18日

前菜、松茸と鱧の吸物、鰤と鰹の刺身、蓮根餅のあんかけ、太刀魚と牛肉の焼き物、カワハギの唐揚げ、ざる蕎麦ほか

新潮社の小林姐さん、ノリオくんと大宮の吉香で食事。「申しわけ無いけど今オタクの仕事はムリなのよ」と姐さんには連絡があった時点で予め断っており、「じゃ、お顔を見るだけ」といってお越しになったので、今日は仕事の話を全くせずに、たとえばアベ政権の異次元金融緩和がこのまま続いたら日本の経済どうなるの(-。-;)的な専ら世相を憂う話に終始したのだけれど、最後に「で、いつ頃になったら仕事の話ができますか?」と訊くあたりはやっぱり相変わらずの姐さんでした(^0^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2018年09月17日

豚肉のソテーごぼう味噌添え

先週のQPで見た料理。ごぼう味噌は牛蒡をフードプロセッサー(ワタシはミキサーで代用)でみじん切りにして油で透き通るまでしっかりと炒め、味噌酒みりん砂糖醤油少々を加えて混ぜながらねっとりするまで加熱して作る。美味しいしヘルシーだし何にでも合いそうなのでコレは絶対オススメ(*^^)v 牛蒡はペースト状にまでせず細かいみじん切り程度に留めること。豚ヒレ肉をソテーする際には平べったく伸ばして軽く塩を振ること。Q Pの付け野菜は大根キュウリ人参のスティックだったが、ワタシは好みで人参の代わりに国産最終品かも?のアスパラガスにしました(^^ゞ
けさはアムロ最後のコンサートと樹木希林の訃報という芸能ニュースで持ちきりだったが、世代的には後者に触れるほうがよろしいのだろう。故人を最初にTVで見たのはTBSドラマ「七人の孫」のお手伝いさん役で、当時の芸名「悠木千帆」はたしか主演の森繁久弥が付けたと聞いたような記憶があるけれど、間違いだったらゴメンナサイ。とにかく「この人ホンマに上手いわ〜」と父母が毎回こぞってその写実的な演技をベタ賞めしていた記憶もあって、それだけに後年の「ジュリ〜〜〜」に始まる奇天烈演技は当初ふしぎに感じられたし、むしろ晩年のまっとうな名演こそが当然のことのように思える。それにしても、芸能人に限らずとはいえ、やはり多くの人目に触れる職業の方は、亡くなる時期や亡くなり方が生前の業績の評価にも影響するようなところは否めないため、闘病の暗さを感じさせずに現役続行できた点も含めて、まさに理想的なといってもいいくらいの最期だったのではなかろうか。取り立てて何の接点もない方だったが、松竹に勤務していた頃に一度社内エレベーターで一人っきりの時に乗り合わせて来られたことがあって、その時はマネージャーみたいな女性と一緒で、ごく地味な色合いの服装だし、顔はすっぴんかそれに近い感じだったにもかかわらず、一目でそれとわかる雰囲気の持ち主だったのを想い出す。


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2018年09月16日

刺身の盛り合わせ、トマトサラダ、甘エビの天ぷら、イベリコ豚と梨のマリネ、宮崎牛の鉄板焼き、のっけ鮨ほか

乗馬の帰りにバリキャリOさんと隠れ家レストラン大宮0760で食事。最近予約が取りにくくなったここはユニークな外観とコスパの良さでOさんも大満足のご様子でした(*^^)v
旧クラブの馬友バリキャリのOさんは早くにクラブを辞められたものの、馬に癒されたい気持ちは相変わらずのようで、連休ナカ日の今日は愛馬オランダの幼稚な子クリトンの姿を見にわがクラブをお訪ねになり、「デカイですよね〜あれに乗って制御するのは本当に大変そう。でも馬を見るとやっぱりまた乗りたい気持ちになりますよね〜」と聞いて「今のウチに何か運動はしたほうがいいと思うよ。そのうちしたくても出来なくなる歳になるんだから」と、ちょうど十歳上のワタシは言わざるを得ませんでした。片やクラブオーナーのYさんはたまたまワタシと同い年の女性で、今日は樹木希林の訃報にいささかショックを受けられたご様子だったので、「私たちのちょうど十歳上の方なんですよね〜」と言わずにはいられませんでした。


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2018年09月15日

皿うどん

昨日の鉄板焼きで買った材料の残りに剥き海老、イカ刺し、カマボコを買い足して、市販の皿うどんキットで作りました。
昨日のブログでもちらっと触れましたが、10月8日の祝日に一ツ橋講堂における国立公文書館の記念講演会で講師を務めますので、ご興味のある方は上に U Pした画像をクリックしてイベント要項をご覧の上で奮ってお申し込みください<(_ _)>
演題は「開化のカオス銀座煉瓦街」として、『銀座開化おもかげ草紙』シリーズの舞台にした銀座煉瓦街の成り立ちや、当時の世相あれこれについて適当な写真をお見せしながらお話しする予定です。


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2018年09月14日

鉄板焼き他

幻冬舎のヒメが来訪されてわが家で食事。鉄板焼きは「コレって二人分じゃないですよね〜」とヒメに驚かれたくらい材料が多すぎたわりに、健啖家の二人だからしてほぼ食べ尽くしたのでした(^^ゞ
ヒメには国立公文書館の講演で用いる画像のパワーポイント作りにご協力を戴いたのだが、社会派ネタに詳しいヒメだけに出版業界や日本社会の今後についてあれこれと話題は尽きず、中でちょっとドキッとしたのは中国アリババグループの創業者である馬会長が突如引退宣言したというニュースで、自ら中国政府との軋轢を避けるべく身を退いたと見られ、IT関連を始めとする新興産業の担い手たちがに既に続々と失脚している事実と無関係ではなさそうだという話を聞けば、やはりまだまだ怖いところがある国だな〜と思わざるを得ませんでした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする