2017年03月23日

新ジャガとアスパラガスとソーセージの炒め物

冷蔵庫にこないだ使った新ジャガの残りがあってので、好物の長崎産アスパラガスをゲットして適当に作ってみた。炒め合わせて塩胡椒でシンプルに調味し、仕上げにレモンを搾って粉チーズを振っただけ。晩ご飯しながら見たのは待望のNHKドラマ「絆〜走れ奇跡の子馬」だが、今日は昼間もTVにしばし目が釘付けになったワタシ(◎-◎;)
早朝から執筆に勤しんでちょうど小腹がすいた時に、そうだ!今日は例の証人喚問だと想い出してTVを点け、お茶しながらちらっと見るつもりが、初っぱなから (゜;) エエッ という証言が相次いで、とうとう午前中の参議院のほうは全部見てしまいましたf(^ー^; オンタイムで中継を、あるいは後で録画映像をご覧になった方も沢山いらっしゃるでしょうから、改めて書くことはないような気もしますが、いや〜これって今どきウヨクの新たな口撃自爆テロとでもいうんだろうか?「敬愛以上のもの」を抱いていた相手に「しつこい人」といわれて逆上した悪女の深情け的リベンジなんだろうか?それにしても籠池氏を敢えて証人喚問に引きずり出した自民党は、偽証罪で脅せばナントカなると甘くみてたんだろうか?あるいは竹下国対委員長が密かにアベ降ろしを企てて喚問に踏み切ったんだろうか?とかいろいろ深読みしてしまいました(-。-;)とにかく民進党は質問者に福山、枝野という一応エース級を揃えたのに対して与党側質問者の二流三流ぶりが目立ち、まさかここまでの発言をするとは思ってなかったというような狼狽ぶりも露わに問題の論点を必死にずらそうとしたり、籠池氏の証言はあてにならないことを印象づけるので精一杯の時間のムダ的な質問ばかり。片や民進党の二人も「にわかには信じがたい」と思わず洩らすほどの衝撃的な証言を、全く悪びれもせずにする籠池氏のまさに独壇場といった観がありました。証言すべてホントかどうかわかりませんが、見積書が三種類ある点に関しては刑事訴追の恐れを理由に決して言質をとられないようにするのに、アッキーとの関係はやけにはっきり証言していて、これだとゼッタイに関係があったはずだと世間に思い込ませるのには成功しているような気がします。
自民党はコレで幕引きのつもりで喚問したのでしょうが、果たして世論は早々と幕引きを許すのかどうか?昨日のWBCで侍ジャパンが負けて今日の決勝進出がなかったのをメチャメチャ残念がってる自民党員がいたりするのかもしれません(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2017年03月22日

レンコンの胡麻揚げ、豚皮の煮凝り寄せ、焼き鴨、大海老揚げのマヨソース、長芋とアスパラガスの干しエビ炒め、牛アキレス腱のオレンジ風味煮込み、五目硬焼きそば、長芋のミルク包み

集英社の伊藤さん、眞田さんと銀座の北京料理店「涵梅舫」で会食。メニューを見たら知らない料理がいっぱいあって面白かったので、アラカルトで専ら食べたことのない料理をチョイスして、いずれも美味しく戴けました(*^^)v写真は豚皮の煮凝り寄せです。
今日の目的は新連載と対談の打ち合わせ。『颶風の王』を始めとして北海道の大自然を舞台にした秀作を発表されている河崎秋子さんは、私が初めて自ら対談を希望した作家で、四月に北海道でお目にかかるのをとても楽しみにしている。『颶風の王』はとにかく馬が重要なモチーフになっているので胸を打たれたところも勿論あるのだけれど、若い方とは思えぬ重厚な筆力に感心もし、また今の人間にとって最も重要なテーマが語られているような感じもして、是非お話を伺ってみたい気持ちになったのだった。で、その話を馬トモの翻訳家松岡和子さんと元ミセス副編の福光さんにしたら、お二人とも『颶風の王』を読まれてやはり是非お会いしてみたい!と同時期に北海道にいらっしゃることに。結果、集英社の担当編集者3人、対談をまとめるライターの方1人、カメラマン1人、河崎さんと私で計7人のクルーに松岡さんと福光さんの別途参加で総勢9人が大集合することになりそうです(!_+)
新連載に関してはタイトルの相談をして、〆切りも決まり、いよいよ気持ちが煮詰まって参りました(^_^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2017年03月21日

絹ごし豆腐の揚げ玉入り卵とじ

QPで見た料理。酒砂糖味醂醤油で甘辛く調味した出汁で櫛切りを半分にした玉ネギと割崩した絹ごし豆腐を煮て斜め半切りにした絹さやを加え、溶き卵でとじて仕上げに揚げ玉をちらす(関西の方へ、揚げ玉とは天かすのことです)。揚げ玉が味だしになって結構おいしく食べられたし、ボリューム満点でした(*^^)v
この時期のアベボン訪独の目的がイマイチよくわからなかったので、けさ地元ドイツZFDのニュースを見たら、メルケル首相がIT見本市を視察している姿の横にちらっと映り込んでいただけでした(^_^; 恐らく別の時間帯だとさすがにもう少しは取りあげたのだろうけど、NHKのニュースが結構しつこいくらいこの件を報じていたので余計に彼我のギャップが大きく感じられた。
ともあれ私の見たZFDのトップニュースは米FBIのコーミー長官が下院の公聴会でトランプ氏がツイートしたオバマ氏の盗聴を完全否定し、逆にトランプ陣営とロシアの関係を調査していると証言した件で、これはトランプ氏にとって結構イタイ展開であることを報じ、同様のニュースを英国BBCも比較的大きく取りあげていた。このコーミー長官というのはオバマ氏に任命されながらもひたすら不偏不党の道を邁進しているらしく、大統領選の直前にクリントン氏のメール流出に関する再捜査に踏み切って支持率を低下させた張本人でもあり、当時はそのKYぶりを民主党陣営から激しく叩かれてもいたのだった。で、今回は反対にトランプ氏を凹ませる格好で、KYであろうが何であろうが自らの正義を貫くことに賭けた姿勢は一貫しており、やたらに政権側を「忖度」する日本の官僚の精神構造とはかけ離れたものがありそうだ。それにしてもFBI長官は任命権が大統領にあるはずだけど、任期と任命権の交替とはかなりのズレがあるんでしょうか(?_?)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2017年03月20日

帆立貝とアスパラガスの中華風塩炒め

アスパラガスのシーズンにはよく適当に作る料理。今回はニンニクのみじん切りと生姜の千切りを入れた油でアスパラガスと帆立貝を炒めて紹興酒をほんの少しかけ、塩胡椒でシンプルに調味して香り付けに胡麻油を垂らした。
死語というほどではないが、最近あまり聞かなくなった「ガラが悪い」という言葉をふと想い出したのは、浜渦元東京都副知事が百条委員会で証言しているのを聞いた時で、この人を副知事に任命した人がまた典型的な同類であり、また関西大学の後輩に当たるらしい籠池元理事長にも同様の形容詞がぴったりの感想を持たざるを得ないのだが、豊洲移転と森友学園は全然異なる問題に見えながら、意外と両者に共通するのはいわゆる「ガラが悪い人」と役人との関係性なのかもしれない。そもそも役所勤めを志す人は堅実な人生を望んで無事コレ名馬的な発想や思考をするタイプ人が多いのだろうし、そうした人たちはいわゆる「ガラが悪い」人たちの剣幕に圧されるとタジタジとなって、事の是非を判断せずに言いなりになるほうがラクだと思ってしまいがちなのではないか。ところで浜渦氏も関西ではウヨク活動家として知られた人だったらしいが、ウヨク全部が全部ではないにしろ比較的「ガラの悪い人」が目立つのは何故なのか、私にはそれがフシギでならないのである。なぜなら彼らはたいがい日本人が素晴らしい民族だとか、日本の国は美しいとか唱えているからフシギなので、私に言わせれば、「ガラの悪い」あなた方が消えてくれたら、この国はもっと美しく、日本人はもっと素晴らしい民族になれるのに!としか思えないからであります(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)を読む

コメントする


2017年03月19日

アミューズ4種盛り、肉じゃが

乗馬の帰りに大宮エキュートの総菜売り場でゲット。肉じゃがは一昨日の残り。
いっきに春めいて長毛種のトロッターデカ鹿毛リラ嬢が早くも毛刈りされてた今週末は珍しく小柄な優等生サラ鹿毛ボー君に2鞍も続けて騎乗。1鞍目は部班レッスンで大柄なリラ嬢の後に従って猛スピードの速歩で20×60mの馬場を巻乗り、三湾曲、肩内、斜め手前変換を交えて4周ほどしてから、リラ嬢に半周遅れで駈歩発進。久々に乗ったボー君のハンパない反動の大きさに耐えて何とか1周くらいはできたものの、お尻を弾かれっぱなしで体が前に傾きそうになるから、なんとか深く座り込もうとしたら随伴のタイミングが合わず速歩に落ちてしまった(-。-;)それでもボー君が苦手で反動がムチャクチャ大きい左手前で発進して何とか持ち堪えられるようになったのは、日ごろ乗ってるクリトンのお陰かもしれないが、クリトンと小柄なボー君とではやはり駈歩の滞空時間が違うせいか、随伴のタイミングが取りづらくて失速させてしまうのである。2鞍目は輪乗りで駈歩を試みたものの、ますますタイミングを合わせづらくて惨敗し、デカ鹿毛オー君に比べるボー君とはやはりイマイチが相性がよくないのかもしれない。
ところで今週なぜクリトンに乗らなかったのかといえば、来週が御殿場の競技会なので、今週からは出場されるS先生のみが騎乗して本格的な調教をされており、そこそこいい感じに仕上がっては見えるものの、先生自身は早くからハッキリ「今回はさすがに優勝はゼッタイ無理ですから」と仰言っていて、それくらいレベルの高い競技会らしいことは聞かされていた。で、今週は出場クラブ名の記された厩舎の割り当て表を見たら、「ほんとにウチなんかが出場して大丈夫なんでしょうかね」と当クラブのオーナーからはいやに弱気の発言が出るくらい、地元のアイリッシュアランやら東京乗馬倶楽部やらテルイやらウイルスタットやら私でも知ってるような馬場馬術の強豪名門クラブの名前がずらっと並んでいるではないか(◎-◎;)
そんなわけで、今日も相変わらず人をベロベロ舐める幼稚でアホな子にしか見えないクリトン父っちゃん坊やが本番でどの程度の実力を発揮してくれるかはサッパリわからないまま、とにかく馬場馬術の優秀な競技馬が沢山見られるはずなので、来週はMさんやKさん共ども泊まりがけで現地に行って応援することにしております\(^O^)/


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする