2019年10月15日

蜷の綿

今日は彩の国さいたま芸術劇場で藤田貴大作・井上尊晶演出「蜷の綿」リーディング公演の最終回を観に行って、最終公演だったのにブログで敢えて紹介するのは是非とも早くの再演が待たれるからである。ふしぎなタイトルでも想像がつくように先年亡くなった演出家蜷川幸雄の自伝に基づいた作品で、本来は生前の公演が予定されながら没後になったことによって随分と印象は違うのかもしれないが、ワタシとしては久々に泣かされた舞台で、勿論ご本人を存じ上げていたせいもあるだろうけれど、ただそれだけではない作品の持つ普遍的なテーマが胸に迫って感涙に導いたのである。
正直いうと、いくら世界的な演出家でも自身が存命中に自伝の舞台化をするというのは随分と不遜な試みのように当初は思っていたのだが、今回の作品を観て、ああ、これはご本人がどうしても最期まで表現し残してはいけないと痛切に感じていた人生の一大テーマだったことが明瞭になったのと同時に、それは演劇にしろ美術にしろ音楽にしろ文学にしろあらゆる芸術家というか表現者と表現の愛好者にとっての普遍的なテーマでもあるからして、蜷川のコアなファンのみならずより大勢の観劇に堪えうる作品だと思われたのだった。
戦時中に東京の夜空を襲った焼夷弾の雨を川の向こうから見て、それらがもたらす惨禍と切り放して美しいと感じてしまった蜷川のような少年は、現実と直に向き合えない触れられない弱さを自覚しつつ、人間や社会や時代の観察者としての表現に向かうが、彼が子供の頃に身近で知って忘れないようにしているはずの現実の労働者には、果たしてその表現が届いてくれるのかどうか。表現をなし得る者は所詮そこそこ豊かな環境と才能に恵まれた者と思われて、生まれてこなければ良かったとさえ思うほどに恵まれない者をいくら頭で理解しようとしてもそれは偽善に過ぎないといわれ、「お前は俺らと全然違う!」と突き放されて、次々と人に去られ、人を切り捨ててしまう負い目と後ろめたさを抱えつつ、それでも表現で世界を変えるという自らの信念に殉じるしかない、車椅子に乗って手足のしびれと闘う日々を迎える人生最後の時に至るまで。そうした表現者としての普遍的な人生が、蜷川自身の出会った実在の人物をさまざまに交えて綴られるため昭和演劇史LIVEの一コマを垣間見るような面白さもあるし、藤田作品ならではのリフレインが非常に有効に使われて蜷川の人生の核心をなす部分が鮮明に浮かびあがってもいた。井上演出はこの作品をアクティブな朗読劇仕立てにしつつ一場の夢幻能にも見立てた恰好で、最後に車椅子姿の蜷川を舞台に登場させ、その蜷川が舞台で若く変貌を遂げて文字通り疾走する幕切れのシーンには胸を打たれた。出演のさいたまゴールド・シアターとネクスト・シアターの面々がぞれぞれの人生で出会った蜷川という人物の息吹を生々しく感じさせてくれた点でも胸を打たれたことはいうまでもない。


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2019年10月13日

帆立とアスパラガスのサラダ、生ハムとルッコラのサラダ、餅餃子

乗馬クラブの帰りに大宮エキュートでゲット。
今日クラブに行ったのは乗馬するためではなく馬の無事を確認するためで、川越線運休のためわざわざ池袋に出て会友のMamiさんと落ち合い、台風の後片づけで大変に違いないクラブの方々に差し入れをゲットして、池袋から東武東上線で遠目の最寄り駅に行き、送迎の手間を取らせても悪いからタクるつもりがタクシーが一台も見当たらないので延々と40分ほど歩いてやっとクラブに到着。何しろ入間川の支流が氾濫して近くの特養老人ホームに浸水のニュースが流れるなかで、同じ入間川の河川敷にあるクラブだから一体どうなってることやらと非常に心配され、せめて復旧のお手伝いでもしようとしたのだけれど、いざ行ってみたら浸水どころか馬場はほぼ乾いてる状態で馬たちもフツーに放牧されてるし \(◎o◎)/それこそ一体何があったの(?_?)感満載の様子に拍子抜けしながらもホッとした次第(^0^;)オーナーの話だと河川敷でも小さな土手で二重に囲まれた地形だから過去一度も浸水したことがない恵まれた立地なのだそうで、今回はいざとなったら避難する覚悟でいたものの、風雨共にさほど怖い感じはしないまま過ぎ去ったのだという。雨雲レーダーを見ててもピンポイントで狙い撃ちされたように降り続く地域があるのは果たして近年の気候変動による現象なのか、それとも昔からそういうものだったのが近年ワタシたち素人でもレーダー画像を目にしてそう判断できるようになったというだけの話なんだろうか?ともあれ今回は無事に済んでも次回はどうなるか全く予断を許さないのが気候変動の恐ろしさであるのは申すまでもありません(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2019年10月12日

牛肉と茸のトマトクリームペンネ

前にQPで見た料理。縦薄切りにした玉ネギをオリーブ油でしんなりするまで炒め、塩胡椒した牛肉を炒め合わせ、さらに薄切りしたマッシュルームと細かくほぐしたシメジを炒め合わせて薄力粉を振り混ぜて塩胡椒し、トマトの水煮缶を加えて仕上げにクリームを入れただけ。茸をツヤが出るまでしっかり炒めること。
今日の台風に備えて昨日は一応ベランダを片づけて、ふだん放し飼いしてるカメらも室内に取り込んだが、雨は朝から間断なく降り続いてときどき強い降りにはなるものの、窓から見える樹木はそれほど激しく揺れてそうもなくて、大宮の中でも川が近くにないこの界隈は申しわけ無いくらい平穏無事に済みそうです。ただ心配なのは川越にある乗馬クラブで、何しろ河川敷のような土地のため入間川の氾濫を警戒して避難区域に当たっており、他の会員さんたちとLINEでやりとりしてたら既にすぐ近くまで氾濫しているそうなので、愛馬クリトンを始め何頭もいる馬たちの身が案じられてならず、明日電車が動いたら様子を見に駆けつけるつもりです!
それにしても10月の関東にこうしたスーパー台風が押し寄せるのはやっぱり温暖化による気候変動以外の何ものでもないような気がするのだけれど、それを現代社会の抱える地球環境問題として取り組もうとする気運が日本の若者達に極めて薄いのは、やはり天災馴れしてる民族性の故だけなんでしょうか(-.-;)y-゜゜  


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)を読む

コメントする


2019年10月11日

鮭のホイル焼きクルミ味噌

QPで見た料理。アルミホイルにシラタキと薄切りした玉ネギを敷き、鮭の切り身を載せてクルミ味噌を添え、キャベツと茸を散らして火を通す。味噌に砂糖をたっぷり混ぜ込んで味醂と水を加えて溶き混ぜ、加熱して皮を剥き粗く刻んだクルミ加えればQP版クルミ味噌の出来上がり。作り方はシンプルだが、何に添えても美味しく食べられそうです∈^0^∋
今日はノーベル平和賞の発表で、エチオピア首相の受賞理由にさっぱり思い当たらなかった不明を恥じるばかりだが、結局トランプ君と トウーンベリさんはどこまで信憑性のある下馬評だったのかもわからないままでした。リチウム電池の発明というのは非常にわかりやすい受賞理由だが、米国でも同じ理由で受賞された方が2名もあるのに、吉野氏はどの部分を開発してとかいう、他の2人が果たした役割とどう違うのかの解説がほとんど聞かれないため、やっぱり肝腎のことがさっぱりわからない感じでした(^_^;)ちなみに米国の街角インタビューを聞くと、ノーベル賞受賞は別にテレビで報道するほど大きなニュースではないという認識の人が多いようでした。
片やドイツZDFは去年発表が見送られた2018年度の文学賞を受賞したポーランドの女性作家と2019年度のオーストリア作家ペーター・ハントケ氏をきっちり紹介していたが、ペーター・ハントケは「ベルリン天使の詩」のシナリオなどで日本でもそこそこ知られている作家のはずなのに、日本のテレビは村上春樹が受賞しなければ文学賞をほとんど報じない姿勢のようで、とにかくノーベル賞に関しても日本の報道の偏りというか歪さが浮き彫りになる感じであります(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2019年10月10日

ブロッコリーと鶏ささみの卵炒め

QPで見た料理。ブロッコリーはオリーブ油と水で蒸し炒めしておく。鶏ささみは縦半分にしてから斜め薄切りに小さく切って塩胡椒で下味しオリーブ油でしっかり焼き炒めして細切りしたベーコンを炒め合わせ、
ブロッコリーを戻して、塩胡椒とQPらしくマヨネーズを入れた溶き卵をまわしかけ、仕上げにピザ用の溶けるチーズを加えて加熱する。ブロッコリーは小さめの小房に分けること。晩ご飯よりも朝食に合いそうな一品です(^^ゞ
けさのワールドニュースではフランス2が加圧水型発電用原子炉建設費の著しい増大を非常に詳しく報じて、ボイラーの出口部分の溶接不備の手直しのためだけでもロボット4台と溶接工80名を含む総勢500人が動員されるなどして2年の遅れが生じ、合計で始動が10年も遅れ、この間に建設費は4倍にも膨れあがって124億ユーロに達したたのだとか。こうした問題について地元の専門家はフランスの経済がかつてインフラを自ら建設していた栄光の時代ではもうなくなっているため、原発のみならずあらゆる産業の質と密度が喪われているからだと結論づけたのが印象的で、つくづく他国事ではないよな〜と感じさせられたのだった。
それにしても高速増殖炉もんじゅの事故にしろ何にしろ、ここまで細かい数字を挙げて一度でもきちんと報じられたことがあったのかしら(?_?)と思うにつけても、関電で明るみに出たようないかがわしい原発マネーを蔓延らせてしまう背景にあるのは日本のマスコミの怠慢以外の何ものでもないような気がしたのでした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする