2017年07月27日

豚肉とゴーヤの豆チ煮込み

昨日のQPで見た料理。ゴーヤは厚めの斜め切りにして先に蒸し炒めして苦みを取っておくこと。酒と胡椒を揉み込んだ豚肉にカタクリ粉をまぶして炒め、薄切りしたニンジンを炒め合わせ、ゴーヤを戻して水を加え、豆チ酒味噌醤油砂糖を混ぜた合わせ調味料を注ぎ10 分以上煮込む。豆チは酒に浸して10分くらい置いて馴染ませてから使うべし。この時期のデカくなって苦みを増したゴーヤ向きの調理法。
粘りに粘った防衛相がようやく辞任の意向を洩らした今日は民進党の蓮舫党首も幹事長人事で暗礁に乗りあげたらしい意外なタイミングでの辞任会見。蓮舫氏だけの責任ではないにしても、一度は政権を取ったはずの大政党が、アベ政権最悪の局面においてですら、受け皿政党に全くなり得なかったことの責任は非常に大きいといわねばならない。そもそも労組連合を頼りにした旧社会党のダラ幹系や、市民運動家系や、新国家主義的思想に傾いた松下政経塾系や、自民党ボンボン落ちこぼれ組が一緒くたになってるだけに、党内がまとまらないのも無理はないが、中でも自民ボンボン落ちこぼれ組の維新の党なんかと合流して党名まで変えちゃったのは致命的な誤りだったといえる。なので一時期は党員が減っても構わないくらいの覚悟で基本的な意思疎通は図れる集団に再生しないと、今後も政権を奪取するチャンスは巡って来ないと思しいが、とにかく当面は党首の人選がネックとなるに違いない。下馬評では松下塾系の前原氏と市民運動家系の枝野氏が候補に挙がっていて、前原氏は前回の選挙で健闘したことにより、枝野氏は野党共闘を強める方向で期待されているものと考えられる。いずれにしろ、これは与野党問わずアベノミクスに替わる明解な経済政策をアピールできるかどうかが政権奪取のカギとなるはずで、前原氏は思いきった高福祉高負担を主張する経済学者をブレーンとしているのが某報道番組で以前大きく取りあげられて、いささか意外な感じを受けたものである。枝野氏は以前からとにかく非常に弁の立つ政治家としてアピールし、原発事故では「エダる」という流行語を生んだくらいにタフネスぶりをアピールしたが、経済政策に関してはいまだ私の中でははっきりしたイメージが浮かんで来ない。ともあれ最後の党首となりかねないほど追い詰められた民進党を、果たして両氏のどちらかが立て直せるのかどうか。ちなみに前原氏は京都の妹が地元の選挙区なので以前から応援しており、大宮に引っ越した私はたまたま枝野氏の選挙区になったのでした(^^ゞ


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2017年07月26日

茄子とプチトマトとモッツァレラのパスタ

昨日のQPで見た料理。茄子は塩してしばらく置いてアク抜きをしてからオリーブ油で炒め、ニンニクのみじん切りとアンチョビとプチトマトを炒め合わせて塩胡椒で調味し、茹でたパスタを入れて仕上げにモッツァレラチーズとイタリアンパセリを加えるだけ。プチトマトは湯剥きして使うこと。沸騰した湯に入れたら超カンタンに出来ます(*^^)v
今日は朝から晩まで涼しい風が窓を吹き抜けてエアコン全く要らずの、久々にメチャ過ごしやすい大宮のわが家では、カメ♂俊寛も久々に食欲全開状態で、私は仕事をしていてもなんだか妙に眠くなって昼寝を結構してしまったのでした(^^ゞ
ところで昨夜は久々に京都の妹に電話をしたら、「結局全部しっかり見てしもたがな(-。-;)」と案の定ぼやいていたのが言わずと知れた衆参両院閉会中審査のTV中継だった。記録と記憶が消えまくりの答弁と同じような質問ばかりを聞かされて、いい加減ウンザリされた向きも多かろうと思うが、「こんなムダな審議に国会議員の時間と税金を費やされては叶わない」というような意見はハッキリと否定すべきである。確かに加計学園が獣医学部を新設しようがどうしようがほとんどの日本人にはあんまり関係ないようなものだけれど、たとえば同学園で監事をしていた弁護士が異例の人事で最高裁判事に任命されるなど、この問題をきっかけに表面化した現政権に対するさまざまな疑惑がきちんと払拭されるかどうかは、わが国が民主的な先進国として世界で通用するかどうかの重要な試金石といってもいいくらいなのである。閣僚人事はもとより各省庁人事やら民間への業務委託やら発注やら、ありとあらゆる面で、収賄を伴わなくとも政権トップにからんだ露骨な縁故や情実が伴えば、それは即亡国につながる道であるのは過去の歴史が証明済みであろう。この問題がこの際きっちりクリアされなければ、日本は朴政権下の韓国よりも民度を疑われてしまうことになりかねないのを自覚すべきであろう。


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2017年07月25日

第九回朝日時代小説大賞選考会

選考会後に朝日新聞社内のアラスカで会食。
今回はこれまでの時代小説で余り取りあげられていないモチーフの作品を選ぶか、コンパクトにまとまった比較的完成度の高い作品を選ぶかが判断の分かれ目だったが、縄田一男委員、葉室麟委員と私とで意外にすんなりと意見がまとまって、最速の選考により後者が受賞した。受賞者は最終選考に残られたのが3度目の正直ということだったらしく、それだけの筆力を十分に備えられた読み応えのある作品が選ばれたのを可としたい。なるべくなら新しいモチーフの作品をと考えつつ、今回は私も2度読み直した結果、やはり完成度において受賞作にははるかに及ばないと見ていたので順当な結果に満足しており、とにかく選考会を無事に終えて今夜はほっとひと息であります\(^O^)/


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2017年07月24日

海老とパブリカの花椒炒め

QPで見た料理。海老は縦二分して塩酒で下味しカタクリ粉をまぶしてさっと茹でておく。縦切りにしたパブリカとアスパラガス (QPは青唐辛子)を炒め海老を炒め合わせて醤油酒酢砂糖少々と水を混ぜた合わせ調味料を加え、生姜の千切りと花椒を香味油を回しかけて仕上げる。
食事しながら昼間録画しておいた衆議院の閉会中審査を見ていたワタシも相当な物好きというべきか、あるいはご多分に洩れずといったところでしょうか(^^ゞ
予想通りというか予想以上のバックレぶりにビックリしたのは、加計学園が国家戦略特区として獣医学部の新設申請していた事実を、アベボンが今年の1月2 0日まで全く知らなかったと発言したことで、なぜここまでしらじらしい言い抜けをしようとするのか、そういう話にしておかないと何かよほどマズイことになるのか?とか、とにかく?マークが飛びまくったのはワタシばかりではあるまいと思う。何しろ低姿勢で神妙にお答えしとけば、大方の日本人は許してくれるに違いないとして閉会中審査を了承したとしか思えないアベボンの判断に、果たして実際も日本国民はアベボン期待通りの相変わらずお人好しな甘っちょろい審判を下すのだろうか?
前川元文科省事務次官VS和泉首相補佐官の真っ向から対立する発言にもいささかビックリで、和泉補佐官は「総理が言えないから代わって言う」発言に関して記憶が無いと逃げず、発言そのものが全く無かったと否定した点をまだしも認めるべきかもしれない。とはいえ獣医学部の新設を「典型的な岩盤規制」の突破だったと和泉氏が力んで言えば言うほど、そんな些細な問題にこだわるとは何て小っちゃい発想しかできない政権なんだろう(@_@;)こんな政権でグローバル経済に立ち向かえるんだろうか?と不安になるばかりだった。また、この人の超しらじらしい発言は加計学園が総理のお友だちの経営する学校だという事実を最近まで知らなかったとしたことで、片や前川氏は随分と以前から加計学園のいわく因縁を承知していた口ぶりで、文科省ではよほどスジの悪い案件として以前から問題になっていたのではないかという印象を与えたのは、一つには京都の妹から「あんな学校入ってもホンマに獣医になれるとは思えんで。息子の高校から行ったんがどんな子か知ってるけど」と聞いていたせいかもしれません(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2017年07月23日

サラダデリセット、餃子

乗馬の帰りに大宮エキュートでゲット。
気温が少し下がってほっとひと息ながら蒸し暑さが募る今週末は、愛馬オランダの幼稚な子クリトンがケガしたので騎乗できず、オーナーOさんの許可を得て久々にハフ・アラブ M I X尾花栗毛のウラ嬢に騎乗。1鞍目はデカ鹿毛トロッターとの部班レッスンで、ウラ嬢が苦手とする右手前の駈歩が意外とスムースに行って 20m× 40m馬場をノンストップで3週は出来たので気をよくしたものの、何せ午後の早い時間帯だったので私の息が上がって早めに切りあげることに。2 鞍目は少し涼しくなってのマンツーマンレッスンで、 2 0×60m馬場を速歩で 3 周くらいしてからすぐに駈歩レッスンになり、両手前で 4 周ずつしてから、 「 じゃあこれから三湾曲のシンプルチェンジを練習してください」とS先生。シンプルチェンジとは要するに三湾曲の駈歩の途中で手前を変えることだということくらいは知っていても、初めてなので要領が全くわからないし、そもそも20×60mだとどこをどう回るのかの径路すらイマイチ把握できないまま発進。とにかく先生の言われる通りの位置でいったん常歩に落として駈歩の再発進を何度も繰り返して「内方を向かせて発進しないとダメ!」とか「腕の脇を開けちゃダメ!」とかさんざん注意を受けながら「まあ、荒っぽいけどなんとか出来たかなあ。それが出来たらL1に出場できるから、一度出てみたらどうです」と相変わらずムチャ振りの激しいS先生であった(^_^;)それにしても、以前はウラ嬢で右手前がなかなか出せなかったり、輪乗りをしようとしても蹄跡を一直線に突っ走られたりしがちだったのが、一応はなんとかシンプルチェンジまでこなせるようになったのも「クリトンのお陰ですよ!」とS先生に言われるまでもなく自身で痛感する次第。乗馬は「いい馬」に乗らないと上手くなれないとよく言われるが、「いい馬」というのは決して「乗りやすい馬」という意味ではなく、自分の技倆だと「乗りこなせないくらいの馬」に乗ることで、筋力やバランス感覚やありとあらゆる点で自身を鍛えるという意味であるのを肌身に知らされた感じなのでした(^^ゞ
要するに何だかんだいって、私は幼稚な子クリトンに乗馬を教わってる格好なのだが、そのクリトンは胸に負った傷が化膿して熱を持って腫れてるために今日は抗生物質を注射されており、そのケガはどうやら厩舎の窓から身を乗りだした際に負ったとしか思えない位置にある傷なのだった。ほかにも結構ケガしてるのはこの時期に発生するサシバエを嫌って厩舎で暴れるからのようで、やはりオランダから来た子のせいか異常に虫嫌いなため、他の馬たちはこの時期夕方から深夜にかけて写真のように涼しげな夜間放牧をしてもらってるんだけれど、「この子の場合ナニするかわかんないのでリスキー過ぎて出来ないんですよ」とS先生。他の馬に比べてやっぱりどうもやることが幼稚で危なっかしいのは確からしく、それでいて一応競技馬としての成績も残しているのだからフシギな子である。ケガしてても食欲はモリモリで、私の手からニンジン、キャベツ、リンゴ、バナナを瞬く間に奪って食べ尽くし、ヘルメットから顔までベロベロ舐めて甘えるのは相変わらずでした(^◇^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする