2017年11月19日

野菜サラダと小籠包ときしめんのセット

乗馬の帰りに大宮ルミネ地下で食事。
馬場の風景は晩秋でも気温は初冬の今週末も愛馬オランダの幼稚な子クリトンに騎乗。今日はクラブハウスに入るなり先にいらしてたMさん、Kさん、Tさんが口を揃えて「さっきクリトンが地響き立てて暴走して大変だったんですよ」とのこと(!_+)聞けばS先生が放牧しようとした途端に馬場に入らず通路を爆走し、その後も他に放牧されている馬たちの傍に寄って行ったりとかしてクラブの敷地を勝手にうろうろし、ようやく馬場に入れてもしばらく爆走モードが続いていたのだとか。ワタシが着いた時はもうまったり放牧されていてイチョウの落ち葉を食べたりしておりました(^_^;)
寒くなるとどんな馬もカラダが張ってカラダをほぐすために爆走することが結構あるが、クリトンはカラダが大きい分それがダイナミックだし、おまけに心理的なヒャッホー状態にもなりやすい馬なので、皆さんが啞然とされるような暴れ方をしたらしいのだった。以前ワタシは馬場でそうなった状態を目撃し、しかも同じ馬場の中にいたのでヒヤヒヤした覚えもあるけれど、騎乗中はまずムチャクチャなことはしないはずだし、S先生にも入念な下乗りをして戴いたから大丈夫かと思いきや「今日は駈歩は止めといたほうがいいです。持って行かれちゃうから」とのこと。いざ騎乗したら、確かに手綱の引きがハンパなくて、それでも「ゼッタイ手を弛めちゃダメ!馬にハミを頼らせて!」という指示に従って最初は輪乗りの速歩から始めて、何とか手の内に入ったところで蹄跡に出てハーフパス等を繰り返した後は収縮速歩と伸長速歩の差をはっきりつける練習に集中。両者は脚の位置を微妙に変えることが合図になるとアタマでわかってはいても、そのつど先生に「脚をもっと後ろに下げて!」とか「もっと前に!」とか注意されないとなかなか思い通りの動きにはならないのだった。ことに伸長速歩は「まだ遅い!MAXのスピードで!」と指示が飛ぶも、持って行かれるかもしれない不安がワタシをたじろがせ、なかなかスピードが出せず、ようやく最後くらいで何とかOKが出た次第(^0^;)収縮速歩に関しては「社長みたいにふんぞり返って、馬と一緒に弾んであげて」という指示がさすがに身についてきたものの、お腹を前に出して脚を後ろに引いた姿勢はカラダを弓形に保つのだからそうそう楽ではない上に、ポンポン弾む馬のカラダに合わせてこちらが一緒に弾むのも日ごろ自宅でミニトランポリンをして練習してるのでした(^^ゞところで当クラブの馬場には横長の巨大な鏡があるのだが、手綱を一定の位置に保ってるつもりでもそれを撮った動画を見たら手綱も腕もブレブレだったりするのに、馬と一緒に弾んでる姿を馬場の鏡に写して見たら、手綱や腕がゼンゼンぶれてない!のを発見し、なるほど、それで馬と一緒に弾むワケなのか!と納得した次第です(*^^)v


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2017年11月18日

豚しゃぶ鍋

いよいよ鍋の季節到来!
ところで今週はちゃんこ鍋ならぬ、またしても角界の暴行事件を、こんなに大騒ぎするほとのことなんだろうか(?_?)と思うくらいに、NHKを含めて日本のTV各局は大きく取りあげていたが、海外のTVニュースは中国も含めて、いずれもジンバブエの政変で持ちきりだった。現役の国家首長としては世界最長老のなんと93歳(!_+)というムガペ大統領の若い奥さんが結構な野心家で、副大統領の地位まで狙ったのをきっかけに軍事クーデターが起きたのだとか。BBCが元タイピストと紹介したこの奥さんは見るからに気が強そうな女性で、いわば淀君的というかむしろ古代中国の怖い女后系の人物と窺えて、世界には実際こういうレベルで国家の政治が動いている国々もあることを改めて認識させられたものである。さらに驚いたのはサウジアラビアで、ムハンマド皇太子の強権発動によって兄弟だか親戚だかの王子が何人も逮捕されたのは先週のニュースだったが、今週は逮捕された王子がいずれも酷い拷問に遭って、中には重体に陥って病院送りになった人まで出ているのだとか(@_@;)物流の飛躍的な進化によって今や物質面では世界中それほどの大差がないような気もするのだけれど、民度的にはまだまだ日本の戦国時代レベルの国々が世界には沢山あるんだろうし、そのことを思えば人類の先行きはホント不透明感が
増すばかりであります(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2017年11月17日

蓮根饅頭湯葉あんかけそば、トマト出汁ジュレサラダ

恵比寿のマシン治療を受ける前にアトレ内の麺類店で食事。まだ食欲がなく胃の調子がイマイチだから揚げ物はよせばいいのに、つい蓮根饅頭に惹かれてしまったワタシ(^^ゞ
全体に気が抜けたアベボンの所信表明演説の中でも、さらに抜かされてしまったらしい高等教育の無償化とやらに関して京都の妹は「どうせお友だちが作ってるようなショーモナイ学校を助けるだけの話やで」と以前から辛辣な評価を下していて、確かに今や経営難に陥った地方の私学は自治体が援助して公立化しているケースも多いらしいから、例のお友だちの学校もそのうち愛媛の県民税で賄われるのを前提に建てられている一種のサギなのかも?と思ったりもする今日この頃、そんならいっそ私学全部を国税で賄っちゃえ!というような発想で無償化を推進するつもりなんだろうか?それにしても現実的な方策がぴんとこない上に、これからの時代に必要とされる学校とか教育とかって20世紀までのそれとはもうゼ〜ンゼン違っちゃってるはずだし、そうした学校や教育の新たなパラダイムを創造し、あるいは用意しつつある現行の教育機関とか教育者って既に存在してるんだろうか?とかいろいろ考えてしまいました。ワタシが現在これから高等教育を受ける世代に属していたら、少なくとも日本の大学とかは別に行ってもしょうがないと思うのかもね〜今は昔よりマシなのかもしれませんが(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2017年11月16日

心中天の網島—2017リクリエーション版—

横浜にぎわい座のげシャーレで木ノ下歌舞伎の『心中天の網島—2017リクリエーション版—』を観た帰りに中華街で集英社の伊藤さん、眞田さん、畠山さんと食事。
木ノ下歌舞伎版『心中天の網島』は一昨年2015年の初演を観ていて、同年9月24日のブログにその時の感想を記しているが、正直ここの舞台としては現場的な完成度がイマイチだったのだけれど、メンバーを一新して台本や演出を多少改訂した今回は見ちがえるような出来映えで、さいたまからわざわざ横浜まで足を運んだ甲斐があったし、集英社の方々をお誘いして良かった!と思われたので、初演を見逃した方にも、また不満に思われた方にも再見をオススメ!
初演の一番の問題はミュージカルを謳いながら、歌をしっかり聴かせることのできるメンバーがほとんどいなかった点で、唯一人「歌も歌えて且つ義太夫の三味線の旋律をヴァイオリンで再現させた女優」と当ブログで特筆し、再演の今回も参加している西田夏奈子が、なんと眞田さんの高校演劇部の先輩で、高校以来の再会を果たされたという奇遇もあったのはオドロキでした(!_+)ともあれ、今回は初演以来のメンバーも含めて全員そこそこ歌えるから、歌詞がしっかり耳に届いて、原作の持つコンテンポラリーなエッセンスが随所でみごとに伝わり、たとえば『曽根崎心中』などと比べたら、男女の意識がどこまでもすれ違っていく全体として大変に苦いストーリーである原作の持ち味を再認識することにもなるのだった。今回特筆したいのは伊藤茄那が演じた小春と山内健司治の五左衛門で、共に現代の等身大的な人物として非常にリアルに感じられた点が新鮮だった。


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2017年11月15日

昨日の残り

今日は昨日より胃の調子がいい感じだが、念のためにJR病院で問診を受け、来週早々に胃カメラの予約が取れました!手術した病院があると、こういう時はベンリかも(*^^)v
ところで昨日の世界ニュースで個人的に注目されたのは、米国でいよいよベーシックインカムの導入実験が始まるという話題。何しろ国民皆保険制度さえ嫌がってる国だから、ベーシックインカムなんて最も導入しなさそうに思われたのが、意外に早々と始めちゃうことにちょっとビックリしたのだけれど、財源は私企業の資金で、それもシリコンバレーのPC/IT系企業が賄うというお話。そうした企業は今後AIの開発を促進するにも、人間に職がなくなって食べて行けなくなる不安を除去する必要があって、それゆえ全くの持ち出しでベーシックインカムの実験をするというのだからスケールがデカイ(!_+)それにしても、このベーシックインカムの概念がもたらすのは相当な価値観の変化ではなかろうか。実体経済を離れる流れが加速して究極に迫りつつある一方で、労働の意味を根本的に変える新たな枠組みが模索されつつあるのが、ワタシなんかはとっても面白いと思っちゃうのですが(^o^)/~~~


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする