2020年04月09日

豚肉のソテー新玉ネギのカレーソース

今日のPで見た料理。生姜焼き用の豚ロース肉は筋を切って片面うすく塩胡椒し、軽くソテーしておく。縦薄切りにした新玉ネギとシメジをしんなりするまで炒め合わせ、カレー粉中濃ソース醤油水を混ぜ加えて調味したソースを豚肉にかけ、小ネギを散らす代わりに、こないだ使い残した絹さやのソテーを色みに添えた。このソースはごく短時間で出来ます!
けさもコロナまみれのワールドニュースの中で、おっ!と意外なインパクトがあったのは米大統領選の民主党候補からサンダース氏がとうとう撤退してバイデン氏に一本化されたという報道で、これだとひょっとしたらトランプ君を辞めさせる可能性が少しは出てくるのかしら(?_?)と思って旧友のモリにLINEしたら、さっそく電話をくれて「う〜ん、どうかなあ。何しろ非常事態の時は現職有利の原則だからねえ」とのこと。何しろトランプ君が辞めてくれないとアベボンも辞められないみたいだから、こっちはつい米国の良識頼みになっちゃうのだけれど、最近身近な知り合いに発熱してコロナ検査をなかなか受けられない人が出たモリはとてもそれどころじゃなく「ホント日本はひどい国だよね〜いつからこんなになっちゃったんだろう!」と激しく憤っていて、確かに検査も休業要請もぐずぐずの状態で国と東京都がガッチンコしちゃうし、ただでさえゆるゆるの緊急事態の中で国がさらに2週間様子を見ようって何なんだろう(@_@;)せっかく自主的に休業してる百貨店にわざわざ休業要請をしないって一体どういうこと(?_?)補償が出来ないことを暗に伝えたいわけ(?_?)とか色んなことが余りにもフシギの国すぎてアリスもさすがにびっくりしちゃいそうな感じである(-。-;)一方で医療現場がかなり切羽詰まって来た様子を馬トモの医療従事者Oさんから今日ダイレクトにLINEメールもらって、彼女の身を案じると同時に自分もいっそう気をつけたほうがいいように思われただけに、こうしたギャップの凄さが今後どんな成りゆきをもたらすのか、一貫して国の想定を全く読めないところが何ともいえません(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2020年04月08日

ジャーマンポテト

冷蔵庫に新ジャガと新玉ネギとソーセージの残りがあったのでこのメニューに。薄切りニンニクを入れたオリーブ油でベーコンを炒めてレンジ蒸ししたジャガイモと玉ネギの薄切りとぶつ切りしたソーセージを炒め合わせて塩胡椒して仕上げにクレソンを散らして混ぜ合わせただけ。
けさのワールドニュースでは英米のTVニュースが中国の感染者数発表に誤魔化しがあると断じたが、日本もきっと同じように思われてるよね〜そうでなければ感染度合いに人種の差をつけたやっぱ生物兵器で黄色人種の陰謀説とか唱えてるバカとかいるかもね〜と思ったのでした(-。-;)
それにしても昨夜の緊急事態宣言がまるでウソのように、ご近所は別に昨日と変わらずふつうに人が出歩いてるよな〜とベランダから見ていたら急に電話が鳴って、出たら三軒茶屋の頃から取引してる某銀行の行員さんのご機嫌伺いだったから「銀行はやってるんだ!」と思わず言ったら「今はご融資のご相談とかが多くて」とのことに頗る納得し、飲食店とかやってる人は今ホントに大変だろうなあ、と私も料理屋の子だけに同情を禁じ得なかったものの「今日もやってる店は結構あるんですよ。それに通勤電車にも明らかに勤め人じゃない何してるかわからないような人たちもたくさん乗ってて」と聞いて、いや〜これでホントに感染拡大が止まるんだろうか?と心配せざるを得なかった(-_-;)
旧友のモリは昨日の宣言の「人との接触を8割減らしてほしい」という要請に「8割なんて甘過ぎ!」と憤っていて、たしかに8割なんて言われたら誰しもこれは2割分とカウントして人と会いまくるだろうし、別にパニックってるわけでもない国民のパニックを警戒した抑え気味の発言が妙な楽観へとミスリードしたのは間違いなく、一方で多くの国民がなぜか日本人には感染しにくいウイルスだと信じてるとしか思えないくらい、他国に比べて何だか超ゆる〜い緊急事態に突入したニッポン社会の今日この頃であります(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (4)を読む

コメントする


2020年04月07日

豚ひき肉と春雨の辛み炒め

今日のQPで見た料理。豚ひき肉をゴマ油で炒めて生姜とニンジンの千切り、椎茸の薄切りを炒め合わせ、オイスターソース豆板醤砂糖醤油酒塩水の合わせ調味料と戻した春雨を加えてしばらく煮込み、カタクリ粉でとろみをつけて絹さやの千切りを散らす。
う〜ん、これで無事に収まったら神風ならぬ神バリヤーに守られてると信じちゃう人が出たっておかしくないから怖いよな〜それでも出来ればこのまま無事に済んで欲しいよね〜という気持ちの人が多そうなコロナ禍中の日本で、今日とうとう首相が緊急事態宣言をしたにもかかわらず、これだとやっぱりみんなの気持ちはそんなに変わらないんじゃないの(?_?)と思っちゃいました。とにかく脛に傷持つアベボンはこれ以上に評判を落とさないよう強権的なイメージを避ける余りなのか、あるいは出遅れて他国のパニックぶりをさんざん見せつけられた後だからなのか、沈静化を意図した発言の仕方がゆるいというか、ぬるいというか、これなら別に今まで通り3密避けてりゃいわけね的なミスリードを招くかもしれない気がしたものである。経済対策についてはこれまでと同様に「やってる感」満載にしか聞こえないのは個別補償がない上に30万円の給付金はごく限られた人にしか行き渡らず、フリーランスと個人事業主の給付金に最大100万200万とかいっても対象となる層の具体的なイメージさえ決めてないのが見え見えで、結局は役人の出し渋りに収斂しそうだとしか思えないのが何ともいえません(-.-;)y-゜゜この国内の緊急事態宣言よりも、ワタシ的にはけさ見たBBCの報じたジョンソン英首相のICU入りのほうがインパクト強くて、大いに外出を自粛させる効果があったように思われます(-。-;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2020年04月06日

鶏照り焼き丼

今日のQPで見た料理。鶏もも肉の皮目を下にフライパンに入れて、アルミホイルをかぶせた上に重石を載せて皮が色づくまで10分ほどじっくりと焼き、ひっくり返してさらに7,8分焼いてから脂を除いて、醤油味醂酒水を合わせたタレを注いで煮詰めて仕上げる。ご飯の上に海苔を散らし、食べやすく切った鶏の照り焼きと茹でたほうれん草の代わりにのらぼう菜を載せて出来上がり!重石を載せて焼くのはいいアイデアかも(*^^)v
アメリカ滞在歴の長い旧友のモリが「向こうの友だちから次々と電話やメールがあってうちは大変なのよ。日本は一体どうしたんだ!どうかしてるんじゃないか!って言われちゃって」と待望していた緊急事態宣言がようやく明日から発動されると知れた今日、朝見たワールドニュースではフランス2のニュースが既に外出禁止令が出て20日にもなるパリで勝手に出歩く人が急増している映像を流したのがとても印象的で、ああ、長期間閉じ込めといても平気な人類はやっぱヒッキーだけなんだわね〜と思ったものである。というわけで明日から約1ヶ月間に及ぶらしい緊急事態の要請が現実的にどこまで守られるのだろうか?とか、解除された時点でまたドォ〜っと人出が増えて第二派の感染爆発が起きないんだろうか?とか色んな懸念も絶えないところ(-。-;)
そもそも遅すぎたじゃないか!今さら宣言なんかしてどうする!とお腹立ちの皆さんを心底から納得させられるような名スピーチが、果たして明晩アベボンなんかに出来るんだろうか(?_?)と疑わざるを得ず、さりとて小池さんも歌舞伎町とか徘徊する男性陣には通用しにくいキャラだよな〜同じ女性でもメルケルさんみたいなお袋キャラならともかくも。おまけにオリッピック延期が決まるまでだんまりを決め込んでたのはどうよ!と信用が失墜してるに違いないし……とか考えたら都民の多くを説得できそうな人材はおよそ見つからないのである。片やジョンソン首相が入院しちゃった英国ではついにエリザベス女王が乗りだしてビデオメッセージを発信。御歳93才なのに終始カメラ目線の非常にしっかりした口調で、戦時中に自分が初めてしたスピーチの例を引きながら国民を励まし勇気づける話しぶりにすっかり感心してしまい、ああ、日本はナルちゃんじゃな〜と思われたのでした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (3)を読む

コメントする


2020年04月05日

ソース焼きそば、のらぼう菜のお浸し

一昨日、五目あんかけ焼きそばを作った時に市販の中華蒸し麺を2袋買ってしまい、その残りを使い切りたかったのと、先日松岡さんから頂戴した美味しいソーセージの残りもあったのでこのメニューに。 のらぼう菜は乗馬クラブで頂戴したもの。
日本医師会が政府に対して緊急事態宣言を要請した今週末もクラブに行ったのは不要不急の乗馬をするためではなくて、早急にクラブのオーナーやインストラクターに愛馬クリトンのことをしっかりお願いする必要があるためで、自身はこの間ダレにも会わずに過ごして熱も風邪症状もなく嗅覚と味覚はちゃんとあるのを確かめた上で、万全の用心をして出かけたのでした(-_-;)
乗馬は3密の対極にあるといっても、宣言が出たら一応クラブは閉鎖すると先週オーナーから告げられていて、さすがにもうそろそろ出そうな気がするし、閉鎖期間もインストラクター1人と厩務員1人は必ず勤務して給餌や厩舎の掃除くらいは何とかするといわれても、馬には勿論それ以外の世話が沢山あるのだった。たとえば厩舎の馬房に閉じ込めておくのは人間をたたみ一畳の牢屋に閉じ込めておくのと同じのようでも、馬の場合は長時間そのままにしておくと立ち腫れといって脚がむくんで馬にとっての「第二の心臓」と呼ばれる蹄を傷めてしまうし、馬は蹄や脚がやられると命にも関わるので、どうしても適度な運動をさせなくてはならないし、それも一頭一頭個体に応じた運動が求められるのである。
そもそもクリトンはS先生とワタシの2人しか騎乗してこなかった馬で、S先生が独立して別のクラブを開かれたら最初はそちらに移籍するつもりだったのだけれど、そのクラブが立地の問題等でなかなか発足しないため、クリトンは当クラブに留め置き、専らワタシがクラブに行く回数を増やして世話するはめに(^_^;もっとも調教まではさすがにワタシも出来ないため、北軽井沢でお世話になっていた石田先生を助っ人でお招きする恰好となり、最近は概ね石田先生とワタシしか騎乗していないため、クラブ閉鎖で石田先生も来られなくなると、長引けばクリトンの命にも関わることになりかねないので、今週末はワタシからオーナーと石田先生にお願いしてクリトンの調教を女性インストラクターのA先生にご伝授戴くことに。それが非常に巧く行ったので一安心でした(*^^)v
ともあれ非常事態宣言をするとしたら、一体いつ解除できるか現政府はある程度の見通しを立てて発動するかどうかもわからない感じなのが困ったもんであります(-。-;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする