2021年09月18日

東海道四谷怪談

今月の歌舞伎座は第1部が六代目歌右衛門の二十年忌と銘打ちながら狂言立てがナゾ(?_?)なので、ワタシは第3部で玉仁左共演の『東海道四谷怪談』を観劇することに。ロビーには歌右衛門の遺影が飾られてそれに掌を合わせる観客の姿もちらほら見かけたが、ワタシとそう年齢の変わらない感じの女性客が「この人は凄い役者さんだったらしいのよ」とお連れに話しているのを聞いて、ああ、今や歌右衛門が完全に伝説の人と化したほど、歌舞伎の客層がガラッと変わってしまった現実を改めて痛感せざるを得なかった。なので今どきは劇評家でも歌右衛門のお岩様を観てなかったりするのだろうし、昔は團菊ジジイと揶揄したように、ワタシも歌右衛門ババアと呼ばれそうな年齢だけに、安易な比較は厳に慎みたいとは思いながら、どうしても鑑賞の基準というか、起点がそこになるのは仕方がないのである。簡単にいってしまえば歌右衛門と玉三郎の芸質の違いがこれほどハッキリとわかる演目も珍しいように思われた。この芝居はリアルな日常がするりと異形の世界に変貌する恐怖を捉えた名作中の名作で、玉三郎はリアルなセリフ術と身体を駆使した異形の造型でそれをみごとに表現している。面白いのはそこに連続性が見られないことで、前半は昔の新劇ばりにリアルなセリフやしぐさでお岩という女性の不幸を丹念に描きながら、スピーディーな髪すき後はまるで暗黒舞踏でも見せられているような異形のポーズの連続ワザで観客を圧倒するのだ。もちろんそれらのポーズはまんざら伝統を無視したものでもなく、大正期の名女形六代目尾上梅幸を彷彿させる型も見られた。それにしても歌右衛門が心理的にどんどん追い詰められて行くお岩様をじっくりとアナログ的に表現していたとするなら、玉三郎のお岩様は極めてデジタル的で前半と後半の連続性を見いだすのが困難なため、歌右衛門のお岩様のような生々しい怖さは意外となく、全体としてドラマよりもショーを見せられているに近い印象を受けたとはいえ、現代人には玉三郎のスピーディ且つデジタルなお岩様のほうがむしろ受け容れやすいに違いない。なぜなら歌右衛門の舞台を支えていたのは同優の類稀な集中力であり、今や観客が全世代を通じてそれだけの集中力には付き合いきれない時代になっていることも忘れてはならないのである。相手役の伊右衛門は当代のみならず過去に遡ってもこれだけぴったりな役者はいないように思える仁左衛門だが、この人の芸の若々しさは驚嘆すべきもので、今回は実に南北劇らしい酷薄な色悪に徹して、現代風にいうならサディスティックなサイコパスみたいな人格を非常にリアルに感じさせる一方、隠亡堀の場ではキマリの姿態の美しさに惚れ惚れさせられた。他の共演者はとにかくこの主役2人を引き立てるだけの存在のように見えなくもないけれど、それにしても若手にはもうちょっと頑張って、この際にしっかり勉強してほしいと思わずにはいられなかった(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年09月17日

冷製コーンポタージュ、ズワイガニのクリームコロッケほか

歌舞伎座の第3部を観る前にPメディアの三村さんと三越レストラン街の三笠会館で食事。芝居の話は明日にします(^^ゞ


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年09月16日

花椒蒸し鶏コールスロー添え

昨日のQP料理。皮なしの鶏胸肉に酒と塩と花椒粉を振り、長ネギの青い部分と生姜の薄切りを加えて電子レンジで加熱。それをムシってコールスローにトッピングし、鷹の爪を入れて熱した油に塩と花椒と酢を足して回しかける。コールスローはキャベツの千切りと玉ネギの縦薄切りに(QPはニンジンの千切りもプラス )塩をして、しばらく置いてから水けを絞って作る。ワタシは好みで周りに茹でアスパラガスを添えました(^^ゞ
「最近は状況の変化が目まぐるしいから、1日ニュースを見なくても(?_?)エ?それどういうこと!みたいな感じになっちゃうよね〜」と一昨日ウチに来た旧友のモリとも話していたが、けさのワールドニュースではシンガポールTVが報じた朝鮮半島のミサイル競争でそんな気がしたものである。韓国が潜水艦からSLBM発射を成功させて文大統領が「北への抑止になる」と発言すれば、前日に短距離弾道ミサイルを発射させていた北朝鮮は金正恩の妹ヨジョン氏が「北南関係は完全に破壊へと突き進むだろう」と述べるなどして、エ?いつの間に南北関係がこんなにギスギスしちゃってるの(?_?)文政権ってもともと南北融和による朝鮮半島統一を夢見て金正恩に一時は下手に出てすり寄ってるみたいな感じじゃなかったっけ(?_?)と首を捻る始末。そういえば最近は金正恩の映像が出てくると、顔も、目つきも、表情も、しぐさも全くの別人にしか見えないんだけど、やっぱり本物はしばらく姿を消してる間に亡くなってしまい、政府や軍の高官たちが急きょ影武者を拵えて政権の維持を図ろうとしていて、文大統領はそれを知ってここぞとばかりに高飛車に出てるんだろうか?だから向こう側の反論も金正恩本人でなく妹の発言だったりするんだろうな〜と思われたのでした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年09月15日

ソース焼きそば

昨夜ガッツリ食べたので、今夜はささやかで且つ手抜きな晩ご飯でした(^^ゞ
食事しながら相変わらず見たBS-TBS報道1930は、地方で人気が高い石破氏が総裁選出馬をついに断念して河野jr支持に回った今日という日にふさわしい岸田氏をゲストに迎え、さまざまな質問をぶつけたが、その答えのいずれもが非常に煮え切らない回答で、スガドンほどではないにしろ、この人も口下手としかいいようがないのは確かだけれど、ああ、結局この人じゃ自民党は何も変わんないよね〜という印象を与えるだけに終わった (-。-; )のは当人にとってまずかったのではなかろうか。片や河野jrと石破に小泉jrまでが加わった党改革派(?_?)を称するトリオは、とにかく一般の支持は高いのだろうけど、それぞれキャッチーなフレーズを使って雰囲気だけで人気を得ている印象しかなく、自民党の世代交代をいっきに果たそうという意気込みはあっても、それで何がどう変わるのかしら(?_?)具体的なイメージがさっぱり浮かばないのが何とも言えません((-.-;)y-゜゜岸田氏がこれまた先祖返りしたような「所得倍増」というキャッチフレーズを使っていても、日本国民は今後一体どういう産業で所得倍増が図れるのか(?_?)そのイメージさえも伝えてくれないのが何とも言えません(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年09月15日

蒸し鮑と豚の骨髄の八角煮と甘エビの紹興酒漬けの前菜、蟹の爪と揚げ物と小籠包、豆腐と海鮮の炒め物、ムツの中華蒸し、仔牛のトウチ炒め、担々麺

昨夜は旧友のモリとご近所のチャイニーズビストロオオサワで食事。ここはモリのお気に入りで、個室で周りを気にせずに食べられてしかもオイシイので、この時期に徒歩1分とかからない場所にこの店があるのは大助かりです(*^^)v
モリはダンナが仕事でアメリカに行って帰国後2週間の隔離生活に入っているためウチに一泊して、昨夜は久々に色んな問題を話し込んで遅くなってのでブログは更新できませんでした (^^ゞ現在渡航して帰国する際は日本でも結構厳重に管理されているようで、まず向こうでPCR検査を受けて搭乗し、成田着直後にPCR再検査をして、アメリカだと州によってはホテル泊してから帰宅して完全な隔離生活に入るようで、モリのダンナの場合は成田から人里離れた別荘に直行する形で独り暮らしを始めていて、アトランダムな時間に検疫所?から電話が入ってそこに必ずいるかチェックされるのだそうだけれど、山を散歩していてもGPSか何かで発見されて注意されるし、スマホの画面で顔認証もしっかりされるので、まずふつうの人はすり抜けるのが難しいだろうとのこと。飛行機もガラガラで知り合いがすぐに発見できて、お互いなぜ今ここに?と訊いちゃう感じくらいに渡航自体が珍しい行動らしいという話を聞いて、へ〜ナルホド〜でした\(◎o◎)/


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする