2016年07月29日

夏野菜の出汁浸し、豚肉の塩焼き、素麺

出汁浸しはQPを参考に作ってみた。電子レンジで火を通した茄子、カボチャ、オクラ、シシトウを酒味醂塩醤油で調味した出汁に浸しておくだけ。豚肉は塩胡椒して胡麻油でさっと焼いて柚胡椒を薬味に食す。素麺は集英社の伊藤さんに頂戴した越中砺波産の大門素麺を美味しく戴きました<(_ _)>
昨夜は京都の妹と久々に長電話をしたら、高齢者施設に勤務する理学療法士の息子を持つ身としては「ほんまに他人事やないよ〜」と相模原市の事件に深刻な憂慮を示し「何せ現場のワーカーは常に人手不足やさかい、雇わはるほうもそうそう人を厳選はしてられへんし、またイマドキの人はいつ何時豹変して別人格にならはるかわからへんさかい、今後この手の事件は絶対に防ぐいうのも正直むずかしい思うねん」とのこと。また昨日はフランスで起きたテロ事件でも、容疑者が犯罪をほのめかしていながら見過ごされていた、というより拘束にまでは至っていなかったことが最悪の結果を生んだ形で報じられたが、さりとて過剰防衛で怪しそうな人物を片っ端から拘束すれば人権侵害も甚だしいし、社会がそんなふうに硬直化恐慌化するのを望む人はいないはずだけれども、今後さまざまな現場で疑心暗鬼が生じやすくなるのは避けがたいかも、と思えば暗然たる気持ちだ。果たして容疑者本人の気持ちは、何がきっかけでどのような変化を遂げたのか、かりに潜在的な反社会性向が以前からあったにしても、何がトリガーになったかは関係者だけでもやはりしっかりと知るべきだろう。とにかく本人の反社会性向が強まっても、周囲が本人とかけ離れた余りにも善良な人たちである場合には、却って立ち直るきっかけをつかめないケースが想像されて、結果、今回のカタストロフに至ったものと思わざるを得ない。また今回限りの責任を追求するよりも、こうした反社会性向の持ち主に対して周囲は、社会は一体どうした対応を取るのが事件に至らせない最善の方法なのか、もはや世界中が具体策を真剣に考えるべき時期なのかもしれないとも思う。
ところで今週は右欄の新刊情報がまたまた追加されましたのでどうぞご覧ください!
明日明後日は小淵沢のホースショーを見がてら外乗をしますのでブログはお休みとし、月曜から再開と致します<(_ _)>


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2016年07月28日

ハンバーグステーキ

第八回朝日時代小説大賞選考会のあと朝日本社内の「アラスカ」で食事。私がどちらを推すか迷った2作の内の1作で、ちょっとユニークな作品の受賞が決まったが、その内容及び選考経過についてはまだここでは触れられないので悪しからず。この賞も応募数が着実に増え、受賞後も書き続けてらっしゃる方が多いという話は何よりだった。おかしかったのは主催する朝日出版の社長から会食直前に「松井さんは毎晩の食事をブログを綴ってらっしゃるそうですが、ここでの食事も書かれるんでしょうか?」と訊かれたので「ええ、そうですが」とお答えしたら「まずいなあ。それならもっと良い物を召し上がって戴かないと、この賞がカッコつきませんよね。ステーキとか召し上がってもらわないと」と言われても、胆嚢切除した直後の私にはご無理な注文でございましたσ(^◇^;) ともあれ今夜でようやく手術明けに抱え込んでた仕事が一段落ついてホッとひと息であります。


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2016年07月27日

蒸し鶏と蒸しナスの辛子酢和え、ゴーヤのおかか炒め

和え物は先日のQPで見た料理。鶏胸肉、茄子、エリンギ、万能ネギいずれも電子レンジで火を通して練り芥子、酢、塩、砂糖少々、胡椒、サラダ油を混ぜ合わせたドレッシングで和える。鶏肉には酒を振って火を通してからむしっておく。茄子はヘタを取ったあとに切れ目を入れて裂きやすくしておく。エリンギは拍子木切りしてからチンする。ネギは軽く温める程度。ゴーヤは乗馬クラブのオーナから頂戴した有機野菜。とても新鮮で柔らかいのので塩もみもせずに胡麻油で炒めて酒醤油砂糖少々で調味し、おかかをからめて美味しく戴きました∈^0^∋
昨日会食したメンバーは私を除いて全員またもや都知事の選び直しをしなくてはならない人たちだったので「50億も税金使われてお気の毒だよね〜誰にするか困るでしょう」と私が振ったら「そうなんですよ〜でも折角ある投票権を使わないのもなんだし」とのこと。「小池は何しろ日本会議のメンバーなんだから怖いよね〜」「増田は東電の取締だったわけだしね〜」「鳥越さんも政策の中身なさそうなんだけど、いっそ宇都宮健チャンを副知事にします!って言ったら安心して投票する人が増えるのかも」てな会話を聞くに及んで、都知事選のような直接選挙は日本の場合毎度のことながら、誰ソレに投票したいというよりはむしろ誰ソレには絶対なってほしくないから別の人に投票する消極的参政権の行使という形になるようだった。もっとも米国の大統領選も今回はどうやらそのパターンに陥りそうなのだけれど。私が思うに、今回は当初へたなユーメー人を避けてきちんとした仕事をする人を選ぼうという気運が事前に高まっていただけに、自公の与党推薦でなければ増田氏が案外あっさり当選したのかも、という気がするくらいである。とはいえ、あのイシハラでさえ務まっていたのだから、実際ところ都知事には別に実務なんて必要とされていないのだろう。都知事選でも国政選挙と同様に、野党候補は与党に勝たせたくない人たちの受け皿に過ぎない点がイマイチというべきか。国民が消極的参政権行使に留まってそれに野党が縋っている限り、政権交代が起き得る本当の民主主義政治は達成できないことを改めてもう一度きちんと認識すべき時期なのかもしれない(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2016年07月26日

養老豆腐、八寸、葛打ち鱧のお椀、お造り、鮑のステーキ、丸茄子の揚げ煮穴子添え、鮎ご飯ほか

上野の韻松亭で装幀デザイナーのミルキィ・イソベさん、小説すばる編集長の横山さん、文庫担当の伊藤さん、単行本担当の伊礼さん、小説すばる誌担当の眞田さんと『壺中の回廊』文庫本刊行の打ち上げ。ついでに次回作の連載に関する打ち合わせをして、連載時期は来春スタートと決まった次第(^_^;
久々にお会いしたミルキィさんには単行本と文庫本の装幀コンセプトの違いをナルホド!と伺った一方で、ポケモンカードの製作に当初からデザイナーとして携わった方ならではのポケモン観をお聞かせ戴くと、この10 ~ 20 年間に世の中のさまざまな有り様が激変したことを改めて考えずにはいられなかった。ミルキィさんに言わせると、電子画面が常態になる中で人間は脳の刺激される部分が以前とは相当に異なるらしいとのこと。国や民族を超えて、人類全体が別次元の生命体に変容を余儀なくされる感じなのかもしれない。世界中で頻発するテロにも単に宗教的な問題とは説明できない部分が多すぎるように思える。今日未明に相模原市で起きた衝撃的な事件も同断で、正直いうと私はこの手の事件がもっと早くに高齢者施設で起きても不思議はない気がしていました。


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2016年07月25日

冷製バーニャカウダ、イカ墨のパスタ、鹿肉のロースト

お茶の稽古の帰りに三村さんと麹町のイタ飯「ビアンカーネ」で食事。いつもは「文字平」でお好み焼きを食べるのだが、今日は満席で振られてしまい、仕方なく麹町の裏通りで探したところ、そこはイタ飯通りともいえそうなくらいとにかく次々とイタリアンが現れて、闇雲に飛び込んだ一軒で思いのほか美味しく食べられました∈^0^∋
今日のお茶のお稽古は「絞り茶巾」という、茶巾を絞って建水にしたたる水音に涼味を持たせたお点前で、青い切り子細工のようなフランス製グラスの水差しにも盛夏らしさが感じられた。
三村さんには先週に引き続いてポケモンgoの遊び方と共にポケモンゲームの発祥と変遷について伺った次第。先週は「ピカチューをゲットしたからもう止めちゃった」と聞いていたはずなのに、なぜか今週は大画面のiPadまで携えて再びすっかり夢中の三村さんでした(゜;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする