2017年01月22日

揚げ茄子の甘酢漬け、しぐれ煮、高野豆腐、肉団子

乗馬の帰りに大宮ルミネの総菜売り場でゲット。
寒気のゆるんだ今週末も乗馬で1鞍目はいつも通りの愛馬オランダの子クリトンだったが、2鞍目は部班レッスンで、とっても久しぶりにサンデーサイレンスのお孫さんサラ黒鹿毛9歳のサマ嬢に騎乗。乗った瞬間、わ〜細っこいお馬さん (!_+) これだったら完全に脚で挟めちゃう!と感じられたのはクリトンのお陰だろうか。何しろサンデーの血を引いてるから超サクサク走る子なのだけれど、超久しぶりの騎乗でも何ら不安なくイケイケで走らせられたのもまたクリトンのおかげかもしれない。それで4 0 分間まるまる乗って少しも疲れを感じなかったのに、クリトンだとその4 0 分間がいつも体力的に保たず、こんな寒い時期でも途中で必ず水分補給タイムを要求するはめになるのだから、やっぱりサラブレッドと外国産の中間種ってこんなにも馬力が違うんだ!と改めて思いました\(◎o◎)/
サラだとサマ嬢でもお馴染みオー君でも超サクサク走るよう求めるS先生に、クリトンの場合はとにかく半減脚を使って減速気味に走るよう求められており、クリトンの反動に合わせているとどんどんスピードアップするから、クリトンのほうをむしろこちらのリズムに合わせて動かすように指示され、軽速歩でならともかく静反動でそれをするのが非常に難しいのである。でもって「今日は松井さんにもハーフパスをやってもらいます」といきなり言われてびびったワタシ(◎-◎;)やり方は教わっても、そんなにカンタンにできるわけがない!と思っていたら、常足とはいえ左へハーフパスを何とかクリアしてくれたのはさすがクリトン君(^_^)右へハーフパスがクリアできなかったのはどうやら左脚の使い方が弱いせいらしく、今度のクラブでは駈歩も左手前を不得意とするようになっていて、それは全体の重心が右に偏りすぎているからで、重心が右に落ちる悪いクセがついたのは、どうやら前のクラブで左手前の駈歩ばかりやり過ぎた結果のようである(-。-;)
ともあれ馬場ではとってもお利口さんで高度なワザもこなせるクリトン君なのに、スイッチオフになった途端に毎度ながら精神年齢が低めの子になってしまい、「15歳の結構なオジサン馬なのに、やることは5歳馬以下ですねえ」と先生に言われる始末。それでも入厩した頃はまだネコをかぶっている状態だったのが、近頃は厩舎でメチャわがままになり、ワタシが先にほかの馬にニンジンをやってるのが見えたりすると腹を立てるのか壁を蹴ったり床にヒヅメをガンと叩きつけたりするようになったのは困ったもんで、そのうちケガするんじゃないかと心配していたら、今週は案のじょうヒヅメを飼い葉桶に突っ込んで抜けなくなって一瞬パニックになりそうだった…>_<…その姿を一緒に目撃した中学生のモエカちゃんからは「オジサンで精神年齢が低いといったら、トランプさんもそうですよね」と言われ「わ〜あんなのと一緒にしないで〜」と叫んでしまったワタシでありますf(^ー^;


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2017年01月21日

タラとアサリのポルトガル風煮込み

昨日のQPで見た料理。潰したニンニクを入れたオリーブ油でジャガイモを表面が透き通るくらいに炒め、玉ネギを炒め合わせてパブリカの粉末を振りかけ、水と白ワインとトマトを加えて塩胡椒で調味し、ジャガイモが柔らかくなるまでじっくり煮込んでから、タラとアサリを入れて火を通す。タラは塩をしてしばらく置いてから水けを拭き取って加えること。
食事しながら見たのは未明に録画しておいたNHKBSの米国大統領就任式ライブ放送。トランプ新大統領の就任演説は初っぱなから既成政治がいかに庶民の暮らしと乖離してエグゼクティブ優先だったかを強く訴え、且つ「他国の国境の監視はしても自国の国境を守ってこなかった」という実にわかりやすい譬えで世界警察的な役割を降りることと、移民取締を強化する姿勢にあることを端的に述べるなどして、アメリカファーストを基調とした論旨が想像以上にストレートな表現で展開され、彼の支持層にしっかりアピールするものと受けとれた。大統領就任式なんてこれまで一度もちゃんと見たことがないのに、今回は録画までして見逃さなかった私はひょっとしたらトランプ贔屓だったりするんだろうか(?_?)てな具合にあらぬ疑いをかけられても困るけど、とにかく就任式を初めてちゃんと見たら、そもそもが清教徒の移民に始まる国だからなのか、意外なくらい宗教色の強い儀式であるのが興味深く眺められた。キリスト教のさまざまな教派が集結しているような感じでもあって、何しろ大統領のスピーチが終わった直後に登場したのがユダヤ教のラビだったのは驚きました(!_+)


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2017年01月20日

立川談春新春独演会2017居残り佐平次

1/20夜は品川プリンスホテル「クラブeX」で談春の独演会を幻冬舎のヒメとご一緒して久々に落語の面白さを満喫。昨夜に引き続いて新春早々いいものを見聞きさせてもらった感じだ。
演目は「鈴ヶ森」との二題だが、メインは品川という場所にふさわしい「居残り佐平次」これがかなりの長丁場だが、ぐいぐいと引き込まれ、現実の時の流れを忘れさせた。粘り強さとキレの良さという相反する両面を併せ持つ話芸が魅力の談春だが、佐平次が「居残り」ならぬ「居直り」じみて妓楼の若い衆にからむ場面でその魅力が存分に発揮された。どんどん要求のエスカレートする佐平次が言ったもん勝ちモンスターに見えてくるあたりに頗る現代的なブラック度があって、妓楼には時々こういう魔物が現れるのだと楼主が諭す言葉にも説得力が感じられた。昔のいわゆる「味」のある廓噺ではなく、アップテンポな語り口の中で現代人が妙にリアルに感じられる人物像を練りあげたところに談春ならではの「味」があるといえそうだ。それにしても体調や何かで日によって違うかもしれないが、昨日は長丁場を息もつかせぬアップテンポで一気呵成にしゃべる体力と集中力の凄味に圧倒され、まさに脂がのりきった芸境を堪能させてもらった次第。


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2017年01月20日

木ノ下歌舞伎 隅田川 娘道成寺

1/19夜は駒場アゴラ劇場で木ノ下歌舞伎公演「隅田川」「娘道成寺」を鑑賞。今回は舞踊演目二題で、両作品に対する取り組み方は180度違うが共に刺激的な面白い舞台である。
「隅田川」まず隅田クルーズの解説スタイルで伝説の舞台へと導き、昭和歌謡風のメロディーソングを船頭がコミカルに歌いながら伝説を物語る前半のシーンと、子供を喪った母の心情を掘り下げてさまざまにイメージシーン化した後半とを、振付・主演の白神ももこが独りでガラッと変えて演じるのが見せどころ。舞踊家としては上半身の動き、ことに上腕部を使った動きが素晴らしくて都鳥が俯瞰するイメージシーンが実に美しかった。
片や「娘道成寺」は長唄をまんま使ってそれに合わせたフリで展開する。ただし歌舞伎舞踊のフリはほんのわずかに取り入れてはいるものの、ほとんどはきたまりがオリジナル振付で主演し、これが「スゴイもん見ちゃいましたね〜」と同行した現代人形劇センターの塚田理事長を唸らせたものである。概ね歌詞に当てたフリなのだけれど、塚田さんが「こんなにいい歌詞とは思わなかった」といわれたくらいに一つ一つの詞がくっきりと立ち上がってくるようなビビッドな振付がなされ、たとえばチンチリレンの合方の狂的にダイナミックなフリと恋の手習いの心理的スタティックなフリなどがみごとに切り替わってゆくから少しも見飽きない。むしろ曲が知られているだけに次は一体どんなフリが繰りだされるのだろうかと見る側がグイグイ引き込まれてゆくし、同じ曲調の中でもシャープに切り換える動きがあったりして面白く、豊かな顔の表情がまた歌詞の思いを繊細に伝えてくれる。とにかく全体にいわゆる息が詰んだ集中力のある舞踊で見応え十分だった。


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)を読む

コメントする


2017年01月18日

白菜とエノキダケのぴり辛炒め

明日放送のQP料理をネットで先取りして作ってみました(^^ゞニンニクと生姜と鷹の爪のみじん切りを炒めた油で白菜の芯と葉を順に炒め合わせ、水とエノキダケを加えて酒、醤油、塩、胡椒で調味し、カタクリ粉でとろみを出して仕上げに胡麻油をまわしかける。
今日は国内外でヤッパリ感のあるニュースが2つ。
1つは英国がEUの単一市場からも撤退して完全な離脱を図ることをついにメイ首相が宣言したという報道で、そりゃそうでしょう(-_^:)移民は受け容れないけど関税のかからない貿易関係だけは維持したいという考えは、別にE U に属していない国のワタシが聞いても余りに虫が良すぎる感じで、一体どうしたらそんなことが許されると考えられるのか、ふしぎで堪らなかったのでした(-.-;)y-゜゜
もう一つは文科省の天下りに関する国内ニュースで、こういうことって昔からずっとあっただろうに、今になってなぜ(?_?)感も強いニュースである。若年人口が急激に減少するのは統計上わかっていたはずなのに、それでも大学を認可し続けたのは、文科省の天下り先を増やすためだったという説もむべなるかなで、さまざまな国立ナントカも高級官僚の処分処理場と化している実態は周知の事実なのではなかろうか。日本の役人はアジアに珍しく汚職体質がないのは可としても、税金を投入してやたらめったら自分たちの処分処理場を作る体質はもっとたちが悪いのかも(-.-#)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする