2016年08月28日

流し素麺、天ぷら

またしても台風の晴れ間というか、急に秋めいた今週末も乗馬クラブで過ごし、まずはお馴染み♀好きのデカ鹿毛オー君に1鞍騎乗して、A1課目の径路をみっちり練習。最初はスピード感が足りないと注意され、途中で S 先生が乗り代わってオー君をサクサクモードに。すると何しろデカイ馬なのでスピードアップした伸長速歩などはまるで宙を飛ぶような快感が得られたものの、「松井さんがビビって抑えようとしなきゃ最初からそんなふうに走るんですよ」とS先生。オー君には随分乗り慣れているにもかかわらず、いまだにちょっとビビルのは、オー君自身がデカイ体に似合わぬビビリ屋で突如暴走したりするからなんだけれど、今夜はそんなオー君がビビリまくる大音響にクラブが満たされた一夜でもあった。
というのも川越の花火大会が二年に一度クラブの真裏が会場となって催されるためで、台風直撃を間近に控えた今夜も小雨を突いて無事に開催。クラブでは花火見物の前に流し素麺と天ぷらのイベント会食が催され、天ぷら等の野菜は近所の畑の取れたてを調理、流し素麺の樋は馬場を囲む竹藪の真竹を切り取って使用するなど、地産地消ここに極まれりといった美味しい贅沢を満喫しました∈^0^∋
間近で花火を見るのもさることながら、私が本当に見たかったのは馬たちの反応で、最初の大音響ではさすがにヒヒーンと嘶く子がいたり、馬房を旋回したり、柵からクビを突き出したり、落ち着きの無いそぶりをする子がいくらもいたが、一頭ずつ黒砂糖を与えるなどしているうちにすっかり落ち着きを取り戻して音にも動じなくなった様子。オー君の馬房を覗くと案のじょう脚がちょっとガクガクしてる感じで、不安げな目つきでこちらに顔を突き出して撫でてもらいたそうにするのが何だかとても可愛かったのでした(^○^)写真は上からデカ鹿毛オー君。流し素麺の様子。馬場から見る花火。

下は馬場から少し外に出て見た花火の動画です。


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2016年08月27日

塩肉じゃが

関東風に肉は豚で、無水鍋を使って、塩・酒・味醂でシンプルに調味。無水鍋だと何しろ省エネだし、油も砂糖も要らず野菜の甘みだけで十分(*^^)v 
とんでもない迷走台風で、週末が台なしどころか週明けは相当なリスクが懸念されるが、今週は「こんなに愚かだとは思わなかった」と母親に言わしめたとんでもない息子のニュースより、もっととんでもないと思われたのが、大分県警別府署の違法捜査である。野党政治家の支持団体拠点に無断侵入し、さしたる理由もなく隠し撮りで監視していたというこの事件が、さほど大きく報道されないのは、隠しカメラ設置の際の行動までも撮ってS D カードに残していたという、これまた余りにも愚かな捜査員だったため、別に危険視するほどのことはないと思われているせいなんだろうか?あるいは県警の民度はいまだ概ねこうしたレベルにあることが、横山秀夫氏の警察小説等で周知徹底されているからだろうか?私は現在新作の構想を練るために戦前のさまざまな資料に目を通しており、昭和初期の普通選挙施行の際には、与党の政友会がまず警察庁長官の人事を動かすことで地方県警に影響力を行使した結果圧勝を勝ち取った経緯についてたまたま読んだ直後だったので、余計に怖いような気がしたのだけれど、まさしく戦前を想起させる、とんでもないアナクロな違法捜査だったことは間違いありません(-_^:)


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2016年08月26日

トマトの冷製パスタ、豚のバジルサンド

冷製パスタのトマトソースはQPのレシピ通りに作ってみた。5ミリ角切りのトマトと玉ネギとアンチョビのみじん切り、おろしニンニク、ケチャップ、レモン汁、オリーブ油を合わせて塩少々と粗挽き黒胡椒で調味。パスタはふつうカッペリーニを使うのだが、トマトの角切りが粗すぎたのでやや太めのパスタにした。Q P は彩りに添えたバジルの残りを豚肉に挟んで焼くという使い途も提示。豚肉は塩胡椒で下味しておくだけでいい。
ポケモンGOでついに交通事故死のニュースを最初に聞いた時は、てっきり歩きスマホで事故に遭ったのだと思いきや、逆パターンとは被害者にとって余りに理不尽で、飲酒運転よりも罪深いというべきか。かく申す私自身も夕方仕事が一段落して氷川神社や大宮公園を散策の際はポケ狩りをしているし、さすがにこんないい歳でポケモン依存症みたくはなりっこないけれど、今や電子画面の中毒性は活字中毒にも勝りつつあるようで、リビングにいると常備のiPadを片時も手放せず、仕事も遊びも含め、ありとあらゆる検索をかけまくりの毎日がここ二、三年ではきかない気がして、要はネット依存が顕著な日常生活を余儀なくされているのだった。それにしても近年はクスリ依存のように犯罪として摘発されるケース以外でも、何らかの依存症に陥ったような感じの人が日常的に激増している気がして、つまりそれは現実を直視する精神力の強さを欠く人びとが増えたと同時に、現実そのものが直視に堪えないくらい先行き不透明感が大きく広がっていることの現れともいえそうだ。
ところで今日ショックを受けたニュースは他でもない。GPIFがまたまた巨額の損失を出して二四半期連続で10兆円以上の赤字を計上し、それでも別に支給年金額には何ら影響を及ぼしませんからと済ました顔で発表する広報の弁に、いい知れぬ不安を覚えさせられたものである。そもそも年金の運用を株に振り向けたいと早くから主張していたのが塩崎厚労相で、結果それによって株価が騰がるのを目論んだのがアベノミクスだが、つまりは株価依存症体質をずっと引きずり続けている現政権の経済政策の危うさは覆うべくもないにもかかわらず、まだそこに依存している国民が結構沢山いらっしゃるようだから日本の国は何ともいえません(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2016年08月25日

冬瓜と鶏肉のスープ煮、タコとトマトのアンチョビサラダ

スープ煮はQPで見た料理。鶏もも肉と生姜の薄切りをじっくり炒めて水と冬瓜を加え、煮立たせてアクを取ってから酒砂糖塩醤油で調味し、冬瓜が柔らかくなるまで煮込んでトウチを入れ、水溶きカタクリ粉でまとめて仕上げに胡麻油を垂らす。鶏肉から出た脂は除いておくこと。トウチが味の決め手。サラダはニンニクのみじん切りと鷹の爪の輪切り、玉ネギスライスをオリーブ油で炒め、アンチョビと櫛切りにしたトマトを炒め合わせ、蒸しダコを加えて仕上げに黒オリーブのスライスを散らす。
前クラブの馬友オペラ歌手のSさんと、毎度ながらの馬話のみならず、プライベートな四方山話に花を咲かせて食事しました(^ニ^)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2016年08月24日

ゴーヤチャンプルー

近所のマルエツで宮崎産のゴーヤがメチャ安かったのでコレにした。調味は酒醤油塩でシンプルに。ワタシは酒を利かせて、かつお節ををたっぷり振りかけるのが好みです。
ワールドニュースを見ても今週から世界はオリンピック明け、各国首脳の夏休み明けで、やっと本格始動の様子だが、東アジアでは日中韓外相会談がその皮切りといったところだろうか。折しも北朝鮮のS L BM発射により、互いに困ったもんだ的反応がまるで協調ムードに導きでもしたかのように 常時コワモテの王毅外相が意外なほど柔らかな表情だったのが印象的だ。とはいえ中国の海洋進出に関してはおいそれと止まりそうもないようだから、今後現場で何らかの衝突が起きないことを願うしかない。とかく軍事では、中央政府の意向を無視して突発的に衝突が起きることもあれば、経済的な動機でわざと衝突を起こさせようとする勢力もあるし、いったん衝突が起きれば双方の世論が沸騰して事態が悪化する方向に進ませるのは、歴史上でも、地理上でも、これまた普遍的な現象といえるだろう。大国同士がいきなり宣戦布告するなんてことはイマドキ文明国には絶対にあり得ない話だけれど、代わりに局地戦を延々と長引かせるのが今日のありようで、それに依存する軍需産業もあれば、その軍需産業に頼ってでも国内経済を活性化させたがる政府もないとはいえず、世界不況を救うのは戦争しかない!という時代錯誤的な見方をする人びとは、いつの時代でも、どこの国にでも常に一定数いるわけだし、威勢のいい話で人びとを煽りたがる一部マスコミもまた常に存在するので、とにかく紙面にしろTVにしろネットにしろさまざま情報は精査しつつ絶えず注意を払うに越したことはありません(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする