2018年11月20日

牛肉とブロッコリーのオイスター炒め

先週末に乗馬クラブの近所の農家でゲットしたブロッコリーを使うため適当にした料理。牛肉は酒塩胡椒で下味してゴマ油とカタクリ粉をまぶして炒めた。これに電子レンジでチンしたブロッコリーとエリンギと豆板醤を炒め合わせ、オイスターソース酒醤油胡椒で調味して水溶きカタクリ粉でまとめた。
けさのワールドニュースでは、ルノー本拠地のフランス2はもちろんのこと、欧州最大の工場をサンダーランド市に抱えている英国のB B Cも決して他人事ではない深刻度でゴーン氏逮捕の一件を大きく報じて、ゴーン氏は脱税疑惑というわけではなく、有価証券報告書の虚偽記載で日本人の経営者が逮捕にまで至った事例は過去になかった点を強調し、英国がブレグジットでただでさえ大変な時に日本はよくぞ世界経済に打撃を与えるようなことをやってくれたよな〜(-。-;)的なムードをひしひしと感じる報道だった。それにしても当の日産は株価の暴落等で当面イチバンの打撃をこうむることがわかっていながら、この時期に敢えて告発に踏み切ったのは、BBCの伝える2020年度からの次世代モデルの生産すなわち電気自動車への画期的なモデルチェンジに対する社内的反発があったせいなのか、あるいはフランス2が伝えるところの今や技術面を含めて日産への依存度が増したお荷物状態のルノー社との提携をいっそ弱めたほうがいいという判断だったのか、いずれにしろ社内的な理由があって、これまでどうやら必要悪的な存在だったらしい人をこの際に切った日産の判断が今後どういう目に出るのか予断は全く許さない感じであります(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2018年11月19日

鴨南蛮そば、ほうれん草のお浸し

マルエツの陳列棚で鴨南そばカップヌードルの安売りを見て、急に食べたくなったので合鴨の薄切りを買って手作りしてみました(^^ゞ ほうれん草は昨日乗馬クラブの近所にある農家が自宅で販売していた新鮮なのを百円でゲット(*^^)v
今日ネットのニュースを見て驚いたのは日産会長ゴーン氏の逮捕で(!_+)詳細や背景を全く知らないままコメントするのは我ながらどうかと思うが、報酬の過少申告容疑というのは、あんなに高額な報酬をもらってるからなんだろうか(?_?)と庶民感覚ではちょっと理解できないことをひとまず正直に申告したいものであります。たまたま今朝のワールドニュースでは、各国の法人税を逃れているGAFAすなわちGoogleAppleFacebookAmazonといった巨大IT企業に対して、英国が売上税をかけることに踏み切ったことが特集として報じられたために、何だか世界各国が一致して「金持ちから税金をしっかりむしり取ろう!」キャンペーンでもとうとう始まったんだろうか(?_?)的な印象を受けてしまいましたσ(^◇^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)を読む

コメントする


2018年11月18日

焼売セット、イカと野菜のマリネ、昨日の残り

乗馬クラブの帰りに大宮エキュートでゲット。
今週の1鞍目はS先生のオススメでウラ嬢のオーナーOさんからフェアファックス製の鞍をお借りして騎乗することに。ワタシはふだん愛馬オランダの幼稚な子クリトンのサイズに合わせてハーフオーダーしたアメリゴ製の馬場鞍を使用しているが、「フェアファックスは馬が近く感じられるので駈歩が出しやすいはずですよ」と先生にいわれた通り、以前どさんこのパピ君に裸馬で乗らせてもらった時のように骨格と筋肉の動きがもろ伝わってくる感触で駈歩発進もスムースに出来たのにはビックリ (!_+) もっとも長く続けられなかったのは「すぐ脚を離すからですよ」と注意され、また発進がスムーズに出来る時と出来ない時があるのはワタシの脚の位置がピンポイントに定まらないせいで、馬場馬のクリトンは少なくとも脚の位置だけでも4種類くらいの違った合図をマスターしており、しかも幼稚な子なので忖度はしないから、そのつど駈歩の合図を伸長速歩や横歩やピルエットや時には何故かパッサージュ(?_?)とも間違えてしまうのでした(^_^;)また手綱とハミにもある意味で頼り過ぎの傾向があるため、ワタシの肩が少しでも前に出たらピルエットと勘違いしてハミを受けたままくるりと回ってしまうため、特にコーナーに入る時は自分自身の体勢を非常に意識しないといけないことを毎度痛感させられるのでした。まあ、よく解釈すれば合図をいっぱい記憶している馬であり、KWPNという馬種特有の広い額も脳ミソの大きさを物語っているような気にさせなくはないのである。
今週ワタシがとても驚いたのは、レッスン前にたまたまMamiさんからポカリスエットの粉末をもらって、その場を見ていたクリトンに、レッスン後ふだん歓んで飲んでいるフスマ入りのお湯を与えたらふしぎと拒否りまくるので、もしかして(?_?)と思い試しにポカリ粉末入りのお湯に替えてみたら、途端にごくごくと飲み始めたことである。夏場よく粉末入りの袋を見せながらポカリを与えていたのであるが、涼しくなって以降は全く与えていなかったにもかかわらず、どうやらポカリの味と袋を結びつけて記憶していたらしいことが判明(@_@;)いやはや幼稚だけど確かに記憶力は非常にいい馬らしく、まあ馬だからいいようなもんの、人間だったらIQ高めだけどEQ低めの中高年男というサイテーな感じになるのが何ともいえません(^◇^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (3)を読む

コメントする


2018年11月17日

塩豚とカブのスープ

近所のマルエツでカブの安売りをしてたのでこのメニューに。塩豚は昨日買っておいた豚スペアリブに塩を揉み込んでラップして冷蔵庫でひと晩寝かせたもの。塩豚は予め仕込んでおけて何にでも合うので超ベンリ!それを水から煮て塩胡椒で調味してカブを加えただけ。ただしアクはまめに取り除いてください。煮る際に鷹の爪を入れてぴりっとさせたらスープの仕上がりがGOOでした∈^0^∋
フィギュアスケートGPロシア大会の中継を見ながら食事。女子ショートは録画のようだったが男子フリーはライブなので結果がわからず、ショートは今季最高得点の首位発進ながら今日の公式練習で着地に最も重要な右足首を捻挫した羽生結弦の演技をハラハラしながら見守ることに。もっとも、この人はこれまでにも大ケガや直前のアクシデントにたびたび見舞われながらも、そのつど信じられないようなパワーを発揮して乗り切ってきたのを知っているだけに、今回も大丈夫だろうとは思っていたのだけれど、急きょプログラム内容を大幅に変更しながら尚且つ果敢な攻めの姿勢も残して集中力をフルに発揮し、無難にという以上の魅せる演技で乗り切った優勝はやはりさすがというべきだろう。今やアスリートの演技を超えて希代の世界的舞踊家を見るような気分にさせてくれる人だけに、速やかに捻挫を治してFinalでは今季プログラムの最高完成形を披露してほしいものである。初のFinal参加を決めた友野一希も今季プログラムは曲とマッチしたキレのいいスケーティングが魅力的だし、今年ワタシは珍しくNHK杯を見逃したが、むろん宇野昌磨や女子の紀平梨花も期待大で、浅田真央らかつて牽引したアスリートの引退後も日本がスケート大国ぶりを遺憾なく発揮しているのはウレシイ限りでした(*^^)v


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2018年11月16日

サツマイモ、牛肉、キノコの塩炒め

先週のQPで見たのはみじん切りにしたパセリ炒めだったが、好きでもないパセリが近所のマルエツでバカ高かった(!_+)ので単なる塩炒めにしてクレソンをトッピング。1センチ 角に切ったサツマイモをじっくりと炒めていったん取りだしておき、それに合わせて細かく切った牛肉に塩胡椒して炒めてこれも取りだしておき、同様に細かくした玉ネギと四つ割にした椎茸とマッシュルームを色ずくまでしっかり炒め合わせて軽く塩胡椒し、肉とサツマイモを戻してさらに炒め合わせ塩胡椒するだけという超シンプルな調味の料理。
今日はお昼に幻冬舎の新担当といっても昔から知ってる鳥原氏がお越しになり、同社刊行『料理通異聞』の文庫化についての打ち合わせ。刊行は来年末で、鬼が笑いそうな打ち合わせをざっとしたあと出版業界のあれやこれやをへ〜ヾ(℃゜)々てな感じで伺ったりした次第。
ところで来年の刊行よりも先に、いよいよ来月に久々の新作『芙蓉の干城(たて)』が集英社から刊行されますので詳しくは右のお知らせ欄をご覧下さい。『非道行ずべからず』以降かなり長きに渡って書き続けている歌舞伎のバックステージミステリーで、昭和初期の労働争議を背景にした前作『壺中の回廊』に続く今作は前作の3年後に設定して同時代の右翼テロ事件が背景に。というわけで北一輝や大川周明の著作にも目を通し、イマドキのネトウヨからは想像がつかないホンモノの日本の右翼思想についてもいろいろと勉強させられました。
探偵の役まわりは『壺中の回廊』と同様に早大の河竹繁俊博士がモデルかも?の桜木治郎。今回は治郎の親類の娘、大室澪子が前回以上の活躍を見せます。また歌舞伎をよくご存じの方ならにこれってゼッタイあの役者のことだよね〜とすぐにわかって且つ前回とは全く違う大正昭和期の大名優もぞくぞく登場。
ただ、そうした歌舞伎のマニアックなファンではない方にも是非お読み戴きたいのは、このシリーズで模索し続けたスタイルが、この先の年齢的な限界も含めて、今回でやっと一つの到達点に至ったように思えるからでもあります。



このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)を読む

コメントする