2020年11月29日

とり天弁当、津田蕪のサラダ

初冬の寒さと侘しさが募る馬場で今週末もオランダの幼稚な子クリトンに騎乗。天候のせいもあってか今日のクリトンは別に脚の状態が悪いわけでもなさそうなのに、前半まったりし過ぎて、あなた寝てる?みたいな足取りの重さだったから(-。-;)脚扶助とムチでぴりっとさせたら急にサクサクしだして、そこから収縮をかけたら非常にのりやすくなったのは何よりでした(*^^)v石田先生曰く「そうやってトモ(後肢)の動きが活発になると反動が少なくて乗りやすくなるんですよ。前肢だけがイケイケ状態だとどうしても反動が大きくなるんだよね」という話をナルホド!と聞いておりました。
ところで今日は乗馬クラブにいても、というか、乗馬クラブだからこそ気になるのは3冠馬3頭出走という夢の競演ジャパンカップで、ワタシはレッスン終了後にクリトンの手入れをしながらスマホのYouTubeで実況中継をスタンバイ。重賞レースなら大概11レースだと思って3時半から動画をスタートさせてしまい12レースまで待つことしばし。ファンファーレが鳴ると同時に他の会員さんも集まって来て口々にそれぞれのごひいき馬を。で、スマホの小さな画面を食い入るように見て、超絶なキセキの逃げっぷりに驚嘆するも、最後は実に順当な幕切れに皆さん納得の表情で、なんといっても私は引退を決めたアーモンドアイに有終の美を飾らせたかったので大満足でした\(^O^)/乗馬を始めてちょっと残念なのは日曜日の競馬中継を見られなくなったことで、以前は子供の頃からよく見ていて、というのも母方の祖父が馬主で、母親も競馬大好きだったからでありますσ(^◇^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2020年11月28日

レンコンとアンチョビーのスパゲティ

前に作ったQP料理のアンコールなのでレシピは10/17のブログをご覧ください。今回はわが家の在庫スパゲティーが少なかったのでペンネも混ぜました(^^ゞ
食事しながら見たのはフィギュアNHK杯男子フリーで、嗚呼!とうとう今年もこの季節になってしまったんだな〜と思いながら、昼間の女子フリーとアイスダンスも録画しておいたのを一緒にまとめて見たのでした(-.-;)y-゜゜
コロナ禍で海外選手が不参加の上、世代交代が露わとなった日本人選手にも知らない顔が多い中で、鍵山優真が実力通りに順当な優勝を遂げたものの、おっ (!_+)と目を瞠ったのは新鋭15歳の三浦佳生がミスをものともせず果敢に挑んだアグレッシブな演技だった。同様に女子で注目されたのはジュニア優勝者の松生選手で、井上八千代さんの若い頃に似た顔の少女だが、意外なほど安定感のあるジャンプと伸びやかなスケーティングで浅田真央2世といわれるのも納得!の演技。そのジュニアの頃から大人っぽい雰囲気だった樋口新葉は冒頭の3アクセルをみごとに決めてくれたし、優勝した坂本花織は昨年来持ち越しのプログラム「マトリックス」で勝負をかけたが、パワフルな滑りを身上とするこの人にぴったりのプログラムだと去年も思っていただけに今日のパーフェクト演技が見られたのは幸いというべきだろう。さらにいつもスルーしがちなアイスダンスを今年しっかり見てしまった理由はいうまでもなく高橋大チャンのデビュー戦だったからで、小柄な大チャンにリフトできるんだろうか?とか失礼な心配をしたのを反省しつつ、思わぬミスが出て敗退はしたものの、今後に期待したい相変わらず魅せる要素はたっぷりな演技でした(*^^)v


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2020年11月27日

中村京蔵 冬麗の会

昨日は半蔵門のホテル・グランドアークでライターの歌代さんから「週刊新潮」における故坂田藤十郎追悼の取材を受け、同ホテルのレストランで元米朝事務所の大島さんとPメディアの三村さんとディナーしてから国立小劇場で中村京蔵の自主公演を鑑賞し、帰宅が遅くなったのでブログは更新しませんでした(^^ゞ
コロナ禍を押して自主LIVE公演に踏み切った歌舞伎役者はそうそういない中で、このところの急な感染拡大が動員に逆風となりはしないかと心配されたものの、案ずるには及ばない客席の盛況と関係者の出席も多く見られたことは主催者も本懐だったのではなかろうか。さらにその客席の厚みに負けていない見応えのある舞台だったのは何よりというべきだろう。
序幕の『豊後道成寺』は『娘道成寺』と詞章が同じでも豊後浄瑠璃らしくドラマチックに且つ洒脱に仕立ててあり、この人の若い頃に見た憶えがあるが、当時はこれでもか!と踊り抜いた印象で観るほうもいささか満腹すぎる感じを受けたものだが、今回はほどよく力が抜けながら「恋の手習い」の件はより繊細でモダンなドラマを見せられているようだったし、段切れの「竜頭に手をかけ〜」の件で俯いた顔が師匠の故雀右衛門と余りにもそっくりに見えたのには(顔立ちが全く違うだけに)驚いてしまった。
二幕目は新派の人気レパートリー『滝の白糸』にチャレンジで、これが斎藤雅文脚色大場正昭演出の新バージョンにより意外にもナルホド本当はこういう芝居だったのか!と妙に納得させられる面白さがあった。『滝の白糸』は先代の八重子から観始めて玉三郎のはもちろん去年?の壱太郎主演のまで観ているが、どうも見せ場本意の型物になってしまっている印象で、肝腎のヒロイン水島友と恋人村越欣弥の心情が触れ合う機微はイマイチ伝わらないままに終わっていたが、このバージョンでは有名な水芸のシーンを含めて見せ場を極力割愛し余計な夾雑物を排したかたちで、いかにも泉鏡花原作らしい純な魂の触れ合いが前面に押し出されている。芸人稼業で鍛え抜いた年増女でありながら心の隅に純なものを残していたヒロインが、不屈の魂で志を捨てない青年との出会いにその純なものが引きだされてしまった心の揺れや葛藤を京蔵は決して気張ることのない淡々としたセリフのうちにしっかりと伝えて、セリフ劇の役者としての成長ぶりをも如実に示していた。村越欣弥役の小林大介と敵役南京の寅役の丹下一も役に巧くはまって舞台を引き締め、京蔵を盛り立てた健闘を讃えたい。


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2020年11月25日

チキンジャーキー

先日のQPで見た料理。玉ネギとニンニクのすり下ろしと塩とレモン汁、チリペッパー、オールスパイス、クミンパウダーを混ぜ合わせた汁に漬け込んで一晩置いた鶏もも肉を220度のオーブンで15分焼き、そのあと椎茸とエリンギを加えてさらに10分焼いた。
一方でGOTOを活かしておいて飲食店の時短や不要不急の外出自粛を呼びかけるのはどうよ!!!と、今日は多くの都民が思ってらっしゃるのではなかろうか?都民ばかりでなく多くの国民が、政府は舐めてる!というより国民の良識を宛てにし過ぎ!!!と憤ってらっしゃるのではなかろうか?とにかくあらゆる業界業種において判断力の鈍い人間がトップに立つことはまずない!ので、それで成れてる日本の政治家の質ってやっぱメチャ低いんだ〜(-_-#)と今さらながらに思ってしまった。それにしても小池氏の会見がよりにもよって今日だったために余計に腹が立ったのは、明日中村京蔵の自主公演を観に国立劇場に行く予定だったからで、GOTOは継続らしいから、もちろん私も予定を変えるつもりはありません(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2020年11月24日

塩もみ白菜と豚肉の炒めもの

今日のQPで見た料理。白菜は繊維に沿って細切りにし塩を振って重石を載せ30分以上放置しておく。生姜の千切りと鷹の爪を入れた油で塩胡椒してカタクリ粉をまぶした豚バラ肉を炒め、塩もみしてしっかり水を切った白菜を炒め合わせ、酒醤油砂糖で調味。白菜が美味しく食べられる!ので鍋に飽きたらコレおすすめ(^^ゞ
国内外のニュースが再びコロナ一色になっているけさのワールドニュースで、米国は1分に1人亡くなっている(!_+)計算だという報道に驚いて旧友のモリにLINEメールしたら、折り返し電話があってしばらくその件で話し込んでしまった。やはりモンゴロイドに比べてコーカソイドは重篤化しやすい要素があるんだろうか?とかいろいろ考えてしまうのだけれど、当然ながら米国ではワクチン摂取に託す希望がハンパない感じで、来年の5月までには国民の7割が摂取して集団免疫を獲得できるという政府の発表もあったようだが、果たしてその性急さを見せつけられるにつけて逆に効果や副作用に対する不安のほうが大きくなるのは何ともいえない(-。-;)モリの中高時代の親友で現役バリバリの医師は「絶対ワクチンは射たない!」と明言し、日本人の多くは概ね過去にひいた風邪の免疫があるため新型コロナに感染して発症する可能性は低いといってるそうなので、お互い「彼女の言うことを信じたいよね〜」という気持になったのでした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする