2017年04月30日

海鮮サラダ、鴨肉の塩焼き、コロッケ、玉子焼き他

乗馬の帰りに翻訳家の松岡和子さん(こちらはさいたま芸術劇場の帰り)と大宮東口の「とらぬ狸」で食事。今日はどちらかといえば演劇の話がメインで故蜷川幸雄氏の思い出話をたっぷりと伺ったが、当然ながら「今日のレッスンはどうでした?」と訊かれて乗馬の話にも花が咲いた。
新緑に映え長閑に放牧されてる馬たちを愛でられるクラブの馬場で今週末も幼稚なオランダの子クリトンに2鞍騎乗。1鞍目は部班レッスンのスピーディな駈歩で横木、巻乗り、三湾曲、斜め手前変換、肩内、半巻き、ハーフパスの一通りを両手前ずつ繰り返しでノンストップ走行したら息があがってしまい、「松井さんは20分くらい走ったら休憩を欲しがるからなあ。もうちょっと体力つけないとな〜」とS先生に言われて、何より心肺機能をもうちょっと高めないとな〜と思った次第。2鞍目のマンツーマンレッスンはいきなりハーフパスの練習で、馬体を横にスライドさせる際に自分の体を正面に向けておくことが意外に難しいのを痛感し、何度か繰り返しているうちに最後のほうはだんだんそれらしい感じにはなってきたものの、外方の足でもっと強く圧さないとダメ!と注意され「まあ、ハーフパスは難しいんですよ」と言われたので、私自身まさかハーフパスまでさせられるとは!という感じだと話したら、ハーフパスとかパッサージュをすると馬の頭が起きてくるので駈歩もしやすくなるのだとか。で、いざ駈歩をしたらやっぱり馬が潜り込んで発進すら思うように出来ないので、しばらく一人で乗ってみてくださいと言われて、完全フリーの速歩で巻乗りやら肩内やら見よう見まねのハーフパスを何度かやってみて、その後また先生に下乗りをしてもらって駈歩に挑んだところ、最初はスムースに発進したものの、途中でやっぱり合図の違いが仇になって沈没(-。-;)何しろクリトンは色んなワザを知ってるだけに、微妙な足の位置の違いで駈歩のつもりが伸長速歩になったり、腰内になったり、時にはパッサージュになったりするから馬も私も大混乱に陥って敢えなく沈没するパターンがこのところ続いて、何とか打開策を講じなくては(v_v)と思いつつ「松井さんはとにかくもっと体力と勇気が必要ですよ!」とS先生には発破をかけられましたf(^ー^;


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2017年04月29日

エスニックそぼろうどん

QPで見た簡単なご飯モノをうどんバージョンに代えた。豚ひき肉をオリーブ油で炒めて塩胡椒ナンプラー酒醤油で調味し、それをご飯(私はうどん)にのせて豆苗、香菜、サニーレタスを添えただけ。
夜のお出かけが多かった今週は国内外のニュースに余り触れなかったのだけれど、両トップの人格が疑わしいためにリスキー度が増している朝鮮半島情勢やら、考えられないほど低レベルの自民党政治家の不祥事やら、何かと数あったニュースの中で、意外と私の印象に残ったのは仏大統領選におけるマクロン氏の選挙活動なのであった。この人は国内での人気がある反面エリート臭ぷんぷんな感じで敬遠する向きもハッキリあるようだけれど、ルペン氏との一騎打ちとなった選挙戦後半では、以前からルペン氏の支持層が多いフランスのラストベルトともいえる工場地帯に乗り込んで、大勢の労働者の罵声や暴力を浴びながら、毅然としてその場所で彼らと対話し、説得しにかかる態度を見て、ああ、これがホントの民主主義における政治家なんだ!と改めて思ったのだった。これはたとえば沖縄の辺野古基地建設現場に乗り込んで座り込みを続ける人たちと対話し、説得しようとした主要な自民党政治家がいただろうか?という問題なのである。政治に期待しない分、どんなに踏みつけにされても、権力者をとことん追い詰めるところまで行く人が少ない寛容な国「日本で良かった」と政治家に思わせてはなるまい。劣悪な政治家をはびこらせ、増長させるのは、自分たちの責任であるという自覚を持ちたいものであります(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2017年04月28日

島らっきょの天ぷら、ゴーヤと春雨サラダ、島豆腐と大根のサラダ、ゴーヤチャンプルー、ラフテー、豆乳餃子、ソーキそば他

今日の夕方はPメデフアの三村さん、園芸ライターの光武さんとさいたまスーパーアリーナで開催されている世界盆栽大会の「日本の盆栽水石至宝展」を見てから近くの沖縄料理店で食事。アリーナ会場を埋め尽くす数々の盆栽を見て、最初はアーティフィシャルなオブジェっぽい真柏や黒松に感心し、次いで新緑鮮やかな楓や花を咲かせた樹々に見とれ、最後は可愛らしい草盆栽に癒されるなどして世界に誇るべきBonsaiArtを堪能しました\(^O^)/後は写真でご覧下さい。



このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2017年04月27日

2017・待つ

演劇界の巨星が墜ちて早くも一年が経とうとする今、彼の遺児たちともいえるニナガワスタジオを中心にゴールド・シアターやネクスト・シアターのメンバーを含めてのさいたま芸術劇場公演「2017・待つ 」は、まず簡単な結論からすると予想以上に見応えがあり、マスメディア的スターを主役に起用した商業演劇的な舞台で脇をしっかり固めた蜷川チームの底力を見せつけた舞台といえそうだ。役者各位がチョイスした戯曲を元にそれぞれのエチュードを繰り広げるオムニバス形式であり、チョイスされた戯曲もシェイクスピアあり、アラバールあり、清水邦夫ありとスタイルもバラバラだし、また共通するモチーフもはっきりあるわけではないが、それでいて現在を生きる私たちに示唆的な何かを有する作品が選ばれているように感じられたのは、演劇における現在との接点を絶えず意識し続けた故人の遺志を汲むメンバーの舞台だからこそかもしれない。たとえば現在を生きる私たちにとって切実なテーマである「老い」の行方をシュールな感覚で追求した前田司郎作『逆に14歳』は、最近私が観た舞台の中で最も刺激的な面白い作品であり、主演した岡田正と大石継太にはこの作品の上演を今後も何らかの形で長く続けてほしい気がしたものである。大人数の作品としてはオールドの起用が功を奏した『戦場のピクニック』があり、驚くほどコンパクト且つスピーディに仕上げた『十二人の怒れる男』ありと、非常にバラエティに富んだ全8作品が一気に見られるという体験も頗る新鮮だった。


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2017年04月26日

キャベツとひき肉の重ね煮

QPで見た料理。玉ネギのみじん切りとパン粉と卵を加えて塩胡椒した合い挽き肉をしっかりと練り混ぜ、鍋にキャベツとそれを交互に重ねてトマトを載せ、洋風スープの素と塩胡椒を混ぜた水を加えて30分以上煮込んで仕上げにオリープ油を垂らすだけ。いわばロールキャベツの簡単バージョンで、私は無水鍋を使い、超適当に調味したのに、とっても美味しく食べられました∈^0^∋今日はBBCでも北朝鮮問題を大きく報じたし、国内では今村復興相の事実上更迭辞任など何かとニュースがあるなかで、私が一瞬 (゜;) エエッと思ったのは恥ずかしながらとっても小ネタで、東本願寺の二人の僧侶に残業代が未払いだったというニュースである。お坊さんにも残業ってあるんだ〜もう修業とかじゃないのか〜まあ、東本願寺なら労働者なのかもね〜でもそのうち永平寺あたりでもこういう問題が起きるようになるんだろうか〜などなど考えてしまい、日本仏教の現在というものに改めて思いを致したのであります(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (3)を読む

コメントする