2019年01月21日

扁炉(ピエンロー)

QPのレシピを見て作ってみた中華家庭料理。干し椎茸をひと晩かけて戻し、その戻し汁で白菜、豚バラ肉、鶏もも肉、春雨を1時間ほどじっくり煮込んだだけ。手間要らず調味も不要で、出来あがってからおろし生姜や一味を添え塩を振って食す。干し椎茸をたっぷり使うと贅沢な逸品になりそうだが、今夜はケチって6枚しか入れてません(^^ゞ
食事しながら見始めたのはサッカーアジアカップ日本VSサウジアラビアのLIVE放送。森保JAPANの試合をちゃんと見たのは全く初めてだが、世評通りの期待が持てるチームと納得。前半20分でアジアカップ日本史上最年少ゴールを決めた富安や、堂安といった二十歳の選手がスピーディな動きで攻守共に頼りになる存在だし、柴崎のピンポイント配球や武藤のアグレッシブな走攻や三十代長友のカラダを張ったディフェンスなど見どころ満載。前半戦から押され気味で後半戦はかなりひやひやさせられながらも、富安の虎の子1点を守り切ったのはアッパレでした\(^O^)/ただし武藤がイエローカード2枚で準々決勝に出場できないのはイタイ(>_<)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2019年01月20日

鶏と野菜の黒酢炒め弁当

今日は財布を家に忘れて乗馬クラブに出かけたので、帰りにスイカで買える範囲の食料をゲットした次第(^^ゞ
春が近いというより早春を思わせる今週も愛馬オランダの幼稚な子クリトンに騎乗。蹄の調子が良くなったせいで乗りやすくなったクリトンだが、調子が悪いあいだ試合から遠ざかって調教をみっちり受けることなく1年ほど過ごしたせいか集中力が切れやすくもなっていて、S先生の下乗り直後は歩様もよく誘導も自由自在でこちらが何だか上達したような気分にもさせてくれるのだけれど、レッスン前半の20分こちらがかなりのハイスピード走行を維持できている間はともかく後半こちらが疲れてちょっとでもスピードを落としたり脚力が弱まると途端に集中力を切らして勝手なことをし始めるから油断もスキもないのである。今日は部班レッスンでおまけになぜかクリトンが目の敵にしているサラ栗毛のメロ君が部班に混じっていても、前半は非常に集中して快調に走行していたが、馬体の小さなメロ君との馬間距離は当然ながら詰まってくるため、こちらがスピードをセーブするとイラッとしてまたメロ君に目を付け始めたから、部班を離れて別の馬場で独りで乗っていたら、だんだんと馬体が伸びて駈歩発進できるバランスが喪われたのはザンネンでした(-。-;)それにしてもサラブレッドよりずっと馬体の大きな胴のぶっとい子だから脚で挟むのも相当な力が要って、レッスン開始後20分くらいは持ち堪えられてもその後がなかなか続かない自分にも困ったもんで、先生曰く「たしかにある程度動いたら扶助だけで何とかなるもんなんだけど、この馬はずっとしっかり挟んでないとダメだからなあ」とのこと。要するに何もかも人間の指示通りというか、脚にしろハミにしろ乗り手に頼り切っちゃってる感じの馬なのである。つまりは色んな点で人に甘えちゃう馬というべきか「ヨーロッパは調教も厳しいからフツー向こうで育った競技馬ならもっとピリッとした顔してるんですけどねえ。こいつは競技中はイイ顔してるんだけど、ふだんは何なんですかねえ」と先生。「向こうで一体どんな飼われ方をしてたんだろう?と思いますよね」と私。「広い庭で子供のペットにされてたとかじゃないのかなあ」てな会話をクリトン君に聞かせておりました(^◇^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2019年01月19日

馬トモ新年会Part2

今夜は翻訳家の松岡和子さん、元ミセス副編の福光さん、旧乗馬クラブのオペラ歌手のSさん、人事部のSさんの揃い踏みでわが家の会食。メインはカニ脚しゃぶ鍋で、最近ワタシの冬定番になった鶏肉と大根の韓国風炒め煮、福光さんからもお手製のマリネ類をたっぷり頂戴し、みんなでガッツリ食べて年末特番「馬の贈り物」のDVDを見たりしながら馬バナシに終始(^◇^;) 今や地球上ホントに大変な問題が山積みで、皆さん個人的にもそれぞれ色んな問題を抱えつつも、やっぱ馬という動物がいてくれて本当に良かったね〜と思える一夜のステキな宴会でした\(^O^)/


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2019年01月18日

豆腐ピカタ

前にQPで見た料理。ペーパータオルと重石でしっかり水切りした豆腐を二等分してさらに厚みを半分にして塩胡椒し、小麦粉をまぶしてから卵マヨネーズ粉チーズを混ぜ合わせたタレにつけてフライパンでソテーする。付け野菜は塩茹でしたブロッコリー。マヨネーズとケチャップを混ぜ合わせたオーロラソース (と呼ぶらしい)をつけて食す。
今日は午後に日経新聞の取材をお受けして新作『芙蓉の干城』についていろいろと話したが、インタビュアーが入社二年目という若い記者だったのは少々ビックリで、そんなに若い方が拙作を面白く読んで下さったのはとても有り難いことでした>^_^<
ところで、けさ見たBBCでは日立の原発撤退も大きく報じられていたし、ワールドニュース全体ではもっと重要な意味を持つニュースがほかにいくつもあったのに、ワタシ的にインパクトがあったのはやはりBBCのトップニュース。エリザベス女王の夫君フィリップ殿下が97歳で自動車を運転し、なんと午前3時(!_+)に領地から公道に出たところで事故に遭い、重量級の車が横転するほどの大事故だったにもかかわらず、自分で車から降りてこられたという情報もあるほど、今のところご無事らしいとの報道は色んな点でスゴイ\(◎o◎)/と思いました。96歳で南米最高峰に挑む三浦雄一郎さんもスゴイけど(^◇^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2019年01月17日

ヒレカツ弁当

今晩は妙にガッツリ食べたくなって大宮駅前にある「新宿さぼてん」でゲットしました(^^ゞ
今朝のワールドニュースでやっぱりそうなんだ〜と思ったのはフランス2が報じた中国経済の失速で、もちろん日本のTVも報じてはいるが、ご近所のわりに具体的な取材映像を見せられた気がしないし、フランスは昔から英米よりも中国と親しい関係にあるらしので、報じ方にもそれなりの信憑性が感じられた。
で、米中貿易戦争の影響は相当深刻なことが街の様子たとえば衣料品等がゼンゼン売れずに困っているショップの映像なんかもたくさん出て来たのだけれど、中国の経済評論家が2018年の経済成長を、政府の出している6.5%が完全な嘘っぱちで実質1.65%だとネット上で発表した映像を流したので、ええっ!今の中国はこんな大胆な発表もできるんだ\(◎o◎)/〜と思っていたら、即そのネット映像は消されたというナレーションだったのもやっぱりな感じでした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする