2022年09月30日

ひっつみ汁

今日のQPレシピを適当に作りかえてみた。ひっつみは中力粉か、薄力粉と強力粉を混ぜてつくるところが、ウチに残っていた白玉粉と薄力粉を混ぜて作ることに(^^ゞ 釧路土産の羅臼産の昆布だしを煮立てて鶏もも肉、イチョウ切りの大根、半月切りのニンジン、斜め薄切りのゴボウ、舞茸を煮てアクを引いてから酒、味醂、醤油、塩で調味し、いずれも柔らかく煮えたら斜め薄切りの長ネギとひっつみを加えて火を通し、水菜を添えて七味を振って仕上げた。
今日の午後は赤旗の金子記者と朝日新聞の野波記者から『愚者の階梯』に関するリモート著者インタビューを立て続けに受けて、問われるままに何かとお話しした次第。昨日の「オール読物」の八馬さんもそうだったが、両記者とも『壺中の回廊』から同シリーズをしっかり読み込んでくださった上で、現代の世相と共通する時代の空気を指摘されて、シリーズ全体の構想をどこまで意識したかを訊かれたので、時代ミステリーを生みだすのは難解なパズルを解くのと同様アタマちぎれそうな感じになるから、頭脳も年老いた今、当初は3部作にまで持ち込める自信はとてもなかったことや、何とかまとめられてホッとしたことを正直に申し上げたのだった。それでも昭和初期に設定したのは、日本が破滅的な戦争に向かう過程の一体どこが決定的なターニングポイントだったかを把握したい気持ちがあって史料を読み続けた結果、法曹界における権威でもあった美濃部学説が突如排斥されて、天皇が超法規的な存在になってしまった昭和10年が、実は後世に思われている以上の重要なポイントだったという認識で『愚者の階梯』を書き綴ったのは確かなことをお伝えしたのである。最後に野波記者が「今度は同シリーズのスピンオフというか延長線で、戦後三部作シリーズをやりませんか」と仰言ったので「そんなのやったらアタマちぎれて死んじゃいます!」とお応えするしかなく(^_^;)何せこう見えて来年あたしゃ古稀を迎えるんだから(-。-;)と言いたかったのであります(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2022年09月29日

早稲田な一日

今日は午後から早稲田に出かけて、まずはリーガロイヤルHのラウンジで「オール読物」の著者インタビュー取材を受けた。インタビュアーは「オール」の新担当八馬さんで、今までミステリーを担当することが多かったという方から『愚者の階梯』を絶賛してもらえたのは何よりでした(*^^)v 『愚者の階梯』のインタビュー取材を早稲田で受けるのは今回が2度目であり、同シリーズの主人公が早稲田の講師という設定だから完結編の取材場所にふさわしいというのもあるが、前回は演劇博物館主催の素浄瑠璃イベントに参加するのとからめてのこと。今回は前にこのブログで紹介した ポートランド州立大学の英語歌舞伎が同大学の小野講堂で上演されるというお知らせを旧友のモリからもらって観劇に駆けつけた次第だ。
演目は前にYouTubeで見た『鰯売恋引網』で、大人数の来日はさすがに無理だから主役の男女2人だけで演じるハイライトシーンの上演に限られたものの、マイケル君とエミリー嬢のお二人はナマで見ても単なる学生さんの余技とはとても思えないプロ級の役者としての魅力がたっぷり感じられたし、上演の過程や衣裳製作等々の具体的な説明も聞けて大変に見応えのあるイベントで、満席の場内からは大きな拍手が送られていた。モリの紹介で主宰者のコミンズ教授や衣裳担当の奥様にもご挨拶を申し上げ、義太夫三味線の烏丸ゆみさんからは浄瑠璃の英語バージョンを生みだす苦労話を伺ったし、また会場には歌舞伎の中村京蔵丈や清元志摩太夫ことマーク大島氏ら古典芸能芸関係者の姿も多く見えて、当ブログでお馴染みのウサコの母さんにもお目にかかれたのは何よりでした。
会場を出たら急に雨が降りだしたので、お誘いくださったモリご夫婦とは早めにお別れして帰宅したところ、郵便受けに早稲田でお世話になった故河竹登志先生の夫人からお手紙が届いていた。『愚者の階梯』の主人公桜木治郎は登志夫先生のご父君であられる河竹繁俊先生をモデルにしているため、夫人はシリーズ全作に目を通して下さっているのだが、今は登志夫先生の昭和7〜12年の日記を河竹オンラインHPにUPしておられて、たまたま昭和10年4月6日の満州皇帝来日の件をUPされた直後に『愚者の階梯』に目を通されて、その話が冒頭に出てくるので非常にビックリされたとのこと。というわけで今日は夜まで何かと早稲田に縁がある1日でした(^^ゞ


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2022年09月28日

鯛のカルパチョ、ベーコンとジャガイモの温野菜サラダ、鮭の白子ポン酢、豚の角煮、焼きしゃぶ鍋

今日はワタシの誕生日\(^O^)/というわけで朝から皆さんのメールを頂戴してたのだけれど、昼過ぎにPメディアの三村さんから急電が入って「おめでとう!大宮で晩ご飯しよう」とのことで大宮在住のアニメーターMiMiさんもお誘いして、久々に近所の隠れ家レストラン大宮0760で会食。鮭の白子はみんな初物で、やっぱい鮭らしい味がする!!と感心し、焼肉としゃぶしゃぶが同時に食べられる焼きしゃぶ鍋なるものも噂に聞くばかりだったので、69年間も生きてきて初の食体験がまだあったんだ〜ヽ(^0^)ノと何だか嬉しくなりました(^^ゞ


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2022年09月27日

厚揚げと豚肉の中華風とろみ煮

今日のQPで見たカンタン料理。豚の細切れ肉と一口大に切った厚揚げに塩を振ってカタクリ粉をまぶしてから、オイスターソースと砂糖と醤油を入れた水が沸いたところに投入し、さらに長ネギとニンジンと椎茸と生姜の薄切りを加えて四分ほど煮るだけ。野菜から水分が出るので最初に沸かす水は少なめでOK。
食事しながら見たBS-TBS報道1930は今日催行された国葬の特集。ワタシは通常通りに仕事してTV中継を全く見なかったから、同番組でダイジェスト映像が見られるかと思いきや、これまた映像がほとんどない番組だったので、結局わからずじまいでおります(^^ゞ「本物の国葬」と言われていたエリザベス女王のそれも釧路旅行中で全く見なかったし、考えてみたら知り合いでもなく、何か恩恵を受けたわけでもなく、ファンというわけでもない人のお葬式にさほどの関心が払えないのは当然かもしれない。それなのに税金を使われちゃって腹立たしいのはご多分に洩れずといったところだろうか。とはいえこの国葬がなければ、アベさんも海外では評判よかったみたいだし、日本の存在感も今ほど薄れちゃいなかったんだよね〜てな具合に惜しむ声がもっと大きかったに違いなく、なまじ国葬にしたことが故人を顕彰するよりむしろ悪行や失政を想い出させる装置になっている現象が何とも皮肉で、その一点が国葬を強行したことの最大のメリットと考えられなくもないのだった。それにしても国民に弔意は求めないけど国税はちゃっかり使うという国葬の異常さはまさに岸田政権の何かにつけて煮え切らない感じを象徴するようなイベントともいえるのでした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)を読む

コメントする


2022年09月26日

大根ネタ3品

釧路旅行中の食べ過ぎと帰宅後にお土産の食べ過ぎでいささか胃もたれ気味なのか(^_^;)今晩は食べたいモノが大根しか浮かばなくてこのメニューに(^^ゞ大根おろしに添えたのはしらす干しと焼いた油揚げ。油揚げは大根と一緒に炊いたものも。もう一品は拍子木切りにした大根に塩してしんなりさせ、ツナ缶とマヨ和えにしたサラダ。
けさのワールドニュースでも、晩ご飯食べながら見たBS-TBS報道1930でもついに動員令が出たロシアの混乱ぶりが報じられたが、国外脱出を試みようとしているロシア市民がフランス2のインタビューに「戦争に行くのが怖いのではなく、ロシアがどんどん悪い状況になっていくのが怖い」と話していたのが印象的だった。何しろ最初は「特別軍事作戦」とかいわれて軍事訓練をされるような気持ちで戦地に向かった青年も沢山いたようだし、多くの市民にとっては遠くの他人事にしか感じさせないような報道の仕方だったのが、いつの間にか本格的な戦争に突入していて、しかも敗色濃厚になりつつある中での動員令となれば誰しも逃げだしたくもなろうというものである。動員しても投降者続出だったり戦意喪失で戦況を覆すところまで行けなかったら、ロシアが次にどんな手を打つのかは世界中が想像したくないところだろう。そもそも口喧嘩ならいいけど手は出しちゃダメよ!と言われていたのに手を出しちゃった相手に、素手で殴り合うのはいいけどヌンチャクとか使っちゃダメよ!というような注意が通るわけもないので、これからがむしろ本当に大変なことになりそうで恐ろしい限りであります(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする