トップページ > 2021年10月の月別アーカイブ

2021年09月 |メイン|

2021年10月01日

煮込みラーメン

夕方買い物に出かけたら寒いくらいだったので鍋にしようか(?_?)いや、まだ鍋は早いよね〜というわけで最近CMでよく見るこのメニューに。具材は豚バラ肉、キャベツ、玉ネギ、長ネギ、ニンジン、シメジと市販キットの箱通りに作ってみました(^^ゞ 
食べながら見たのは相変わらずのBS-TBS報道1930で、いわゆる3Aの雇われマダムならぬ雇われ総裁みたいな岸田新政権の党人事を特集。田坂シロジイにいわせると、これでもまだアベボンの意向は反映不足なんだそうで、てことは高市幹事長狙いだったんだろうか(?_?)結果はわが妹が「悪代官」の顔そのもの!!と評する麻生派のアマリ氏が幹事長で、福田jrの総務会長抜擢もアベボン的には不本意だったらしく、新総裁としてはいかにアベ色を出さないようにするか腐心の人事なのだとか。まさに起死回生で返り咲いた岸田氏だけに、今後も粘り強くアベ離れ即ち右派の清和会離れをして、保守本流のリベラルな宏池会政治に回帰する可能性が皆無とはいえないものの、ワタシから見て今一つ頼りない感じがするのはやっぱり年下の男子だからだろうか(^_^;)ともあれドイツのメルケルさんの後がまになったラシェット氏なんかに比べたら、前任者が酷すぎて、誰でもマシに見える分ラッキーかもしれない岸田氏であります(-.-;)y-゜゜




2021年10月02日

皿うどん

何だか昨日と変わり映えしないメニューですが、これまた市販キットで作りました(^^ゞ
変わり映えしないといえば総裁選を終えて表紙の顔だけ変えた自民党もそうで(-。-;)今週の国内ニュースはとにかくこの話題で持ちきりだったが、日本がすっかりサラリーマン社会になった今日、所詮、多くの国民からは某社の経営陣交替と人事異動みたいな興味で見られていたのではなかろうか。で、叩き上げの専務派から創業者の御曹司グループに経営権が移ったようでもあり、悪目立ちする御曹司は避けられて地味な御曹司に光が当たったようでもあり、女性部長が意外と肝すわってたよね〜と評価されたようでもあり、怖面の前社長より温厚そうな感じだけ今度の社長のほうがましかもね〜と官僚社員に思われたようでもあり、まあ、どっちみちガタが来てそうな同族会社だけど、ここの一社独占状態みたいな感じだから一応お任せしとくしかないんじゃないの〜的なアパシー感満載の国民だったりするんじゃなかろうか(^◇^;)それにしても、日本は近代において脱亜入欧を唱えながら途中で国粋主義に走ったりしちゃったわけだけど、結局は東アジアの国なんだよな〜という思いが昨今ひしひしとするのは、ワタシが子供の頃は戦後のいわゆるガラガラポンによって、政治でも、企業でも、古典芸能の世界においてでさえも、創業者的パワーを備えた人たちが新たな日本を創りあげようとしている姿を子供心にも見ていたせいかもしれない。そういう過渡期が過ぎて通常の状態になれば、日本はたちまち東アジアの一党独裁的なあるいは大政翼賛的な官僚国家に逆戻りし、理念なんかどうでもいいような政治家たちがただただ利権を巡る縁故社会を形成するに過ぎない、という意味では中国や韓国とそう変わらない国なんだよね〜(×_×)と思わざるを得ないのでした(-.-;)y-゜゜


コメント(1)

チュニジアの新首相、傀儡という意味では日本も似た様なモノですね。念願の総理の座が叶ったので、人事はアベの言いなり、贈収賄アマリも極右タカイチも重要ポストに据えた新総裁。見た目は暗―い眼付の現職よりマシでも中身は一緒。来たる総選挙で必ず政権交代させなければ!
チュニジアは30年前の新年に初めて旅したアラブ圏ですが、真っ青な空と白い壁に街路樹のレモンが映えて美しい国でした。そして室町テラス「富錦樹」はティーセットの冷菓・焼菓子盛合せ・台湾茶が素晴らしく、次は食事に、と思って以来、まだ果たせません。

投稿者 ウサコの母 : 2021年10月02日 21:24



2021年10月03日

レンコンのエスニックサラダ、おこわ弁当

乗馬の帰りに大宮エキュートでゲット。
台風一過で夏に逆戻りしたような今週末も愛馬オランダの幼稚な子クリトンに騎乗。
クリトンに下乗りされた石田先生が「今日は何だが凄いパワーだよ〜」と珍しいことを仰言って騎乗したら、たしかに前進気勢が旺盛でグイグイ行く感じだし、常歩も速歩も非常にいいのが騎乗して久々に実感された。先週も復調の兆しがあったとはいえ「先週とはゼンゼン違うよね、見た目もふっくらしてきたし」と先生が仰言ったように騎乗してもマタガリ感がゼンゼン違って、要は一週間でふしぎなほど外国産馬らしいドッシリした馬体になったのも実感されたのだった。というわけで駈歩レッスン再開なるも、こちらが体力負けして速歩で逃げられてばっかりだから、先生曰く「馬体がまだ前ほど起きた状態じゃないので、僕でも今はハミをグッと持っていかれちゃう感じだけど、もう少し起きてきたらハミが軽くなるんで大丈夫ですよ!」とのこと。ともあれクリトンが全快した様子なのは「天高く馬肥ゆる秋」を地で行く馬体の充実ぶりに窺えるも、餌の量は別に変わったわけでもないのに、馬は体調によって体重の増減があるらしいのを改めて知った今週末、馬体の充実したクリトンは食欲も超全開状態なのか、朝昼晩の飼い葉に加えて夜食の乾草まで頂戴しながら、おやつを他の馬にもやったりすると狂ったように暴れだし、厩舎の板壁に蹴りを入れて大きな穴まで開けちゃったのが何ともいえませんでした(-。-;)ところで今週末は緊急事態宣言開けとあってか最近お見かけしなかった会員さんが結構いらっしゃったが、中には久々に姿をお見せになったドクターの会員さんもあったので、ようやくコロナ禍も終息とまではいかなくとも一段落はしたような印象を受けたものであります。元ミセス副編の福光さんも久々の来厩だったけれど、こちらは8月にめでたく初孫の誕生を迎えられて、しばらくシッターをなさってたからでした(^◇^;)写真はクリトンと反対にいくらエサを食べてもゼンゼン肥れない牝馬たちです(-.-;)y-゜゜


コメント(1)

オランダも王室がありますよね

今朝子さま、何日か前のニューヨークタイムズだったか、どこだったか忘れたけど、
Art insiders say top New York galleries are already seeking to hire her, given her knowledge and connections in Japan.

というのがあって、あ、そうか、眞子さまこそが大黒柱なんだ!って、目が覚めるような思いでした

ニューヨークのメガ画廊が争奪戦してるなんて、とびかってる条件や金額って、サッカーのスター選手の感じかそれ以上なのか、見当もつきません

ユージェニー王女という先駆者がいるからなんでしょうか
エリザベス女王のお孫さんて、故ダイアナ妃の2人の王子ばかりじゃなく、他に6人もいらっしゃるんですね
2013年にユージェニー王女がアメリカに引っ越した時、オークションハウスPaddle8でお仕事して、2015年にロンドンに戻って、メガギャラリーのHauser & Wirthでお仕事してるんですね
2014年に、眞子さまがレスター大学院博物館学研究科に行って、修士号とったのも、そういうことだったのかしらねぇ
すごいなぁ、眞子さま
甲斐性があるっていうのか、自らを恃みとするって、いいわぁ、ハンサムウーマンってこういう人をいうんだろうか
男性の好みは、ちょっとわからないところがあるけど
あと、すごーく細かいことだけど、眞子さまのコラム、IMTだっけ日本郵便と東大大学院が一緒にやってるインターメディアテクとかいうのの「研究者コラム」で、眞子さまが直近お書きになってる「辛螺色(にしいろ)」に関する文章の中に、『園太暦』が出てくるんだけど、暦が歴になってる。これが気になってしょうがない。ちょっとイジワルな人に、なんか言われる前に訂正しておきたくて
これをどなたか、そっとお伝えして、訂正してほしい
できる人、いらっしゃいませんか

投稿者 せろり : 2021年10月05日 11:52



2021年10月04日

鯛の昆布締めと湯葉の突き出し、カツオの叩きサラダ、豚のスペアリブ煮、海老と甘唐辛子とミニトマトと舞茸と煮穴子と白茄子と生麩と鶏ささみの天ぷら

今夜は米朝事務所の大島さんと音楽ライターの守部さんと幻冬舎のヒメと久々にわが家で会食。例年春にしてたのがコロナ禍で延び延びになってた天ぷら会食を、ようやく緊急事態宣言明けしたところで、ワタシと守部さんの誕生祝いをかねたかたちで、大島さんがわが家に食材を持参されて次々と目の前で揚げて下さるのを、天ぷらは自分で作るよりやっぱ人に揚げてもらうに限る!と思いながら美味しく頂戴しました<(_ _)>
今日は岸田内閣発足の日とあって、その話題に終始するTVニュース画面を全員ムシ!!して、なんでいまだにアベが大きな顔でのさばってられるんだろう?そりゃアベは祖父さんの代からアメリカと結託してて、日本は所詮アメリカの属国だからじゃないの〜というような話を口々にして、それにしてもコロナ感染者数の激減は却って怖い感じだよね〜そりゃきっと選挙があるからでしょう!だから11月中旬まではゼッタイ大丈夫と異口同音で一致し、みんながそう思ってるって一体どんな国やねん!と全員苦笑するしかありませんでした(^◇^;)




2021年10月05日

鶏肉、豆腐、小松菜の塩炒め

昨日のQP料理。1㎝幅の削ぎ切りにして塩胡椒してカタクリ粉をまぶした皮なし鶏胸肉を炒め、生姜とザーサイの千切りと小松菜の茎を合わせて蒸し炒めにし、大きめのサイコロ状に切ってしっかり10分ほど水切りした木綿豆腐と小松菜の葉を足して、醤油酒砂糖塩胡椒に水を加えた合わせ調味料を注いで葉がしんなりするまでさらに火を通し、仕上げにカタクリ粉でとろみをつける。
けさのワールドニュースではドイツZDFが日本の新政権を意外にしっかりと、しかも結構ひややかに紹介していたのが印象的だった。経済規模で世界第3位の日本は新型コロナ禍に苦しんでいる中で首相が交代し、岸田新総理は数十兆円規模の経済対策を唱えて国民一人一人の所得が増える方向を目指すと発言しているが、長期間政権を握っている保守政党の政治家だけに国民の多くは懐疑的だと報じ、渋谷の街頭インタビューに切り替わると、インタビューに答えた若い見た目チャライ感じ男性は「経済が根本的に変わるとは誰も信じていません!」とハッキリ言い切ったし(!_+)自宅療養患者の診療に当たっているタシロさんという若いお医者さんが「今はだいぶ落ち着いてきているけど、これでまた政府が危険を過小評価しないか危惧しています」と実にシビアな答え方をしたものである。またカーボンニュートラルの取り組みに関しても、保守政党は国民がいかに反対しようとも原発ありきの姿勢をゼッタイに崩すことはなさそうだと報じていた。いやはや何だか身も蓋もない紹介だったが、短い時間で端的に伝えようとしたら、やっぱりこうなるわけだよね〜と思うしかありませんでした(-.-;)y-゜゜


コメント(3)

今朝子さまは、若い人の言葉遣いに気になることはありませんか?

私は、少し前から、学生でなんとかいうところの代表になっている女性が、口癖のように言う「むずがゆい」が、どうなんだろうなぁ、と思います

きっと、言いたいことは、「もどかしい」というようなことと思います

それは、「歯がゆい」という日本語があります
「むずがゆい」というのは、ほんとに「かゆい」ことです
これは、ずっと、彼女が使い続けているので、これが日本語として定着するとイヤだなぁと思います
これは、狭量なのでしょうか?
こういう風に、言葉は変化していくのでしょうか?

投稿者 せろり : 2021年10月07日 22:24

その誤った言い方は恐らく「むずい」(これも若者コトバで難しいという意味らしい)と「歯がゆい」をMIXしたものなんでしょうね(^0^;)どういう団体の女性代表なのか知りたいもんです。

投稿者 今朝子 : 2021年10月09日 21:27

あら、まぁ、今朝子さまから返信をいただけて感激です

「NO」ではじまる団体で、「若い世代なくして日本はない」という意味のところです

23歳の彼女が言う意見の内容は、とてもいいです

ただ、その「むずがゆい」が、ひっかかるのです
やはり、これはババァのイケずなのでしょうかねぇ

投稿者 せろり : 2021年10月09日 22:37



2021年10月06日

豚肉と茸の生姜焼き

昨日のQPで見た料理。豚ロース肉は塩胡椒し、片面に薄力粉を振ってその面を下に炒め、さっと火が通ったらいったん取りだしておく。椎茸の薄切りとバラしたシメジをフライパンに焼きつけるようにして炒め、縦薄切りにした玉ネギを炒め合わせて蒸し焼きにし、おろし生姜、酒、醤油、味醂、水を混ぜた合わせ調味料を注いで豚肉を戻し入れてからめる。
今年のノーベル医学生理学賞はタイムリーなmRNAワクチン開発者ではなかったが、地球温暖化現象の研究者が受賞した物理学賞は、今夏欧州全土が異常気象による災害に見舞われただけに大変タイムリーだったというべきなのかもしれない。それにしてもCO2が地球温暖化の要因になることを、半世紀も前に日本人が発見していた\(◎o◎)/!にもかかわらず世界の先進国の中で日本はこの問題に最も関心薄のように見えるのが何とも皮肉であった(-。-;)まあ、これを機に関心を深めたらいいようなもんだけれど、TVで眞鍋氏の紹介の仕方を見たら、そうはとても期待できない感じである。けさのワールドニュースではZDFが眞鍋氏と一緒に受賞されたドイツの研究者ハッセルマン氏の会見を報じたが、曰く気候変動は短期の対処法で何とかできる問題ではなく長期間にわたって集中的に忍耐強く取り組んでいかなくてはならない問題であり、そういうことは人類がこれまで余り経験しなかったことなので、大切なことはまず経験していないと自覚することだと明言されて、ナルホド(-_-;)と改めてこの問題の深刻さを考えさせられました(-.-;)y-゜゜




2021年10月07日

長芋と牛肉の韓国風煮もの

今日のQPで見た料理。牛肉の細切れはさらに小さく切って酒、醤油、たっぷりめの砂糖、おろしニンニク、ゴマ油を混ぜ合わせたタレを揉み込んで火を通し、いったん取りだしておく。大きめに切った山芋をフライパンに焼きつけるようにして色づくまで炒め、ニンジンの細切りを炒め合わせ、水とコチュジャンを加えて17~8分蒸し煮にしてから肉を混ぜ入れる。長芋は面倒でもキッチンペーパーでぬめりをしっかり拭き取ってから炒めたほうが味がしみやすいとのこと。長芋とは思えないホクホクした食感が楽しめます∈^0^∋
午前中から眼鏡がどこに行ったか、というよりどこに置いたかわからなくなって、パソコン用の眼鏡はあるので仕事を続け、狭いマンション住まいだからホンキで探せばすぐに見つかるはずと思いきや、夕食後にあちこち隈なく探してもいまだに見つかりません(-。-;) ああ、スマホなら家電からかけて鳴らすところなのにな〜だれか発信音の付いた眼鏡を開発してくれないもんだろうか (-_-;) と思いながらまだ探し中なので、今宵のブログはここまでにしておきます(-.-;)y-゜゜


コメント(1)

コメント入力が何年ぶりかわからなくなってしまっていますが、地震お見舞申し上げます。先生のお住いのエリアは震度4と報じられておりましたが、室内の食器や書籍は崩れたりしませんでしたでしょうか。こんなときに普段使いの眼鏡が行方不明だったということでご不自由だったかと思います。
3.11のときはその後の4月になってから大きな余震があり、たまたま食器棚のガラスが開いていたので、本震のときよりも多くの食器が割れてしまいました。どうぞお気をつけてお過ごしください。

投稿者 yosi : 2021年10月08日 06:42



2021年10月08日

豚しゃぶとレンコンの柚子胡椒ポン酢和え

近所のマルエツに美味しそうなレンコンがあったので、即ゲットしてこのメニューに。薄切りして茹でたレンコンと豚しゃぶ肉を柚子胡椒、ポン酢、ゴマ油で和えて仕上げに薬味として貝割れ菜をトッピング。
昨夜は眼鏡がなかなか見つからなくて往生し、ソファーの下や食器棚の中まで探してもダメだったのでいったん諦めて、災害時の持ち出し袋から予備の眼鏡を取り出してかけ、T V ニュースを見ながら乗馬マシーンにまたがって揺られていたら突然緊急アラート音がビービー鳴るので慌てて飛び下り (@_@;) じっと身構えていたが、そこそこ揺れてもモノが落ちるほどではなかったし、揺れてる時間も短かったのでほっと一安堵した次第。yosiさんにお見舞い投稿を戴いて恐縮です<(_ _)> ブログ読者の皆様も大過なくおすごしと拝察致します。幸い眼鏡は今日の午後になってやっと洋服ダンスの中で見つかりました(^^ゞ
TVニュースは「埼玉震度5強」のテロップを踊らせたものの、大宮のわが家は東日本大震災の時よりもはるかに揺れ方が弱かったし短かったので、アラート音がなければ全く心配せずに済んだくらいだから、まさか被害が出るとは思わなかったのだが、けさのTVニュースを見たら東京で水道管がやたら破裂しているのにちょっとビックリ(!_+)大正の関東大震災が安政の大地震に増して火災被害を大きくしたのは、なまじ水道に頼るようになっていたからで、水道管の破裂がその信頼を覆したといわれているだけに、もちろん大正当時よりはうんと強化された設備だろうけれど、老朽化の懸念は大きいといわなくてはならない。水道管に限らずあらゆるインフラの老朽化は深刻なはずだし、一方で修復補強の作業も進んでいるはずだと信じたいのだけれど、今日電話した京都の妹は「オリンピックとか万博とかで要らん工事ばっかりしてて、それで必要な工事が遅れてしもたり、出来んようになってたら、どないもならんで〜!」と憤慨しておりました(-.-;)y-゜゜




2021年10月09日

レンコンとトマトの練り胡麻マヨサラダ、ポークカレー

昨日のレンコンの残りがあったのであったので、このメニューに(^^ゞ サラダは薄切りして茹でたレンコンと角切りしたトマトを練り胡麻、マヨネーズ、塩、味醂で和えた。ポークカレーは市販のレトルト。
食事しながら見たTBSの報道特集の一つは当然ながら今週中に所信表明演説を終えて新たなスタートを切った岸田政権についての考察で、一応は自民党ハト派の比較的リベラルな宏池会の政権なわけだけど、超タカ派の高市氏を始めタカ派である細田派を閣内に結構取り込んでいるし、広島出身なのに核廃絶条約に批准する気もなさそうだし、首相自ら敵基地先制攻撃を容認する発言があったりするのは、どうよ (-_^:) という視点で斬り込んでいた。宏池会の長老古賀氏にいわせると「悪魔と組んで」取れた政権は、今後いかに悪魔と手を切れるかが問われることになりそうだが、一方で常軌を逸脱しつつある習近平政権の中国との関係からタカ派的な論調や民意の高まりもあるだけに、同党内の舵取りは難しそうである。
それにしても細田派=清和会が長らく自民党を牛耳ってきたことの弊害は多々あるとはいえ、その最たるものは日本の若年層の多くを先進国一「意識低い系」にしてしまったことではないか(?_?)と昨夜はBS-TBS報道1930を見ながら思ったものである。投票率が低いのみならず政治・社会問題に対する関心の薄さは昨今の世界を見渡せばちょっと異常なほどだし、それは家庭教育もさることながら公教育の欠陥によるところが大きいはずで、ある時期から文科相を代々務めてきた清和会の文教族の責任が強く問われるべきだろうと思う。平たくいうと日本の多くの小中高では、議会制民主主義政治に主体的に参加する市民意識を植えつけないのが大問題で、そうなったことの理由については昨夜の番組で解説者の堤伸輔氏が婉曲的な言い回しをされたが、要は共産党系の日教組VS自民党の文教族の確執が、学校を政治については何も語れない場にしちゃったことで、結果的に社会性の希薄な意識低い系の若年層を量産してきたところがあるに違いなかった。共産党も何だけど、清和会文教族は「日本は天皇を中心とする神の国」とか言いだしちゃうモリ君がトップの集団なわけで、どっちもどっちとしかいいようのないケンカの末に、今や裕福な家の子も経済的に恵まれない家の子も、共に身のまわりしか見えなくなって根本的な問題意識を持ち得ないまま成長する結果、社会の分断は激しくなるも、それを「親ガチャ」とか言って気持ち誤魔化しながら住み分けで何とか凌ごうとするのが現在の日本社会の在りようなんだろうし、結局だから自民党政権でいいやと考えちゃう人もいるわけだよな〜(v_v)と思われる今日この頃であります(-.-;)y-゜゜




2021年10月10日

海鮮焼きそば、生ハムとルッコラのサラダ

乗馬の帰りに大宮エキュートでゲット。東京オリンピック1964が開催された日付の今週末も愛馬オランダの幼稚な子クリトンに騎乗。先週も調子が良かったクリトンだが、今週はさらに「馬体が起きて本当に良くなってるね!」と石田先生を感心させたくらい上々で、後肢が充実して歩様が良くなったばかりでなく、背肉もしっかりついてきたせいか乗り心地が非常に柔らかくて最初から静反動ができるくらいだし、発進の合図もよく伝わってA点ならA点、C点ならC点で寸分違わずパッと走りだすので「こうなると跛行する前に何だかグタグタしてたのはワガママじゃなくて、やっぱり蹄か脚の調子が徐々に悪くなってたってことなんだよね〜クリトンはガマンしてたわけだ」と石田先生。オシッコをガマンするのに最初に気づかれた装蹄師のHさんから以前「この馬は非常にガマン強い馬だから、無理させない用心をしたほうがいいですよ」とアドバイス戴いたのも想い出されたが、口が利けない動物の気持ちを察するのはなかなか難しい面がある。とはいえクリトンは今まで見た馬の中で人間とのコミュニケーションには最も長けている?ほうで、オシッコがしたい時は必ずワタシのカラダを噛んで報せるのだけれど、当初は馬房でしか絶対オシッコをしなかったので、そのつど厩舎に戻すのが大変でした(-。-;)エサやおやつをねだる時はふつうの馬でも「前掻き」といって前肢で床面をひっかく動作をするが、クリトンの場合前肢で飼い葉桶をガンガン叩き、馬房の境の板壁を後肢で蹴ったり全身体当たりで厩舎の外まで鳴り響く音を立て、時にはそれにヒヒーンという甲高いイナナキも加わるド派手なアピールで他の馬たちに大顰蹙を買ってるのだった(-。-;)水をよく飲んでくれるのは疝痛予防にもなるからいいとしても、暑い時期のレッスン後はポカリスエットの粉末を入れた水でないとバケツを鼻で押し戻して拒否るし、粉末をケチって半分の量にしても味が薄いと感じるせいかやっぱりバケツを鼻で押し戻すから困ったもんである(-。-;)で、ブラッシングをしてやっても、ここの部分を先にして!と言わんばかりに馬体をねじってこちらに押しつけてくるし、磁気マッサージ器による手入れを好んで、こっちがそれをうっかり忘れると地団駄を踏むように蹄を鳴らすし、とにかく自分の欲求を満たすことにかけてはハンパない意思表示をする馬なので、騎乗中もむろん相当な体力が要求されるが、下馬してからも世話するのでヘトヘトにさせられるクリトン君でした(-.-;)y-゜゜




2021年10月11日

ジャガイモとニンジンの肉巻きカレー風味

今日のQPで見た料理。ジャガイモとニンジンの細切りを豚バラ肉で巻いて野菜に火が通るまでじっくりと炒め、脂を拭き取ってからカレー粉と塩を混ぜたカレー塩を振って、酒砂糖醤油の合わせ調味料を回しかける。ニンジンはジャガイモより細めに切ること。豚バラ肉の巻く面にもカレー塩を振っておくこと。巻き終わりを下にして固まるまで動かさないこと。
けさのワールドニュースでひどく印象に残ったのは、カリフォルニアの天然記念物である全長7,80メートル級の巨木ジャイアント・メタセコイアが去年の山火事で150本中80本も焼失したというフランス2局の報道だった。樹齢2000年以上もの古代樹がごく近年になって急速に数を減らしているという現象は、現代人の社会がこの地球に負荷をかけていることの証左でなくしてなんであろうか(-。-;)もはや人間中心主義という本義でのヒューマニズムが通用せず、人類が望む自由と平等や、豊かさと便利さの追求や、めでたいとされる長寿と誕生も、それらが絶対的な善であり正しさではなくなったと認識を改めなくてはならない時代に突入したのかも……という気がしてきたのでした(-.-;)y-゜゜




2021年10月12日

豆腐、カニかま、ブロッコリーのとろみ煮

今日のQPで見た料理。生姜の薄切りを炒めた油でブロッコリーとキクラゲ(が今日に限って近所のマルエツになかったので黒舞茸で代用)を炒め合わせ、水を注いで4,5分煮てから酒塩胡椒で調味し、カタクリ粉でとろみをつけて角切りした豆腐と輪切りしたカニかまを加えて温めるだけ。ブロッコリーは小さめの小房に分けて柔らかく煮たほうが美味しいとQPは提案。
近頃の国内ニュースは衆院選を間近に控えた与野党のバラマキ公約合戦ばかりをノンキに報じている印象だが、このところの海外ニュースはいずこもエネルギー不足問題に終始している感じだ。コロナ収束に伴って生産が活発化するなかでサウジやロシアといった産油国が増産に踏み切らないために米国の原油先物価格は急上昇。欧州諸国やインドではガソリン不足で物流が滞って物価まで急騰、不況下の物価高すなわちスタグフレーションに突入しかかっている感じだし、さらにここへ来て中国では洪水のため炭鉱が大きなダメージを受けて火力発電にも支障を来して、クリーンな火力発電の頼みの綱であるLNG液化天然ガスの本場カタールでもエネルギー相から「産出の限界に達している」との発言があったりなんかするので(!_+)いやはや日本のエネルギー供給は大丈夫なんだろうか?アラブ諸国と巧く付き合ってるからたぶん大丈夫なんだよね(^◇^;)と思いつつ、日本のマスコミがただ世界のトレンドに乗り遅れて情報をキャッチしてないだけじゃない!のを今や祈りたいような気分であります(-.-;)y-゜゜


コメント(1)

英国ではエネルギー不足に加えて、大型トラックの運転手がとても不足してしているため、特にこれからのクリスマスに向けての物流の滞りが懸念されています。パンデミックとEU離脱のダブルパンチがきたため、EUから来ていた運転手たちは、ほとんど自国へ帰ってしまっているので、急にまた流通をもとに戻そうにも戻せないみたいです。ガソリンは確保してあっても(政府はそう言ってますが...)、配送する運転手がいないため、一時はガソリンスタンドで売り切れが続出し、軍の支援を受けてようやくこの危機は収まりました。でも、また、いつどうなるか不安はあります。まったく、EU離脱なんて、とんでもなかったんですよね、いまさらですが。
環境保護問題に関しては、やはり人々の関心は高く、よくニュースになっています。政府の対応の遅れを厳しく批判する人も多く、最近では急進的な活動家たちが幹線道路に座り込んでストライキを行ってます。昨日は、道を閉ざされて立ち往生し、切れてしまったドライバーたちが無理やり座り込みをやめさせようとしたり、ついにはトラックで強引に通過しようとしてけが人が出たりで、すごい騒ぎになってます。

投稿者 TANA : 2021年10月14日 19:53



2021年10月13日

豚肉とジャガイモのキムチ炒め

一昨日の料理に使ったメイクイーンが残っていたのでこの安直なメニューに(^^ゞ食材を順に炒め合わせて酒と醤油で調味しただけ。ふつうの油とゴマ油を半々で使用。豚肉を先に炒めて取りだしてからジャガイモの薄切りを炒めた。市販の甘めのキムチを使用。
けさのワールドニュースはこのところ頻繁に中国軍機が台湾上空へ進入したことに象徴される台湾VS中国対立問題を特集。軍機進入は国慶節を前に国内アピールをした側面が強いようで、これをもってすぐに中国の軍事侵攻が始まる恐れはなさそうだが、中国側が台湾の統一には武力も辞さずと発表すれば、台湾の現蔡政権は一国二制度を断固拒否して現状維持を世界にアピールし、自前の長距離ミサイルを増産して軍事強化を図るなど、つまりは一触即発の非常にリスキーな状態にあることは隣国として当然ながら大いに懸念されるところだ。それにしても一国二制度を謳った香港のあの状態を見てしまったら、台湾に本国に対する強い拒否感が生じるのはやむを得ない感じだし、その意味でも習近平政権の香港対応は稚拙すぎたように思われる。怖いのは中国国内におけるナショナリズムの高まりが軍事侵攻を余儀なくさせるケースも今やないとはいえないことで、日本の与那国島から約100km強しか離れていない場所で軍事衝突が起きた場合を想像すると、全くの無関心を決め込むわけにはいかないことに、さすがにだれしも気づくのではなかろうか(-.-;)y-゜゜




2021年10月14日

鶏肉と長芋とブロッコリーの黒酢炒め

QPのサイトで見たレシピ通りに作った。酒醤油を揉み込んでカタクリ粉をまぶした鶏もも肉を皮目から炒め、大きめの乱切りにした長芋と小ぶりに乱切りしたニンジンを7,8分じっくり炒め合わせてから小房に分けたブロッコリーを入れて蒸し炒めし、黒酢砂糖醤油酒塩少々で調味し、仕上げに水溶きカタクリ粉でとろみをつける。
今日はついに衆議院が解散していよいよ選挙モードに突入だが、解散したご当人が「未来選択選挙」とネーミングし、その未来で真っ先に挙がったのがコロナ対策では余りにも射程距離が短か過ぎないか (!_+) と突っ込みを入れたくなろうというものである (-_^:)同じコロナでもっと多くの死者を出したドイツで先月末に行われた総選挙では最大の争点が気候変動問題だったから、これなら間違いなく「未来選択選挙」と呼ぶにふさわしいだけに、日本で今度の選挙の呼称とするには何だか気恥ずかくないんだろうか?と思ったものである (-。-;) てなわけで政治家を筆頭に近視眼的な国民性が相変わらずの日本では、結局のところ目先の経済対策に奔走するばかりの結果が今日の体たらくを生んでいるのは間違いないし、「成長と分配」といったところで具体的な成長の柱を示さなかったら、これまた相変わらずの絵に掻いた餅というしかない。岸田政権は小泉政権以降の新自由主義的な市場経済中心から、戦後ニッポンのお家芸だった官製経済に少し舵を戻そうというふうな意図は読めるのだけれど、城山三郎の小説に出て来る通産官僚のような優秀な人材が今の経産省に溢れかえっているとはとても思えないし、所詮バブルアホ世代の今井尚哉あたりがシナリオ書いた経済対策なんて何の期待もできないのが何ともいえません(-.-;)y-゜゜




2021年10月15日

茄子、インゲン、豚肉の煮もの

近所のマルエツで埼玉産の秋ナスが美味しそうだったので、以前にも作ったことがあるようなQP料理をアンコール。豚肉を炒めて水を加えて煮立て、アクを引いてから同量の酒と味醂と醤油と、それより少なめの砂糖で調味し、表面に切れ目を入れた茄子と端を切ったインゲンを加えて食材がくったりするまで15分ほど煮込んだだけ。
けさのワールドニュースでは中国の軍船が最近韓国の領海まで盛んに侵犯し、韓国側がそれに対抗するための軍事強化を図るというニュースをKBSが報じて気になっていたら、たまたま食事しながら見たBS-TBS報道 1930も韓国及び朝鮮半島情勢を特集。現文政権は左派寄りとされるにもかかわらず軍事費が増大していることの異常さが指摘されて、日本は東アジア全体のキナ臭い雰囲気に危機感を募らせながらも、巻き込まれている感じはまだしないのを可としたい気分だった(^_^;) それにしても日本も韓国もしっかり手をつないで軍事リスクを回避すればよさそうなもんなのに、韓国のトランプともサンダースともいわれる(?_?)李在明次期大統領候補の発言なんかを聞いていると、互いに過去を水に流して仲良くなるのはまだまだ難しそうで、近代史を背景にした韓ドラなんかを見ると日本が今も向こうの一部でどう思われているのかがわかるし、李在明氏の日本に対するカゲキ発言がある層にはポピュリズム的に受けるのもまた理解できなくはないのが困ったもんであります(-.-;)y-゜゜




2021年10月16日

ポークカレー、キャベツのホットサラダ

ポークカレーは銀座煉瓦亭製のレトルト。サラダは食べやすい大きさに切ったキャベツと細切りしたジャガイモとニンジンを電子レンジで加熱し、塩とゴマ油を振りかけて細切り塩昆布と和えたもの。某社から山椒が利いてオイシイ細切り塩昆布を頂戴し、最近この食べ方にハマってます(^^ゞ
食事しながら見たTBSの報道特集は選挙とネットの関係を特集したので、てっきりネトウヨの問題かと思いきや、野党に批判的な意見のみならずフェイクニュースを流しているツイッターが実はWEB会社が組織的に行っていて、しかもその会社の顧客には自民党が含まれている事実が判明した (!_+) ということなので、それってあのタカビーなくせに卑しげ人相をした平井元デジタル相が発注してたんだろうか(-。-;)と思ったものである。とにかく新たなメディアが誕生すればそれでフェイクやスキャンダルを流して貶めるという手口は昔からあって、活字新聞が新メディアツールとして隆盛を迎えつつあった明治中期には薩長の藩閥政治家のスキャンダルばかりを報じるペーパーを「赤新聞」と呼んだりしていたが、一応それらの発行者は反権力の側に立っていたわけなので、権力側から金をもらってフェイクを流すメンタリティになれちゃうような現代のネット関係者ほど魂が腐っていたわけではない(-_^:)と比較したら怒られちゃうかもしれませんが(-.-;)y-゜゜




2021年10月17日

水餃子、海鮮上海焼きそば

乗馬の帰りに大宮エキュートでゲット。
悪天候で気温が急変した今週末も愛馬オランダの幼稚な子クリトンに騎乗。このところ快調のクリトンは馬場馬らしい弾発があって且つ柔軟な歩様を披露してくれるので「最近この馬ホントに良くなりましたね〜」とレッスン中に石田先生に話しかけたら「松井さんの乗り方も良くなってますよ。腰がしっかりと使えて押せてるし」と先週に続けて賞められたワタシ(^^ゞ今週の1鞍目は新人インストラクターUさんのレッスンを初めて受けて、下乗りしてもらわずに騎乗したわりには意外と早く弾発のある歩様に持って行けて「イイ感じですね!」と言われてイイ気になっていたら、途中からクリトンが急に左手前を拒否りだして停止後退の合図も聞かずにウロウロし始め、こういうワガママを容認してレッスンを終えると後日のためにならないので発進の合図を繰り返したところ、スピード感のある再発進はするものの何故か定点停止が出来ないままレッスンを終えるはめに(-。-;)で、馬場からツナギ場に連れ帰ったら途端にジャーと大量のオシッコを放出したので、ナルホド、じっとしてられないくらいガマンしてたわけね(^_^;)と納得。レッスン前に飲ませるお湯や水の量をサマータイムと同様バケツ2杯やってたのがまずかったらしく、ツナギ場で蹄を床面にカンカンと叩きつけるしぐさが水を要求するサインとワタシが勘違いしていたようで、どうやらクリトンは蹄に詰まった厩舎のオガ粉を払い落とすためにカンカンしていたと判明した次第。とにかく色んな要求や反応や感情表現が大げさなので、さすが外国産(!_+)とクラブ中の人馬に呆れられているクリトン君が、まるでヤク中患者みたいな目つきになって昂奮する文字通りのジャンキーフードがバナナなのだが、今日はたまたま7歳サラ芦毛レール君ママのMamiさんから頂戴したのを与えたところ、案の定ひと口食べるごとに昂奮してゆき、ヒンヒンと鳴きながら食べるばかりか両隣の馬房の板壁を後肢で蹴飛ばしたり全身体当たりして美味の歓びを表現するので参りました(-.-;)y-゜゜




2021年10月18日

イカ明太子スパゲティ、三つ葉とエノキ茸のおひたし

三つ葉は昨日乗馬クラブでもらった敷地内に自生している三つ葉です∈^0^∋エノキ茸と共にさっと茹でてカツオだし醤油味醂で和えただけ。スパのレシピは不要かと(^^ゞ
食事中に相変わらず見始めたBS-TBS報道1930はこれまた相変わらず来たる衆院選の特集で、某アンケート調査では与野党伯仲を予想だか期待だかしている有権者が最も多いという意外でも何でもない回答だったらしく、とにかくアベ政権の腐敗をきちんと明るみに出せなかったのも野党議員の数が余りにも足りなくて舐められちゃってるのが最大の原因には違いなかった。一方で野党が政権にただ単にケチをつけるしかない能が無いと見られて国民の支持を増やせないのも事実だし、ことに否定形から入るのを嫌う若年層の支持を受けづらいのは大きな問題で、かつて政権を担った人びとも少なくない野党人としてはむろん具体的な政策が皆無なはずがなかろうし、国会の論戦をきちんと聞けば鮮明にその違いがわかるのだけれど、どうもまだそれをきちんとアピールするコトバが不足しているのではないかとゲストコメンテーターの田中優子氏は指摘。たしかにそういわれたら野党の側から政策的にキャッチーなコトバが少しも聞こえてこないのは確かで、今どきの選挙はそれが結構モノをいうのかも知れないな〜という気がしたのは、小池さんが威勢のいい頃はキャッチーなコピーばっか飛ばしてたよね〜と想い出したからであります(-.-;)y-゜゜だからどうなったわけ?と言われても困るんですが(^_^;)