トップページ > 2017年12月の月別アーカイブ

2017年11月 |メイン|

2017年12月01日

クラウドナイン

12/1は池袋の東京芸術劇場でキャリル・チャーチル作・木野花演出「クラウドナイン」を観る前に近所で食事。
この芝居は80年代初頭にパルコ劇場で佐藤オリエや菅野忠彦ら、いわゆる新劇陣で上演され、松岡和子さんの翻訳ということに当時は気づかなかったものの、非常に面白く且つ感銘深く観た記憶があるが、今回久々に観劇して、少しも腐らず古びない名作であることが改めて再認識された格好だ。
一口でいうとフェミニズムの芝居なのだけれど、劇全体の構造とユニークな仕掛けによって、そこに教条的な臭みは微塵も感じさせず、むしろ随所で笑いころげて、ラストでは中高年女性なら誰しもグッと胸が詰まって目の潤む思いにもさせられよう。前半は英国ヴィクトリア朝の植民地を舞台に、男女の関係もまた支配と被支配という前世紀的なジェンダーに縛られながら虚飾に充ちた家庭がスラップスティック風に描かれ、後半は既にいわゆるLGBTが当たり前になった現代社会を背景に、性の快楽や愛のありようは一様でなく決して辻褄も合わない現実が赤裸々に語られていくなかで、それでも人は自らをそのまま受け容れられるようになったことの幸せに気づかされる仕組みである。思えば30年前に観た当時は舞台上で性的な表現が余りにも生々しくなされることに半ばあっけに取られて見逃していたような気がするが、LGBTの問題を日本の国会ですら取りあげるようになった今日に改めて観れば、前半と後半が一貫してラストシーンにつながる劇構造の妙もはっきりと窺えて、より深く感動できたのかもしれない。伊勢志摩や平岩紙、正名僕藏、宍戸美和公といった大人計画を中心としたメンバーに高嶋政宏らの客演が加わった俳優陣の健闘を得て、より現代的でナチュラルなテイストに仕上がっていたのも大きいように思う。




2017年12月02日

小松菜入り麩チャンプルー

QPで見た料理。塩胡椒した出汁に溶き卵を混ぜ込んだ液に麩を30分ほど浸してから胡麻油でツヤが出るまで炒めておく。酒醤油で下味した豚肉を炒め、小松菜を炒め合わせて麩を戻し入れ、塩少々と砂糖、醤油で
調味。
日本のTV報道人はみんな頭どうかしちゃったんじゃないか(@_@;)さすがにコメンテーターもコメントの語彙がキレそうだし、見てる人たちも余りのことにキレちゃうんじゃないか (メ-_-) と思うくらいお相撲さんに夢中だった今週、ワタシが最も気になったのは米国のティラーソン国務長官が更迭されるかもしれないというニューヨークタイムズの報道だ。米政府は今のところ一応打ち消しているとBBCは報じたものの、後任と噂されるポンペオCIA長官が共和党のバリバリ右派だというのがやっぱり気になってしまう。トランプ氏はキホン商売人だから、武器を売るのは熱心でも、実際開戦に踏み切るというリスクを取ろうとはしないように思われるが、取り巻きは今や完全に軍事政権状態だし、北朝鮮が核弾頭ICBMを完成させるまでに叩いたほうがいい!との判断に傾く可能性がないとはいえず、その結果に否応なく巻き込まれる日本人としては、当然ながら今や米政権の動向が日本政府の動向以上に気になって仕方がないのでした(-。-;)


コメント(1)

私は今の状況開戦に踏み切るのは五分五分と見ていますが、何故かは分かりませんが北朝鮮は開戦したそうな気がして不気味です。
トランプは基本面倒くさい事になるのを忌避したいから開戦に踏み切りたくないのを、軍関係の要職の方とか、武器商人が篭絡したい・・?
怖くは思います。

 私の思い込みかもしれませんが、もう70年前から、核は人道にもとるから使えていません。
使う突破口をトランプなら出来るかもと考える人間がいるのかもと怖いです。

穿っていえば、七十年前の日本と似た状況に利用されそうなのが今の北朝鮮かと息を潜め息を詰めてみている所があります。

そして、人道や人気を気にすれば、使えませんが・・・。

気にしなければ、いつでも使える事がとても怖いです。其の上、昔に使えそうなのは数ヵ国でも今は使いたくて堪らない人間が全ての国にいるからどちらにも賛同できない気がします。日本政府が、原発推進する事からこの結論に至りました。

投稿者 nao : 2017年12月02日 23:18



2017年12月03日

洋風総菜セット、エスニック風春雨サラダ

乗馬の帰りに大宮エキュートでゲット。好天ながら冷え込んだ今週末も乗馬クラブで2鞍騎乗。1鞍目は小柄な優等生鹿毛ボー君に騎乗してウエストファーレンのハバ君やデカ鹿毛サラのオー君と一緒に3部班レッスン。 20×60mの馬場をハバ君を先頭に速歩でウォーミングアップするも、何しろ歩幅が余りにも違うので、ボー君で追いつこうとすると人馬共々ヘトヘトに (^_^;) 駈歩は各自バラバラのフリーレッスンとなり、広い馬場なのですれ違うのも平気なはずなのだけれど、ワタシはまだどうも馴れずにいて接近するとついつい速歩に落としてしまうので「試合会場だとそんなにビビってたら練習ができませんよ」 と相変わらずS先生からハッパがかかる始末 (^0^;) 2鞍目はオー君でマンツーマンレッスン。オー君も2鞍目だから動きがちょっと重い感じになってはいたが、それでも伸長速歩と尋常速歩の切り換えを念入りにした後いきなりA2課目の径路を踏み、駈歩が止まりがちだったので、駈歩で馬場を何周かしてから再び径路にチャレンジ。オー君もワタシもヘトヘトになってレッスンを終えました(^^ゞ
ところで愛馬オランダの幼稚な子クリトンは、先週跛行していたので一週間脚を冷やして休ませていたにもかかわらず全く回復を見せなかったので、今週末は獣医さんに出張して戴いて診察を受けることに。最初は触診で痛がる場所探しと、調馬索で走らせての歩様観察。その段階で原因が2つに絞られて、次いで蹄の上の部分に麻酔注射を打って再度走らせたらメチャ軽快に走るので、どうやら蹄に問題アリと判明。そこで蹄のレントゲンを撮ることに。持ち運びのできるレントゲン機器をお持ちになっている獣医さんからは機器の値段を聞いて仰天し(!_+)さらにその機器に馬の足を直に載せるという大胆な撮影(写真)にも驚かされつつ一部始終を見届けたワタシ(^-^)/結果、左前肢の蹄にあるナビキュラー骨の劣化損傷が判明して、その場でさっそくネット検索したら、完治しない結構な重傷のようだから一瞬青ざめたものの、軟骨を再生する新薬が開発された現在は「必ず完治します。ただし一月半くらいは運動も常歩だけにして休ませてください」という獣医さんのご託宣にホッとひと息(^◇^;)クリトンは以前もその新薬で腰骨の治療をしてもらってすっかり改善されたので、今回も同様の効果が期待されるところだ。その軟骨再生の新薬はようやく人間の実用化に向けても実験が開始されそうだという話は、高齢者にとっての朗報ともいえる。ともあれクリトンは「こういうのも全部見ていて下さい」とS先生にいわれたワタシの前でレントゲン撮られたり注射されたりしている間中ずっと大人しくしていたし、何しろ珍しいくらい構ってチャン的な性格の幼稚な子だけに、みんなが寄ってたかって世話するので物凄くハッピーになっちゃったらしく、ワタシや獣医さんの顔までベロベロ舐めまくって「何だか馬じゃないみたい。まるで犬みたいですね」と獣医さんに言われておりました(^ニ^)




2017年12月04日

鶏肉と里芋の塩炒め、白菜の中華風サラダ

週末に里芋と白菜を乗馬クラブの近所にお住まいで有機農業をなさっている方から頂戴し、このメニューを美味しく戴きました(*^^)v 塩炒めは前にQPで見た料理。まず輪切りした里芋をこんがり色づくまで炒めて塩胡椒を振っておき、塩胡椒で下味した鶏もも肉に薄力粉を振って炒めておく。生姜の薄切りとぶつ切りした長ネギを炒め、里芋と鶏肉を合わせてさらに塩胡椒で調味する。塩胡椒一本槍のシンプルな調味で食材の風味が楽しめる一品。サラダはネットを参考にして適当に作ってみた。細切りにした白菜に塩をして水けを取り、細切り塩昆布、ちりめんじゃこを混ぜ込んでニンニクのすり下ろしと胡麻油と酢を混ぜ合わせたドレッシングをかけただけ。
けさワールドニュースを見てまずドキッとさせられたのはアルジャジーラTV。イエメンのフーシ派がU A Eに向けてミサイルを発射したという一見日本と余り関係なさそうなニュースだったが、ミサイルの標的が原発だったと聞けば、そんなこともあり得るわけだよね〜と(@_@;)思わざるを得なかったのは、いうまでもなくキム君ミサイルの件が頭を去らないからであろう。次いでまたまたドキッとさせられたのはBBCニュースが米国マクマスター安全保障担当大統領補佐官の記者会見談話を報じた時である。これ以上ミサイル開発を放置すれば、アメリカの脅威が増すばかりだとして、北朝鮮にも中国にもそろそろ時間切れを強く匂わせた発言に、開戦の可能性が刻々と高まりつつあるようにBBCは報じていたのだけれど、日本のTVニュースが相変わらず驚くほどノーテンキな感じで終始しているのは、こっちが騒いでもどうにもならないようなことで徒に人心を煩わせたくないという配慮なのか、ロシア疑惑が山場に来てトランプ政権の今後もどうなるかわからない状態だからなのか、あるいは余りにもリスキーな状況にTV局の人たちが全員固まって完全に思考停止状態に陥っているからなんでしょうか(-.-;)y-゜゜




2017年12月05日

白菜鍋

夕方仕事の件でつい長電話したため、市販の白菜鍋スープを買って、昨日使った白菜の残りと豚肉と椎茸と長ネギを入れた超手抜きメニューと相成りました(^^ゞ
米国ABCニュースによると「トランプ時代は明日の新聞一面に何が載るかわからない」くらいスリリングな政権なのだそうで、彼からあらゆる問題が噴出して国内ばかりでなく今や世界中が大混乱に陥っている感じだが、直近だとイスラエルの首都に関する発言でテロのさらなる増加が懸念されるなか、欧州で北アフリカに近い位置にもかかわらず唯一テロが起きていないイタリアでは、長年にわたる当局のマフィア対策がテロ組織の殲滅に功を奏する一方で、マフィア自体も地元に根を張ってイスラム組織の形成を許さないことが結果的に幸いしているという分析が報じられたのは面白かった。戦後ニッポンのやくざ組織にも似たような役割を担ったらしいことが伝えられており、毒は毒を以て制すというべきか、人間社会のアンビバレンツな側面を如実に物語るような事例なのかもしれません(-.-;)y-゜゜




2017年12月06日

天ぷら蕎麦セット

恵比寿でマシン治療の帰りにアトレ内で食事。
今日はトランプ君がとうとう地雷を踏んじゃいそうなエルサレム首都認定問題で国内外のニュースは持ちきりだが、いくら支持者にアピールしたいからといって、何故こんなバリバリのリスクを冒さなきゃいけないのか本当に理解に苦しむ人物といえましょうか(◎-◎;) 今や米国も火遊び好きどころか火付けの子を抱えてる一家みたいな感じで、自分んちに火が付いちゃうのも時間の問題だから、良識派はアタマを抱えるばかりか、とっととウチから逃げだす人たちがいてもおかしくなさそうだ。もっともパリ協定離脱と同様に大使館の移転も実現はずいぶん先の話だから、本人もそれを計算の上で言うだけ言っちゃう的な軽いノリなのかも(-。-;)所詮ハッタリだらけのバーチャル的なビジネスで成り上がった感じの子だけに、人間的な信用度が世界的にイマイチなのは当然で、にもかかわらず、そんな子と非常に親しくなれた!と嬉しそうにアピールしちゃう子もいたりするのだから日本は面白い国というべきか(^_^;それにしてもユダヤ系ロビイストがゴリ押ししたように見られるのは必至だろうし、そうなると欧米各地でまたもやテロが頻発したりして、今度はユダヤ系に対する風当たりが却って強まるのではなかろうか。結果ダレがいい目を見るのかさっぱりわからない政策で、ただ儲かるのは武器商と葬儀屋さんなんでしょうか(-.-;)y-゜゜


コメント(1)

 すみません。本文に関係ないのですが、師父の遺言の文庫本装丁が渋いですね?。やっとじっくり見たら…。

イメージはそうなのだが。

売れ行きを考えるとあまりしっくり来ない。

偉そうで申し訳ありません。


単なる勘で。


落ち着いた雰囲気は好きですが、魅力がいまいち!。

私が文庫本を手に取ったり興味を惹かれる感じが無い。

烏滸がましいとは思いますが、装丁を変えて出した方が良いのではないかと思います。

渋好みや侘びさびを心得る方には良いと思いますが一般には妙に魅力が無いと思います。私が本屋で見る時を想像すると。

加えて書店が最近在庫を減らしている感じがして。微妙な心持です。

十中八九私は買いますが、興味を惹きにくいような気がします。

投稿者 nao : 2017年12月07日 02:19



2017年12月07日

ポークソテー アップルソース

前にQPで見た料理。ハチミツとレモン汁を混ぜ合わせたところへ細かくスライスしたリンゴを入れて電子レンジで柔らかくして潰したソースを塩胡椒してオリーブ油でソテーした豚肩ロース肉に添える、付け野菜は電子レンジで火を通してから豚肉を除いたフライパンで炒めたジャガイモと、クレソン&マッシュルームを塩胡椒オリーブ油でマリネしたもの。リンゴは青森の小山さんから乗馬クラブを通じて頂戴したのを調理して美味しく戴きました<(_ _)>
フィギュアスケートGPファイナル男子ショートを見ながら食事。今年は羽生結弦もフェルナンデスもパトリック・チャンも出場しない (!_+) という常連抜きの大番狂わせで、会場の名古屋が地元の宇野昌磨にはいやが上にも大きな期待がかかるなかで、冒頭の4回転フリップを始め非常に順調な試合運びかと思いきや (゜;) エエッという転び方をして2位発進となるも、全体的には調子が良さそうなのでフリー演技が楽しみ(*^^)vただし4回転を跳びまくってスピード感溢れるネイサン・チェンはやっぱ強敵かも(^_^;
女子も残念ながら今回はビューティー女王メドベージェワがケガで欠場しているものの、平昌五輪には彼女が果たして出場できるんだろうか? 国家ぐるみのドーピング疑惑によってロシア選手の出場は認めないという騒ぎになっているが、けさのロシアTVの報道ではプーチンが個人アスリートとしての出場を容認するようなので、彼女には何とか出場してほしいものである。それにしても冬季五輪にロシアのチームを外すだなんて(@_@;)IOCはずいぶん思いきった決断をしたものであります(-.-;)y-゜゜


コメント(1)

あれま、ロシア外しは厳しいと思っていたらそうなりそうなんですね?。
選手に罪はない気がするし、スピードの方はともかくフィギュアスケートなら、厳しく取り締まれば問題ない気がするのだけれど…。
どうしても、選手に国や指導者や諸々の上からの圧力がかかるだろうから外した方が良いのかもしれないけれど…。
疑いすぎかもしれないけれど、米や中の圧力な印象を受けるなあ・・・。

投稿者 nao : 2017年12月08日 23:58



2017年12月08日

海鮮焼き、焼肉、すき焼き

今夜は元米朝事務所の大島さんちで忘年会。常連メンバーにヒメを加えて、宮崎牛の焼肉用と鹿児島牛のすき焼き用の二種類をガッツリ食べながら、フィギュア G Pを見て演技にあれこれ言ったりもしたが、やっぱり昨夜起きた富岡八幡宮事件のインパクトは物凄くて後半ほぼその話題で持ちきりでした(@_@;)




2017年12月09日

おでん、サラダクレソンとプチトマトのサラダ

おでんはお馴染み紀文製。サラダは自家製フレンチドレッシングで食す。
フィギュアGPファイナル女子フリー演技を見ながら食事。メドベージェワ不在でも女子はロシア勢がわが世の春状態のフィギュア界だが、ケガ明けの宮原はスピード感もあったし、小柄な人ながらに演技はひとまわり大きくなった感じで健闘を讃えたい気がした。
ところでロシアといえば、今週はプーチンが来春の大統領選に出馬してついに3期目を狙う発表がなされ、これをロシアTVが信じられないくらいのヨイショ報道で(@_@;)啞然とさせられたものである。もっとも、ロシアTVはこれまでもプーチンが素晴らしい人物に見えるような報道をし続けていて、そら、こんなTVをずっと見てたら、ワタシでさえプーチンってキケンな魅力はあるかも (^0^;) とか思っちゃうくらいなので、ロシアの一般市民がみんなプーチンファンになって当然だし、80パーセントの支持率にもフシギはなく、だから何処の国でもやっぱり怠惰にしてても情報が得られるTV報道って本当にコワイよな〜と思った次第(-。-;)日本のマスコミはダレか一人を持ちあげっぱなしで煽り立てるという例は滅多になくて、持ち上げたり下げたりするのは昔からことだから、その点の心配は少ないとはいえ、他国への敵意を煽るのはこれも昔からの常套手口であるのと、逆に自国に関する報道が常に楽観的に過ぎて都合の悪いことは報道を控えたり、まずい問題を隠蔽する傾向が見られるのも昔からであるのを忘れてはいけません!それにしても電波の厖大な時間をむだ遣いしたお相撲さんのケンカ報道は果たして何を隠蔽しようとしてたんでしょうか(-.-;)y-゜゜




2017年12月10日

牛タンとろろ定食

乗馬の帰りに大宮駅ナカで食事。
関東の冬らしい晴天に恵まれた今週末はハフ・アラブMIXのウラ嬢で1鞍とサラ11歳デカ鹿毛オー君で1鞍で計2鞍騎乗。久々にウラ嬢に乗らせてもらったのは、どうやら S 先生のアタマの中で、来年3月の御殿場の試合にワタシがA2課目の出場をすることになっているためらしく (!_+) 、とにかく駈歩をガンガンやって下さい!とのことで、ウエストファーレンのデカ馬ハバ君との部班で駈歩をしまくってヘロヘロに。どうも伸長駈歩になると抑え込んでしまう欠陥を指摘され、いっそ調馬索を使って手綱を持たずに乗る練習したほうがいいかもとのこと(@_@;) 2鞍目のオー君とはマンツーマンレッスンで、最初は速歩で三箇所のクロスバーを色んな方向から何度も跳ぶ練習をさせられて、「ついでにこの馬でジムカーナにも出ませんか?」と言われて仰け反るワタシヾ(℃゜)々ともあれクロスバーを何度も跳んでるうちに馬体をしっかり挟めるようになったから駈歩は超スムーズに発進したものの、ともすれば駈歩がゆっくりしちゃうため「抑えないでもっと前に出して!」との指示が飛ぶはめに。ワタシの当面の課題は速歩でも駈歩でも緩急が自在につけられるようにすることで、そのためには脚力の強さと共にもっとバランス感覚を身につけなくては!と思われました。というのも当クラブの馬たちはどの子も脚反応が素晴らしくよくて、そっとした合図でピンポイント発進をしてくれるし、乗り手が前バランスか後ろバランスかでハッキリとギアチェンジするからで、要は馬たちは競技用にしっかり訓練されているにもかかわらず、ワタシという乗り手が騎乗年数の割にほとんどその基礎訓練がなされていなかった!ということなのでした(^_^;)
ところで愛馬オランダの幼稚な子クリトンは目下傷めた蹄を薬治療の最中で、いわばゼッタイ安静状態にあるとはいいながら、狭い厩舎の中にずっと閉じ込めておくわけにもいかず、そうはいっても精神が幼稚でヒャッホー状態になりやすい馬だから、放牧したり調馬索で回したら駈歩で飛ばしてさらに蹄を傷める恐れがあるため、投薬前に先生が騎乗して20分ほど常歩をさせてらっしゃるのだが、「今日は歩様が見たいので、僕が乗った後しばらく松井さんも乗ってみて下さい」と言われて恐る恐るチャレンジしたところ、跛行感はほとんど無くなっていたのでひと安心(^。^)とはいえ馬も人も薬治療の最中は
じっとガマンするしかなく、退屈してるクリトンは構ってチャン攻撃が先鋭度を増しており、いったん厩舎から出すと傍を離れられない状態で、手入れをしている間ずっと人のジャケットやプロテクターやベルトやヘルメットをベロベロしたりガジガジ噛みにくるので何もかも唾液でベトベトに(-。-;)面白かったのはジャケットのファスナーに目をつけ、口にくわえて開けたり閉めたりすることでした(^◇^;)




2017年12月11日

牛肉とレンコンの生姜じょうゆ炒め

先週のQPで見てゼヒ作りたい!と思った料理なのに今日まで延びちゃいました。牛肉は塩酒で下味し、カタクリ粉をまぶして胡麻油で炒めていったん取りだしておく。胡麻油で長ネギと棒状に切ったレンコンをじっくりと炒め合わせ、牛肉を戻しておろし生姜とおろしニンニク酒砂糖醤油を混ぜた合わせ調味料を回しかける。想像通りの好きなおかずでした∈^0^∋ひょっとしたら今年はコレが最後の手料理となるかもです(^^ゞ
核兵器廃絶を謳ったICANというNGOにノーベル平和賞が授与されたニュースを、核保有国の米英はもとよりフランスの公共放送もスルーしてしまい、ドイツZDFがかろうじて取りあげたくらいに、この問題は世界的にも立場が分かれるようだが、ほんの少し流れただけでも、カナダ在住の日本人被爆者サーロー節子さんの受賞スピーチは実に堂々とした言い回しのうちに人の心を揺さぶる力強さがあって、内容の如何を問わず純粋にスピーチとして素晴らしいものに感じられた。近頃は何をいっても空々しく聞こえたり、こいつホンマもんのアホちゃうか!と思えるようなスピーチをする政治家が世界各地でのさばっているだけに、改めてスピーチの力というものを考えさせられたのだった。それにしても核兵器廃絶に向けての日本政府の立場は今や大変に曖昧模糊とした後ろ向きの感じを否めない中で、河野外相が一応は「ゴールを共有する」として祝意を述べたのを可とするしかないのだろうか。アホみたいなスピーチをする大統領に親友づらのできる首相は結局何をいっても空々しく聞こえるので、この際は何も発言しないに限るのかもしれません(-.-;)y-゜゜




2017年12月12日

欲望という名の電車

シアターコクーンでフィリップ・ブリーン演出の「欲望という名の電車」を観る前に近所で食事。
映画でヴィヴィアン・リー、日本では杉村春子が長らく演じたこの芝居の主役ブランチは女優のいわば試金石的なイメージがあるのだろう。今回は大竹しのぶが蜷川演出に次いでの再演で、達者な俳優だけあって後半の狂気に至る部分は鬼気迫る「芸」を感じさせるも、精神の繊細さ故に現実を受け容れられないブランチ・デュボアという人物が彷彿と立ち上がってくる気配は薄いといわなくてはならない。ブリーンの演出はいささか説明的にさえ感じさせるわかりやすさを主眼としたものだから、却って彼女の演技がさまざまな「芸」の羅列に見えてしまう憾みがある。やはりこの役はリアルを追究して演じるには大層むずかしい役なのだろうし、テネシー・ウイリアムズは象徴的な作品も多い作家だから、リアルなわかりやすさに傾くと取り落とすものがあるのかもしれない。その点ステラ役の鈴木杏はこの役をナチュラルに好演して、観客がついて行きやすい人物像を造形している。映画でマーロン・ブランドが演じたスタンリーの役は映像畑で活躍の北村一輝が意外なほどの健闘ぶりで、しっかりと自分の役にしている印象を受けた。