トップページ > 2022年08月の月別アーカイブ

2022年07月 |メイン|

2022年08月01日

鶏肉とトウモロコシの花椒炒め

今日のQPで見た料理。小さく切った皮なしの鶏もも肉をゴマ油で色づくまで塩炒めし、削ぎ切りにした生トウモロコシの粒とぶつ切りにした長ネギを炒め合わせ酒少し入れて蒸し炒めし、塩と砕いた花椒を加える代わりにワタシは家にあった花椒パウダーで調味しました(^^ゞ 超シンプルな調味でトウモロコシの甘みを味わう一品。
食事しながら見たBS-TBS報道1930はペロシ下院議長の台湾訪問をめぐる米中対立の危険性を特集。中国が相当な牽制をしていても、同議長が訪問を見合わせるという選択はどうやら却ってなさそうで、中国側の一部ではもし軍用機による訪問だったら侵略者として撃ち落としても構わないというようなカゲキな発言も飛び出しているようだから、双方が何とか理性的に対処してくれるのを望みたいものであ。まあ、習近平はプーチンのような狂信的な人物には見えず、あくまで中国らしい現実的な判断を下すように思える分、双方の武力衝突に対する懸念を過剰に抱く必要はない気もするのだけれど、一方で中国は歴史的に軍部の末端まで中央政府が完全にグリップできない状態の多かった国だけに、現場で何が起きるかわからない怖さもあるにはあるのだった(-。-;)ともあれ米国も台湾を含めた「一つの中国」を反古にする気はなさそうだし、台湾自体も独立国としての承認を求めていわけではないようなので、何とか香港の二の舞を避ける手だてとして、米民主党の人権派が中国側にプレッシャーをかけたい気持ちはわからないでもないのだけれど、「人権」というコトバで権威主義国家を刺激するたびに、却って沢山の人が殺される事態に陥ってしまう現実を一方で生みだすという恐ろしい皮肉も今や考えないわけにはいかないのでした(-.-;)y-゜゜




2022年08月02日

豚肉とゴーヤーとパブリカのジョン

今日のQPで見た料理。豚もも肉と、輪切りにしたゴーヤーと、12分割したパブリカに塩を振って薄力粉をまぶし、塩と砂糖を入れ混ぜた溶き卵に浸してゴマ油で両面こんがりするまで焼いて、酢醤油で食す。ゴーヤーは種ワタ付きで使うのがポイント。ゴーヤーのほろ苦さとパブリカの甘みが引き立って、これ以上はない食材の組み合わせと感じられました∈^0^∋
食事を終えてBS-TBS報道1930を見ていたら旧友のモリから突然の電話があって「ねえ、ペロシ下院議長は何だってこの時期に台湾行きにこだわるんだろう?」と訊かれ、それはこっちが訊きたいくらいだけど「まあ、人権派だからじゃないの。天安門事件の時も駆けつけた人だったし」とワタシ。「でもって人権派がいわゆる権威主義国家にケチをつけるたびに、却って大勢の死者が出る事態に陥りかねないという恐ろしく皮肉な現実を考えちゃうわけよ」と話したのだった。モリもワタシもどちらかといえば共和党よりも民主党的な立場や考え方を支持しているほうなのだけれど、ウクライナ戦争が起きたのはバイデンが事前に情報を把握してそれを内外に知らしめながら、アメリカは絶対に参戦しない!なんてことをぽろっと言っちゃったのが大きいし、今度のペロシ台湾訪問に関してもバイデンが「米軍は訪問を好ましく思っていない」なんて余計なことをうっかり言っちゃったので、それを聞いて中国は脅しをかけないわけにはいかなくなったのだろうし、脅しをかけられたペロシはますます訪問しないわけにはいかなくなるという負の連鎖?が起きたのではなかろうか?という話になって、中間選挙は民主党がボロ負けしそう(-。-;)と他国のことながらも互いに懸念を口にし合ったのでした(-.-;)y-゜゜




2022年08月03日

ソース焼きそば

久々にソース味が食べたくなって、国内製造小麦粉使用もちもち食感の謳い文句に惹かれてゲットした茹でそばを使用したら、細い焼きうどんみたいな味になったのが何ともいえませんでしたf(^ー^;
けさのワールドニュースでは案の定ペロシ米下院議長の訪台を大きく報じたTV局が多くて、シンガポールCNAは当然ながらインドTVまでがトップニュースで取りあげたのはいささか意外だった。意外といえばドイツZDFがこの訪問を世界に新たな火種を投じるものだと危機意識剥きだしで悲観的に報じたのが印象的で、片や英国B B Cがこの訪問を現地が諸手を挙げて歓迎しているふうに割合ノーテンキに報じて、現地の一般市民も銃の操作を習うなどしている様子を映しだしており、片や市民の緊迫感溢れる避難訓練の映像を流したZDFと好対照だった。BBCとZDFやフランス2との違いはウクライナ報道なんかでも顕著で、最近はBBCの報道がイマイチ信用できない気がするのはボリス・ジョンソンを一度は首相に選んだ国の放送局だからかもしれない。それをいうならNHKの報道は当然もっと信用できなかったりするのだけれど(-。-;)シンガポールCNAはこの訪問に対して賛否両論あるのを現地市民のインタビューを交えて具体的に報じており、危惧する意見を述べた男性が「僕はまだ若いから戦争になるのが怖いです」と正直に答えていたのが印象に残った。




2022年08月04日

内山美樹子先生を偲ぶ

昨夜早稲田の児玉教授から訃報を伺った時は、以前から心臓の病を抱えてらっしゃったとはいえ享年八十三は少し早すぎるように思われて、非常に残念な気持ちでいっぱいだった。浄瑠璃研究における現代の第一人者だった方だからして、当然ながら多方面でさまざまな惜しまれ方がなされているはずなので、わたしは敢えて個人的な話をしておきたいと思う。
わたしが早稲田大学で教わった時は先生がまだ三十代後半で、浄瑠璃に対する愛情に溢れたパワフルな授業にすっかり魅了されたのと、本来指導教授に仰ぐはずだった故河竹登志夫先生の2年間のウイーン留学とちょうど重なったために、卒論の指導をお願いして拙い「近松半二論」を書かせて戴いたのみならず、半二作の『本朝廿四孝』論を先生と共同執筆する機会まで与えて戴いた破格の厚遇は今も忘れがたいものがある。学部卒業に際してはオイルショック後の大変な就職難と重なって進路を決めかねていたところに、先生から「高田牧舎」に誘われて一緒にコーヒーを飲みながら大学院進学を勧められ、以来、大学院では先生の初めての弟子という目で周囲から見られることのプレッシャーと違和感に正直悩まされる日々だった。浄瑠璃や歌舞伎の研究は決して嫌いではなかったし、今でもひょっとしたらそっちのほうが向いてたのかも?と思わないでもないが、いわゆる学者さんの集まりというか、学界の雰囲気や研究者気質には馴染めないものが多々あって、そもそも学校というシステム自体が自分には向いていない気がしたために、修論を書いた時点で早稲田からおさらばする決意をし、先生には随分がっかりさせてしまったのかもしれなかった。それでも直後に先生から武智鉄二師を紹介されて、そのことでわたしにはまた別の人生が拓けたのだから、即ちご縁はずっと続いていたのである。先生はわたしが台本を書いたり演出したりした「近松座」の芝居をもちろん見続けてくださったし、その後わたしが芝居からも足を洗って小説を書きだすようになった以降も、全作品を読んで必ずご感想を寄せてくださった。新連載を予定している近松門左衛門の生涯を描く時代小説こそ、先生に読んで戴きたかったのにと悔やまれてならない。生前の河竹先生が内山先生について「あの人は本物の学者ですよ」とわたしに話されたことがあって、昔ながらの学者気質を備えた現代には稀有な存在として認めていらしたのを想い出すが、「本物の学者」であると同時に、教え子の行く末をいつまでも気にかける現代には稀有な「本物の先生」だったのだと、わたしは身を以て証明できる気がする。
近年では河出書房新社の「日本文学全集」10巻にわたしが『仮名手本忠臣蔵』の現代語訳を担当した経緯から、解説をダメ元で内山先生に頼むよう編集部にお薦めしたろころ、意外にも快くお引き受けくださって、その時のイベントでお目にかかったのが最後となった。
早稲田演劇博物館で現在まだ開催中の「近松半二展」のカタログに巻頭エッセイの寄稿を依頼され、断ろうかどうしようか迷いつつも、内山先生の顔が浮かんでお引き受けしたら、そのカタログに先生は近松半二に関する深い洞察を談話の形で寄せられていて、書物上では最後の接点となり、ああ、断らずに引き受けて良かった!と今は思いながら、明晩聖イグナチオ教会で催される通夜を前にして、天に召された先生の安らかな眠りを心からお祈り申し上げます。アーメン




2022年08月05日

内山美樹子先生のお通夜

今宵は四谷の聖イグナチオ教会で内山先生のお通夜が催され、わたしは昨晩に急遽ご指名を戴いて、拙い弔辞を述べさせて戴いた。棺に眠る先生のお顔は安らかで、生前と少しもお変わりないばかりかむしろ若返られたようにも見えたので、いっきに昔のことが蘇って何ともいえない気持ちになり、たどたどしい弔辞になってしまったのはお恥ずかしい限り。お通夜が開始される前は早稲田の児玉教授に先生の近年のご様子や何かを詳しく伺っていて、会場には共に先生の教え子という関係で昔よく集っていた仲間である現代人形劇センターの塚田理事長や元歌舞伎チャンネルの前川さん、女義太夫の竹本越京さん、歌舞伎座のイヤホンガイドをなさっている杉下さんらも見えていたから、終了後は近所の喫茶店で内山先生の昔話に花が咲き、あれほど魅力的な授業をされる先生は後にも先にもいないだろうという意見で一致したものである。




2022年08月06日

サバ味噌キムチ煮

行きつけの美容院に置いてあったオレンジページで見た料理。鯖みそ煮缶にキムチと豆腐とニラを加えて煮込み、酒と醤油少々で調味するだけ。超カンタン手間要らずで結構おいしく食べられました(^^ゞ
食事しながら見たTBSの報道特集、一つは「原爆の日」にふさわしい核拡散と核使用に黄色信号が灯る世界の現状を踏まえた問題。第2次大戦の敗戦国として、かつて核保有から排除された日本とドイツの立場を改めて認識しておくと同時に、ウクライナ戦争が起きてしまった今日では、もはや核抑止論や核の傘の下にいたら安全神話も崩壊同然という認識を新たにする必要があるに違いない。それにしても中国脅威論に引きずられて米国と核シェアリングするという発想自体が、今は却っていかに危険極まりないものであるかの認識をしっかり持てない自民党右派のアホ派閥にも困ったもんである。で、そういう連中に限って旧統一教会の応援を易々と受け容れていた「人間としてどうかと思う」ような議員たちでもありそうなのは何ともいえません(-.-;)y-゜゜




2022年08月07日

柿の葉寿司、豚レバーとニンニクの芽の炒めもの

乗馬の帰りに大宮エキュートでゲット。
先週末より大分マシとはいえ、まだ蒸し暑さの募る埼玉県下の馬場で今週末も愛馬オランダの幼稚な子クリトンに騎乗。1鞍目は若手インストラクターのUさんに下乗りをしてもらい馬体がまあるくなって乗りやすかったクリトンだが、騎座でしっかりと馬体を挟んで且つ脚をずっと使い続けないとすぐ停まってしまうため、騎乗しているこっちはヘトヘトに。まあ、そこが馬場馬術競技馬らしいところとはいえ、短足で躰の硬いワタシなんかは騎座と脚の合図がときどき違ったりして、すると悪気なく、忖度もなく、間違った動きをしてしまうのがクリトンの幼稚な所以というべきか。なのでこっちが疲れて来ると途中で停まったり、変な動きをし始めるので、夏場はほどほどにしておかないと収拾がつかなくなるのだった。2鞍目はいつも通り単独騎乗を試みるも、騎乗する時間帯がレッスン時と違うためか、今日は大勒ハミを口に入れる段階で珍しいくらいに抵抗されて、次の方のレッスンが始まりそうになったため一旦厩舎に戻したら、途端にそこでジャーっとオシッコをしたので、ああ、やっぱりそれだったのか〜と思った次第(^_^;馬場でオシッコをしないのは競技馬として躾けられたせいだとしても、クリトンは相変わらず洗い場や繋ぎ場でするのも落ち着かないらしく、今日は厩舎でオシッコしたら途端にまた外に出せという熊癖のデモンストレーションを始めたので、再び連れ出したら今度は比較的素直に大勒ハミを咥えたので、幸い空いていた馬場でひと乗りできたものの、いやはや最近は甘える一方でどんどんワガママにもなるクリトンに手を焼き通しだ(-。-;)もともとどんな動物も(といってもワタシの場合はカメと馬に関する知見のみだが)同じ場所で、同じ時間帯に、同じことをするのがいいようで、たぶんその動物なりの体内時計で食事と排泄の時間とかも決められているのだろうから、今日はイレギュラーな時間帯に騎乗しようとして抵抗に遭ったとおぼしい。馬は馴れている人に対するほどワガママになる傾向があるとはいえ、年を取った馬は人間の要求を忖度して受け容れてくれるような大変オトナの馬もいる一方で、人間と同様に年を取るほどワガママな爺さん馬になるのもいるんだろうな〜と今日のクリトンは先が思いやられる始末でした(-.-;)y-゜゜




2022年08月08日

鶏ささみと茄子のレンジ蒸し和え

電子レンジで火を通してむしった鶏ささみと茄子を、黒酢、醤油、砂糖、おろし生姜、スリ白胡麻、ラー油、粉山椒を合わせたタレに浸け込んで、カイワレ大根を加えて和えるだけ。レンジにかける前に鶏ささみは塩と酒で下味をしておき、茄子は大まかな縞目剥きをしておくこと。火を使わずにできる夏向きの和え物です(^^ゞ
けさのワールドニュースで印象に残ったのはオーストラリアABCが報じたガタルカナル戦80周年イベントで、米国のケネディ現駐豪大使が父J.F.ケネディの米海軍魚雷艇長時代の逸話を披露。彼がガ島付近で日本軍の攻撃により遭難し、現地の人びとに救出されたという事実を恥ずかしながらわたしは今日初めて知った次第(!_+)それにしてもガタルカナル島の戦いは第2次大戦における日本の敗戦を決定づけた重要なモーメントであるにもかかわらず、今年がその80周年に当たるのを他国のTV局から教えられたのも我ながら如何なものかと思われた。
ところでオーストラリアABC がこれを大きく報じたのは、現在ガ島の所属するソロモン諸島が中国寄りに激しく傾斜している情勢を問題視しているからで、日本と同様に米国と緊密な関係を持ちながら中国に対する経済依存度の高いオーストラリアが両国の狭間でどう舵を取っていくかは今後の大きな課題とされていた。中国がソロモン諸島や他の多くの発展途上国を傘下に収めた背景には経済的支援が大きいのも勿論だけれど、近代以降ずっと世界を牛耳ってきた白人文化文明に対する有色人種の反発を利用しているふしがまるでないとはいえなさそうだ。
最近中国の王毅外相が、現在の中国は19世紀以降ずっと欧米にやられっぱなしでいた中国とは違うんだ!という発言をして驚かされたが、そうした発言が中国の民衆ナショナリズムを煽ることで、米中関係にさらなる暗い影を落としそうなのが非常に懸念される。民衆ナショナリズムにいったん火がつけば、結果的に政府がそれに引きずられて他国との対立をぬきさしならぬ関係に押しやることは過去の歴史が物語るからである。「百年河清を待つ」といわれる中国とは真逆に「喉元過ぎれば熱さ忘れる」の日本では、19世紀どころか20世紀の太平洋戦争でさえ今や遠い霧の彼方だし、「名誉白人」などと蔑視されて嬉しがっちゃうようなおめでたい人も多そうなので、米中対立の根源的な問題に気づくことなくひたすら米国追従で台湾有事を凌ごうとするようだから、あとは中国政府が現実的な打算に基づく理性を働かして有事に至らぬ解決策を模索するよう願うのみであります(-.-;)y-゜゜




2022年08月09日

豆乳ゴマつゆのぶっかけ素麺

今日のQPで見た料理。練り白胡麻、醤油、砂糖、酢、無調整豆乳、水を混ぜ合わせたつゆを先に作って冷やしておく。豚しゃぶロース肉、ざく切りしたキャベツ、素麺を順番に茹でて冷ましたものに先のつゆをかけてミョウガの斜め薄切りと大葉の千切りをトッピング。練り白胡麻には醤油や酢を少しずつ垂らしてよく練り混ぜて、分離させないようにするのがポイント。豚肉は煮立たせないようにして柔らかく茹でてからお湯を沸騰させてアクを除き、同じお湯でキャベツと素麺を茹でてOK。
今日の夕方は近くの泌尿器科で受診してレントゲンとエコー検査をしてもらい、ひと月クスリを飲み続けた甲斐あって「もう石は出てキレイになってますよ!」という診断だったのだけれど、相変わらずときどき右脇腹がチクチクするのはなぜ(?_?)とワタシが思っていたら「ただ腎臓にまだ石が残ってるので、これがまた落ちてくるかもしれません。まあ、その時にはまた来てください」とあっさり言われ、ええっ!!またあの激烈な痛みに襲われる可能性があるってことか(-。-;)と大変嬉しくない気分に。とはいえ手術して取るのはもっと大変だし、石は結局のところ身体の排泄機能に任せて排除するしか手がないのだろう。そんなわけで今日からクスリはもう必要ないらしいし、こっちも通常通りの生活をしていくしかないのだろうが、結構ひやひやしながら毎日を送ることになりそうである。
ひやひやしながら毎日を過ごすといえば新型コロナ感染に関しても同様で、京都の妹と甥っ子もどうやら感染したらしく、軽症で済んだようだから良かったものの、その間に保健所からはなしのつぶてだし、病院で診察してもらうのも難しいようで、妹は一応高齢者でも結局のところ医者には診てもらわずに、甥っ子がもらって来たカロナールを飲んで自力で治したのだとか。「まず病院行くのが大変なんよ。公共交通機関やタクシーは利用したらあかんし、そしたら自家用車しか使えへんけど、息子は運転するのも辛いみたいな時期があったし」というわけで、一体どうせえいうんや(-_^:)と頭に来てた様子。とにかく3年経っても医療面では何ら進展がなさそうで、まだ罹っていない人はなるべく罹らないようひやひやしながら用心するしかなさそうである(__;)
ひやひやといえばロシア軍がザポリージャ原発を攻撃している昨今の現状は世界が一巻の終わりとなりそうだからもっと深刻なのですが(-.-;)y-゜゜


コメント(6)

今朝子様とこうも類似点があるかと思うと不思議な気がします。
実は私も昨年暮れに右脇腹が間欠して痛みだし、盲腸は切除しているし、いまさら卵巣でもなかろうと。
泌尿器科を受診した結果、尿路結石&腎臓結石と診断され、尿路の方はお薬ですっきり排泄されたものの、腎臓には石が鎮座しており、手術を勧められましたが踏ん切りがつかず、様子を見てみましょうという事で次回の検診待ちですが、今朝子様同様時々ちくちく痛みます。


投稿者 小山雅子 : 2022年08月11日 23:07

小山さまへ

いやはや、余りにも相似形なのでビックリします(!_+)
その後の経過はいかがでしょう?腎臓に残った石のために何かクスリでも飲んでらっしゃいますか?今後手術に踏み切られるような事態になれば、またお知らせ下さいませ。

                       今朝子

投稿者 今朝子 : 2022年08月12日 23:21

検診の際 薬は処方されませんでした。
以前より石が上昇しているらしいのですが、
医師は12月まで様子を見てみましょうとあっさり
おっしゃていました。
破砕術よりは内視鏡術を勧められました。

投稿者 小山雅子 : 2022年08月14日 01:09

初めまして。大変に失礼かと存じますが、お尋ねします。
我が家の玄関スペースに、新築当時親戚から贈られた油絵が飾られています。その左下隅に「M.Kesako」と赤色でサインがあります。
NETで検索したらこのホームページにたどり着きました。
絵は、おそらく北海道層雲峡の大函の風景と判断します。
関係はないでしょうか。

投稿者 瓜生勝久 : 2022年08月14日 13:01

瓜生さま

たしかにM.kesakoなら間違いなくわたしのような気が自分でもしてしまいますが(笑)、全くの別人かと。油絵を描いたこともありませんし、層雲峡の大函の風景も見たことがありません。悪しからず。
  
              

投稿者 今朝子 : 2022年08月14日 21:21

だったら!我が家の宝物に!と、思っていたのに残念!
イニシャルとは言え同名とは不思議なものですね。
日本の画家一覧で検索しても、イニシャルに当てはまる人はいませんでした。きっと、一般個人でしょう。
ありがとうございました。
今後、ホームページは拝見させていただきますし、さらなるご活躍を祈念して失礼します。

投稿者 瓜生勝久 : 2022年08月15日 13:01



2022年08月10日

ビーフマサラカレー、トマトと茹でアスパラガスのサラダ

カレーは市販のレトルトで、サラダは亜麻仁油とポン酢を合わせた自家製ドレッシングで食す。
カレーの時は我ながら変わり映えのしないメニューだが(^^ゞ今日誕生した岸田新内閣の顔ぶれも変わり映えしない感じだし、数十年に一度の難局を乗り切るための重厚な布陣といわれても、ええっどこのダレが重厚なわけ (?_?) 西村とか河野とかどう見てもお目立ちの軽薄そうな兄ちゃんにしか見えないんですけど……なんて思ってしまうあたりが我ながら高齢者のオバサンなわけであります(^0^;)本当に人間は年を取ると現世の権威とか権力とか何も信用できなくなるもので、だから昔のオバサンも言いたい放題だったんだよな〜と今にして思い当たるワタシf(^ー^;
ともあれ自民党の人材難は今に始まったことでもないし、さりとて野党に隠れた人材がゴロゴロいるというわけでもなさそうなこの国では、そもそも政治なんかを頼りにしないほうが賢明なのだろうけれど、そうだとしても今後はますます未曾有の難局が押し寄せそうな予感いっぱいの中で、頼るあてが全くないという現実も受け容れがたいものがありそうだ。
一貫してなぜか意外なほど内閣支持率の高かった岸田首相だが、支持理由の多くは別に何かを期待していたというわけでは全然なくて、むしろ何かヘンなことはしなさそうな人物だという後ろ向きの認識だったのかもしれず、それがコロナにも物価高にも何にも手を打たないくせに、国葬するとか言いだしちゃったので、あれ〜!!!話が違うじゃん(-_^:)とお怒りの向きがあった上に、旧統一教会の件でも煮え切らない発言ばかりだったので愛想尽かしちゃった方も多々あろうかと拝察される。ワタシ的には旧統一教会の件が清和会に大打撃を与え、異常なほど長く続いた清和会政治がようやく終焉に至りそうな点を可としていて、今後も政治にさほどの期待は持てないまでも警戒心はやや薄らいだかもしれない。とにかく今後はしばらく国政選挙のない無風状態が続くわけだから、かなり思いきった政策も打てそうな気がするも、およそ思いきったことをやりそうに見えない首相だからこそ支持されてるのかも(?_?)といった存在の自己矛盾が岸田氏にはありそうです(-.-;)y-゜゜




2022年08月11日

ヤムウンセン

こないだのQPで見た料理。海老は背わたを取って少量の水と酒で蒸し煮にし、縦半分に切っておく。レタスの茎を斜め薄切りに、葉を千切りにして塩を揉んでしんなりさせておく。紫玉ネギ(ワタシは冷蔵庫に残っていたフツーの玉ネギを代用)は縦薄切りにして水にさらしておく。鶏ひき肉を茹でて取りだしておき、茹で汁を煮立ててアクを取ってから緑豆春雨を茹でて冷ましておく。以上を混ぜ合わせてナンプラーとレモン汁と砂糖と鷹の爪の輪切りと水を合わせたタレで調味し、横半分に切ったミニトマトとざく切りにした香菜を足して仕上げる。紫玉ネギ以外はQPのレシピ通りに作ったら、タイ料理店並に美味しく戴けたが、いやはや作るのが意外と面倒な料理でした(^^ゞ
食後に旧友のモリから電話があって「ねえ、今日は急に涼しくなったわよね〜」の第一声にワタシも同感し「空の色が完全に秋だったもんね〜猛暑が一番早く峠を越しちゃったのかしら。コロナも戦争も先がまだゼンゼン見えないけど」と応じて例の如くそこから色んな話に広がった。今日は特に宗教の話になって、カトリック信者のモリはロシア正教がローマ教会とはかなり異なる教理であることを話し、ワタシは自分がアメリカの独善的な対外政策にどうも馴染めないのは、ひょっとしたらキリスト教における「原罪」の意識が、カトリックと清教徒に影響を与えたプロテスタントのカルヴァン派とでは相当に違うからじゃないんだろうか?てな話をわりとマジにしてたのでした(-.-;)y-゜゜




2022年08月12日

チャプチェ、チヂミ、参鶏湯、テールスープ、キムチ

旧クラブの馬トモ人事部のSさんと近所の韓国薬膳料理店「葉菜」で食事。
Sさんは18日にご一緒する野田マップ「Q」のチケットを受け取りにいらっしゃって、久々に「葉菜」にお連れしたら「やっぱりここは何食べてもオイシイですよね〜」と歓ばれ、相変わらず超リーズナブルお勘定に感動!!のご様子。今日のご店主のオススメは写真のテールスープで牛エキスたっぷりの濃厚な味わいに舌鼓を打った次第∈^0^∋官公庁にお勤めのSさんは案の定この間いろんな問題が目白押しであたふたさせられて超大変だったご様子で、ワタシ自身もこの間は腎臓結石の闘病で大変だった事情をお話しし、いやはや例の事件でも人間いつどんなことになるかわからないわけだから、お互いやりたいことは出来るうちにやっといたほうがいいよね〜という話にもなり、来月には何が何でも釧路ドサンコ外乗にご一緒する約束をして大いに盛り上がったのでした(^^ゞ




2022年08月13日

イカのトマト煮

昨日のQPで見た料理。玉ネギとニンニクのみじん切りをオリーブ油でじっくりと色づくまで炒め、皮付きのまま輪切りにしたイカを炒め合わせ、白ワインを注いで火を通し、ミニトマトと粒マスタードと塩胡椒を入れて10分くらい蒸し煮。トマトを潰し混ぜて仕上げる。ミニトマトのほうが濃厚な味わいかも。パスタのソースにも使えそう。
土曜の晩ご飯時に見るTVは相変わらずTBSの報道特集で、今日は戦時下における報道の在り方をテーマにウクライナ公共テレビを取材する一方で、第二次大戦時下における日本のマスコミ報道を検証。いわゆる大本営発表のフェイク情報だけが悪かったのではなく、当時の新聞やラジオやニュース映画も自己検閲に走って不都合な真実を覆い隠したのみならず、国民が歓びそうな戦勝報道を垂れ流した問題が指摘されると、さもありなん!と思うばかりであった。その点はどっちもどっちもで、とにかく誰しもの信念がなぜか薄くて迎合体質になりやすいという国民性のようなものがあるせいか、マスコミ側は読者や視聴者の意向におもねるし、報道を受け取る側はそれを鵜呑みにして大勢に組みせんと欲する傾向は、つい先ごろのアベ銃撃事件報道の顛末を見ても顕著であろう。昨日の晩ご飯を共にした馬トモのSさんや旧友のモリは口を揃えて「みんなアベさんのことが、そんなに好きだったのかしら(?_?)確かそれまでマスコミはさんざん悪くいってた気がするんだけど」と事件直後の報道やそれに乗せられた人たちの行動に率直な疑問を呈されたから、「まあ、信念持って支持してた人が全くいないとはいわないけど、流行りもんに弱い人も多いんじゃないの。星野リゾートみたいなもんよ」と応えたワタシ(^_^;)でもって旧統一教会の問題が露呈したら、今度はさっきまで持ちあげてたのを忘れたようにマスコミも世間も一斉にそっちを向いちゃう信念の薄い迎合体質がわたしなんかは却って不気味である。こういう国民性がきっと戦前の「鬼畜米英」からいっきに戦後の「一億総懺悔」につながったのだろうと思われます(-.-;)y-゜゜




2022年08月14日

酢豚弁当、イカのマリネ

乗馬の帰りに大宮エキュートでゲット。
台風があった今週末も愛馬オランダの幼稚な子クリトンに騎乗。ただし1レッスンのみで、久々に高齢の男性インストラクターK先生の指導を受けることに。その前に若手インストラクターUさんに調馬索運動をしてもらったら、歩様がどんどん良くなって、ワタシが騎乗した段階ですっかり馬体が起きている感触が得られ、最初からサクサク走ってくれるのはいいけれど、暑さでこちらの躰がついていけず、ともすれば上体が仰け反り気味に(^^ゞ 現代の日本におけるメジャーな馬術は大きくブリティッシュ式とウエスタン式に分かれていて、K先生はブリティッシュとは別にウエスタンも過去になさっていたせいか、ウエスタンの手綱を片手で持つ方式が意外とブリティッシュの騎乗にも役立つという信念をお持ちのようで、今日はワタシがイマイチ乗り切れていないにもかかわらず途中から「片手手綱で乗って見ましょう」という声がかかり、両方の太綱を片手で一本にまとめて持ち、もう一方の手にムチを持ってクリトンを動かすことに。するとクリトンは相変わらずスイスイ進んでくれるし、こちらも手綱に頼らず脚だけで動かすいい訓練にはなる感じなのだけれど、大勒ハミのついた手綱は非常に重いせいもあって腕がぐいぐい引っ張られる感がハンパなく、馬場を2周ほどしたらもう耐えきれなくて音を上げたワタシ(-。-;)クラブから帰宅する車中でもいつになく肩が痛い感じで、いやはやサラブレッドやクオーターホースはともかくヨーロッパ系の馬場馬を片手手綱で騎乗するのはちょっとムリかもと思われたのでした(^_^;)
ともあれクリトンの歩様は上々で、この状態が持続すれば今秋には馬術大会の試合出場も見えてくる感じであります(*^^)v




2022年08月15日

車麩、茄子、いんげんの煮もの

今日のQPで見た料理。砂糖、塩、醤油、味醂で調味した出汁で車麩と茄子とインゲンに、ワタシは豚ロース肉の薄切りをプラスして、10分以上じっくり煮込んだだけなのに意外とおいしく食べられました∈^0^∋車麩は水に30ほど浸けて戻ししっかり水を切って使うこと。茄子は縦二等分してから斜めに切れ目を入れておき、皮目から表面を油で焼いておくこと。フライパンを使うと食材別に分けてたっぷり煮ることができます!
終戦記念日の今日ちょうどウチに届いた「小説すばる」誌に、歴史学者の加藤陽子さんが9月新刊予定の拙著『愚者の階梯』を早くも書評して下さっているのが有り難かった。
ご存じの通り、加藤さんはスガ政権下で起きた日本学術会議任命拒否問題でパージされた6人のうちのお1人で、スガドンも唯一この方の「それでも、日本人は『戦争』を選んだ」という名著だけは読んだことがあると発言。わたしはその問題をきっかけに戦前の滝川事件や美濃部達吉の天皇機関説問題が気になったのはご多分に洩れずといったところだろうが、当時の新聞記事を読んでみたら天皇機関説問題の異常さが再認識されたのと、たまたま同時期にラストエンペラー溥儀が来日して歌舞伎座で観劇していた事実を知って、この二つの出来事をモチーフに『愚者の階梯』を書き上げたわけなので、学術会議問題の当事者であられた加藤さんに書評して戴けたのは当然ながら望外のことである。実は加藤さんとは、翻訳家の松岡和子さんが去年の毎日出版文化賞を受賞された会場で初めてお目にかかった折に、先方がなんと拙著を読んで下さっていることにビックリし(!_+)集英社の編集者にその話をしたら、「小説すばる誌」担当の布施さんがさっそく『愚者の階梯』の書評をオファー(゜;)それを快諾されたと聞いてまたまたビックリしたのでした(^_^;)ともあれ近現代史の泰斗であられる加藤さんからのご好評を得て、歌舞伎界を舞台にした時代ミステリー昭和三部作がついに完結するのは我ながら嬉しい限りで、本書の紹介はまた後日お知らせ覧に掲載します<(_ _)>昭和5年に開始して10年で完結する同シリーズで、わずか5年間に時代がガラッと変わる恐ろしさ痛感したわたしとしては、いったん始まったら最後だれにも止められない「戦争」というものを起こさせない方法は、とにかく皆がそこに至る芽を見つけ次第に潰すしか手はないので、今後やたら芽が出そうな気配が漂うこの国の警戒を怠らないようにしなくてはなりません(-.-;)y-゜゜




2022年08月16日

スパゲティ ブッタネスカ

今日のQPで見たのは鶏バージョン。オリーブ油でサイコロ状に切った皮なし鶏胸肉を炒め、色が変わったらニンニクのみじん切り、鷹の爪の輪切り、アンチョビを炒め合わせ、トマトの水煮缶を加えてケッパーと黒オリーブの粗みじんを入れて10分以上煮込んでからパスタに混ぜてからめる。鶏肉は塩胡椒で下味を。今日みたいな暑い日に美味しく食べられる料理だけど、火をけっこう長く使うので調理は大変(^_^;
けさのワールドニュースでは欧州各局が、タリバン政権1周年を迎えたアフガニスタンの元の木阿弥的な惨状を報じており、フランス2の国内ニュースは相変わらず史上稀な旱魃と山火事の頻発を取りあげ、ドイツZDFも相変わらずガス不足問題をどう乗り切るかについて細かく報じていたが、いささか新味があったのは英国 BBC のトップニュースで、英国は早々と世界に先駈けてオミクロン株対応型ワクチンを承認し、今秋にもブースター接種が始められそうな勢いらしい。モデルナ社製のワクチンで、今のところ治験者に副反応が強く出た例はないらしいのが幸いとはいえ、何せモデルナ製だからな〜日本に輸入されてもやっぱ様子見だよな〜なんて常に思っているワタシでしたf(^ー^;