トップページ > ポークソテー粗おろしリンゴソース

2020年10月02日

ポークソテー粗おろしリンゴソース

こないだ見たQP通りに作ってみた。豚ロース肉は叩いて、スジを切って、塩胡椒して薄力粉を振って片面を強火でこんがりと焼き、両面焼いてしっかり火を通すこと。オリーブ油で玉ネギのみじん切りを炒めてからバター、粗くすり下ろしたリンゴを炒め合わせてシナモンスティックを折って加え、水ハチミツ醤油の合わせ調味料を入れてさらに加熱したソースを焼いた豚ロース肉にトッピング。付け野菜のベビーリーフも Q
P 通りだが、皮ごとチンしたジャガイモはワタシが加えました(^^ゞ とにかくソースが美味しいので久々のオススメ料理!シナモンは必須かもです。
今夜はトランプ君がついにコロナ感染したというニュースを聞いてつい重篤化しちゃえばいいのに(^_^;)と思っちゃったのは英国ジョンソン首相の豹変ぶりを見ているからで、ブラジルのボルソナロ君みたいに軽症で済んでしまったら、ホラみろ、ただの風邪じゃないか!と言って米国の感染拡大がますます止まらなくなるのを恐れるせいだった。大統領選でもし彼に悪い影響が出そうほど症状が重くなったとしたら、神は人類を見放していない証拠のように思う人たちも全世界にいそうだし、結局は病に負けた的な展開は最近アジアのどこか国でもあったよね〜という気がしたものである。ところでそのアジアの某国では前政権を丸ごと受け継ぐとした現政権トップがただただ剛腕ぶりを見せつけたいためなのか、学術会議のメンバーを丸ごと承認しなかった件が非常に気持ち悪く感じられるのは、目下ワタシが昭和初期を背景にした時代ミステリーを書いていて、当時はいわゆる京大滝川事件で政府が学界に人事介入し始めてから世の中の流れがどんどんおかしくなっていくのを史料で見ているせいだろうが、それにしても前政権から続く反知性主義の流れを象徴するような出来事に思えてならず、スガドンに入れ知恵してこうした決断を下させた人物や背景等をきちんと取材して明らかにしてもらいたいものであります(-_^:)


コメント (1)


日本学術会議の任命拒否で、以前から考えてたのですが、アベやスカ、アソウなどが学問や芸術などを軽視する反知性主義の根底には強い学歴コンプレックスがあるのではないでしょうか。官僚と同様、学者でも「自分の考えに反対する者は左遷させる」程度の認識しかないのか。(いくら何でも、そこまで無知&無恥じゃないだろう)と思わせる所が奴らの狙い目なのかも。こんな無法をやりたい放題のスカ政権、この危機的事態にメディアは立ち上がって追及して、撤回させてもらいたいと強く憤っています。トランプの体調、大統領選挙の行方も無関心ではいられず、やはり報道から目が離せなくなってしまいました。
シゲちゃんに続いて、トモちゃん(碇知盛が好きなので)の誕生もおめでたいです。家に生き物がいるのはいいですよね。うちの老猫ウサコも頑張って欲しいです。

投稿者 ウサコの母 : 2020年10月02日 23:35

コメントしてください




ログイン情報を記憶しますか?


確認ボタンをクリックして、コメントの内容をご確認の上、投稿をお願いします。


【迷惑コメントについて】
・他サイトへ誘導するためのリンク、存在しないメールアドレス、 フリーメールアドレス、不適切なURL、不適切な言葉が記述されていると コメントが表示されず自動削除される可能性があります。