トップページ > 鴨ロース他の突出し、冷製生姜入り茶碗蒸し、帆立貝と鰯と鯛のお造り、夏野菜の炊合せ冷製小鉢、鮎の塩焼き、鱧の天ぷら、谷中生姜の肉巻き、梅とちりめんじゃこの釜飯ほか

2019年07月27日

鴨ロース他の突出し、冷製生姜入り茶碗蒸し、帆立貝と鰯と鯛のお造り、夏野菜の炊合せ冷製小鉢、鮎の塩焼き、鱧の天ぷら、谷中生姜の肉巻き、梅とちりめんじゃこの釜飯ほか

漫画家の萩尾望都さんと大宮東口の和食「和色」で食事。望都さんから昨日突然のメールで、今日大宮ソニックシティのイベントにゲストで招かれているので軽く晩ご飯しませんか的なお誘いがあったため、先日翻訳家の松岡和子さんとご一緒した店にご案内した次第。私はたまたま一昨日幻冬舎のヒメとお茶の稽古へ行く前に銀座松屋で催されている萩尾望都原画展を頂戴したチケットで拝見したばかりだったので、初日から大変な人出でしたよ!グッズもバンバン売れてたし!それにしてもワタシがちょうど大学生になったばかりの頃の原画をあれだけ綺麗に残してらしたってスゴイですよね〜というような話をして、大英博物館のマンガ展に合わせた「五月のロンドン旅行は如何でした?」と伺ったら「一応外務省から旅費が出た旅行なもんで、その分しっかり働かされました(^0^;)」とのこと。取りあげられたマンガ作品はさまざまで、なぜこの作品があって、あの作品は入ってないんだろう(?_?)みたいな感じもあったから、同展を企画した大英博物館の「キューレーターの方にどういう基準で選んでらっしゃるのか訊いてみたんですね。そしたら全く私の趣味ですと答えられました」という話には笑えたσ(^◇^;)他にも短い間に多種多様な話題が出て、昨今の異常犯罪やらネトウヨ問題にまで話が及んで、世界的に色んな意味で貧しくなっている人間社会は一体どうしたもんなんでしょうね〜と最後はお互い憂慮の顔を見合わせるばかりでした(-.-;)y-゜゜


コメント (2)


大英博物館のマンガ展で取り上げられた作品はどのようなものだったのか興味が湧き、基準がキュレーターの趣味と言うのは微笑ましく笑顔になりながらも責任や裁量がかなりキュレーターに任されていて、信頼され責任を委任されている働き方が英国ではされているのだと思いました。
何となくで、詳しく知っているわけではありませんが、日本のキュレーターはいちいち施設長に忖度や確認しなければいけないイメージで、英国とは違っているかもと思いました。

望都さんとは頻繁に会っている訳では無いが気の置けない親しい友人関係なのだなあとブログでお話の中身を少し教えて貰えて満足満足(心の声です おこがましい気もしますが。(∀`*ゞ)テヘッ)。

投稿者 nao : 2019年07月28日 22:02

 お二人は仲良しさんなんですね。何だか嬉しくなってきました。
テープ回して欲しいです。
これからもどんどん良い作品を作っていただきたいお二人です。

投稿者 はっち : 2019年08月01日 16:13

コメントしてください




ログイン情報を記憶しますか?


確認ボタンをクリックして、コメントの内容をご確認の上、投稿をお願いします。


【迷惑コメントについて】
・他サイトへ誘導するためのリンク、存在しないメールアドレス、 フリーメールアドレス、不適切なURL、不適切な言葉が記述されていると コメントが表示されず自動削除される可能性があります。