トップページ > ビーフシチュー載せオムライスのセット

2019年06月02日

ビーフシチュー載せオムライスのセット

乗馬の帰りに川越駅ナカの星乃珈琲で会友のOさん、Midoさん、Mamiさんと食事。
梅雨入り直前の比較的過ごしやすい曇天に恵まれた今週末も愛馬オランダの幼稚な子クリトンに騎乗。1鞍目は 20×60 の広めの馬場で速歩のフラットワークをさくさくこなし、ジグザグに画くハーフパスにもチャレンジしてクリトンはそこそこ好調だったにもかかわらず、駈歩になるとワタシがへたって持続させられず(^_^; ただ「松井さんのように小柄な人は馬と一緒に弾んでやって背中に刺激を与えることで推進気勢をかけるといいですよ」というS先生のアドバイスにはナルホド感があって、サラブレッドには応用できない気がするもクリトンには今後に活用したいと思った次第。で、二鞍目は「バランスで乗る練習をしましょう!」とのことで調馬索で回してもらいながら片手手綱で騎乗して色んな動作をしながら推進気勢をかけて駈歩につなげる練習をし、片手で手綱を持つと手綱を余計に引く力が入らない分サクサク馬が動くから駈歩の発進もしやすいのだけれど、発進の際にクリトンの瞬発力がありすぎてこちらがバランスを崩した結果やはり駈歩が持続できなくなるのはザンネン(-。-;)「今のこの馬は駈歩の最初がバッとダッシュしやすくなってるけど、そこを何とか持ち堪えたら落ち着いた駈歩をさせられるはずですよ」といわれても、こっちはダッシュの際に落ちないようにするのが精一杯なのと、腰の送りを相当に大きくしないと巧く随伴できずにストップさせちゃう馬だから、いやはや駈歩で乗りこなすのはホントに大変で、前に一度試しにクリトン乗ってもらったOさんも「いや〜松井さん、今のクリトンにはよくぞ乗ってると思うわよ。最初にバッと飛びだす時に、ハタで見てたらお腹で受け止めて踏ん張ればいいのにとか思ってたけど、いざ自分が乗ってみたらモノ凄い持って行かれ方で前に倒れちゃったもんね〜」とのこと。というわけで今日はMamiさんやMidoさんにも試しにゼヒ一度乗ってみてください!と申し上げたのでした(^◇^;)


コメントしてください




ログイン情報を記憶しますか?


確認ボタンをクリックして、コメントの内容をご確認の上、投稿をお願いします。


【迷惑コメントについて】
・他サイトへ誘導するためのリンク、存在しないメールアドレス、 フリーメールアドレス、不適切なURL、不適切な言葉が記述されていると コメントが表示されず自動削除される可能性があります。