トップページ > 塩タラのカレーマヨ炒め

2018年07月23日

塩タラのカレーマヨ炒め

QP指定の紋甲イカが手に入らなかったのでタラで代用。玉ネギとパブリカを炒め、酒と胡椒で下味した塩タラを炒め合わせて、カレー粉マヨネーズ酒おろし生姜ケチャップ塩を混ぜた合わせ調味料を入れて仕上げた。
とにかく日本各局のTVニュースがただ暑い暑い!と誰でもわかってることしか報じないくらいに局員の暑さボケが極まった今日、ワールドニュースではフランス2がウミガメ保護のニュースを特集してワタシの目を大いに和ませてくれました\(^O^)/ウミガメが大きく取りあげられたのは現在世界中で大問題になっているプラスティックゴミ問題にからめてのようだったが、けさはインド T Vもこの問題を大きく扱って、ペットボトルの中にあらゆるプラスティックゴミをぎっしりと詰め込んで「プラ煉瓦」なる物体にし、このプラ煉瓦を建材にしたり道路整備に使用する(!_+)といったプロジェクトが着々と進行中との報道で驚かしてくれた。人間は「道具や言葉を使う動物」というより今や「ゴミを出す動物、しかも地球に有害な!」と定義したほうがぴったり来そうな感じだが、試合後のゴミ拾いで世界を感心させたらしい日本なのに、目下世界中の強い関心を集めてそれなりの取り組みも始まっているプラゴミに関しては、アジア諸国の中でもイマイチまだ本気の取り組みに至らない感じがするのは何故なんでしょうか(?_?)


コメント (1)


プラ煉瓦?目からウロコの気もするし。やや疑問な気も(耐用年数は多めに見積もり二十年?)画期的な新技術でもっと長いのかもしれないが。プラスチックは劣化が早い。もって二十年と言う固定観念から離れられない・・・。でも土に還るわけでもないんですよねえ・・・。


ゴミ問題はかなり前から関心を抱いていますが。一番最初に思いつくのが、プラスチックは燃えやすく、温度も高くなりそうだから有害物質を排出しないように施設を作り、発電や熱利用に上手く使い、きちっと回収できるようプラスチックごみは有効燃料体制を整えるのが良い気がするが。その前にリサイクルで再利用するのも有効程度しか・・・。想像力が欠如しすぎの頭が固すぎかもですが。

投稿者 nao : 2018年07月23日 23:18

コメントしてください




ログイン情報を記憶しますか?


確認ボタンをクリックして、コメントの内容をご確認の上、投稿をお願いします。


【迷惑コメントについて】
・他サイトへ誘導するためのリンク、存在しないメールアドレス、 フリーメールアドレス、不適切なURL、不適切な言葉が記述されていると コメントが表示されず自動削除される可能性があります。