トップページ > チキンのシャリアピンステーキ、コブサラダ

2017年12月29日

チキンのシャリアピンステーキ、コブサラダ

乗馬クラブの帰りに大宮エキュートでゲット。
忙中閑あり、というわけで今日はクラブの年内最終日とあって乗り納めで行ったらやっぱり土日の常連メンバーが集結(^0^;) 当然ながらワタシのお相手は愛馬オランダの幼稚な子クリトンで、ナビキュラー症も順調に快方に向かっているため、大勒は使わず水勒一本だけでS先生は一応軽い駈歩までなさっていて、ワタシも水勒だけで速歩までとはいえ今日は三湾曲と八の字に加えて肩内やハーフパスまで取り入れたレッスンになり、静反動でA2課目の径路を回り始めたところで、洗い場のほうからS先生を呼ぶ会員さんの声が聞こえ、慌てて先生がそちらに向かわれたのは脱走の常習犯であるドサンコのパピ君が放牧場から逃げだしたためでした!(^^)!パピ君がイノシシみたいに彼方へ突っ走って行ったのを見ていたら、「松井さん、レッスン終了!危ないから降りて」という先生の声で下馬した途端に、どこからともなく現れたパピ君が今度はこちらの馬場横を疾走するのでクリトンも昂奮してバタついてしまい(@_@;)ああ、降りてて良かったと思うこと頻り(>y<;)
ともあれパピ君は無事に捕獲されて、ワタシは下馬したあと久々にクリトンをお湯シャワーとシャンプーで丸洗いしてやると、こっちも!こっちも!という具合に自ら痒い部分をこちらに差し出してくるクリトン君でした(^◇^;)それにしても、こんなに人に世話を焼かせるというか、人に構われるのをのを好む馬も珍しいと、これは先生も常々おっしゃっていて、「僕がエサやったら、ちょっと立ちあがり気味になって歓びますからねえ」とのこと。それでいて他の馬には、これまた立ちあがり気味で歯をむき出して威嚇するから困ったもんで、馬というよりはデカイ犬というか、どうも草食動物とは思えない感じの反応を示す、相当に変わりモンの馬であるのは確かなようです(-.-;)y-゜゜
そんなわけで今年一年クラブにも先生にもクリトンにも大いにお世話になって、快適な乗馬ライフがエンジョイできました(*^^)v来年はついに高齢者の仲間入りをする記念に、一度試合にも出てみようかな〜と思ったりしてます(^^ゞ


コメント (1)


ぜひ試合に出てください。少し心配症になりますが、万一何かあっても、今朝子様は悔いなく人生を生きたと満足されて後悔しないように思います。

もちろんご無事でもっとずっと自分より健康で長生きしてもらいたく切望していますが。惚気っぽいですが、主人にもそう思います(本当は自分が悲しく思う事があるよりは自分が先に死んだ方が得と言う打算ですが"(-""-)")。

Yahooコメントで消耗したり疲れたりすると、こちらに入り浸りぼーっと読むのが一番の楽しみで、アーカイブもかなりふらふら楽しませていただいています。

投稿者 nao : 2017年12月30日 01:09

コメントしてください




ログイン情報を記憶しますか?


確認ボタンをクリックして、コメントの内容をご確認の上、投稿をお願いします。


【迷惑コメントについて】
・他サイトへ誘導するためのリンク、存在しないメールアドレス、 フリーメールアドレス、不適切なURL、不適切な言葉が記述されていると コメントが表示されず自動削除される可能性があります。