トップページ > 鶏肉とパブリカのカレー蒸し煮

2017年06月29日

鶏肉とパブリカのカレー蒸し煮

一昨日のQPで見た料理。玉ネギとパブリカを同じくらいの大きさに角切りしてニンニクを入れた油で炒め、いったん取りだしてから塩とカレー粉をまぶした鶏もも肉を炒め野菜を戻して水とケチャップを加えて16〜7分蒸し煮にするだけのカンタン料理。
いやはや必死になってフォロー記事を載せてる夕刊フジが気の毒になるくらい、現政権のほころびが露呈しまくる昨今、京都の妹は「籠池から始まって、次から次へと出て来る人がみんな面白すぎて、吉本が勝たれへんがな〜」とのこと (^0^;) 「大体政治家が悪いことしてたり、ウソついたりするんは、私ら昔から知ってるんで、もう別にええんよ。そやけどウソつくにしても、もうちょっと上手につけんか!て言いたいねん」ごもっともである。とにかく政治家はコトバを上手に操るだけのお仕事ともいえるので、同じくコトバ操る商売の弁護士あがりの人も多いようだが、それにつけてもワタシがどうしても信じられないのは弁護士あがりのはずの防衛相が、失言の宝庫と化している現実である。どうしてこんな人が弁護士になれたんだろう(?_?)とフシギでならないのだけれど、やはり類は友というべきか、どうしてこんな人が総理になれたんだろう(?_?)と思わざるを得ない自らの危機管理と危機対処能力が極めて低い人物もいるわけでした(-.-;)y-゜゜
今日は写メがなぜか送信不能でアップできません(v_v)


コメント (1)


楽しくブログを読ませていただいております。
6月28日、釧路”ひょうたん”でメンメ酒蒸しをいただいてまいりました。「なぜここに」の女将さんの質問に「松井今朝子ブログで」から、『颶風の王』(前日旭川で求め、初版でした!!!)の話になり、興味深い話を伺うことができました。
大満足の釧路の夜でございました。これぞ読徳(笑)

投稿者 熊谷登志子 : 2017年07月01日 17:08

コメントしてください




ログイン情報を記憶しますか?


確認ボタンをクリックして、コメントの内容をご確認の上、投稿をお願いします。


【迷惑コメントについて】
・他サイトへ誘導するためのリンク、存在しないメールアドレス、 フリーメールアドレス、不適切なURL、不適切な言葉が記述されていると コメントが表示されず自動削除される可能性があります。