トップページ > 洋風総菜セット、甘エビの握り鮨

2017年04月02日

洋風総菜セット、甘エビの握り鮨

乗馬の帰りに大宮エキュートでゲット。
ホーホケキョ〜とウグイスが啼き、プラムの花の下にポニーが佇んで春の到来が実感された今週末も2鞍騎乗。1鞍目は最近よく当たる小柄な優等生鹿毛ボー君でデカトロッターのリラ嬢との部班レッスン。何しろ歩幅が全然違うので、めちゃスピーディに動かさないと前のリラ嬢には追いつかず、それでも速歩では何とか食らいついて行ったおかげで、別行動になった駈歩の発進がいつになくスムーズに行った。当クラブでは馬を余り抑えて乗らないよう注意され、むしろ速く動かしたほうが馬が集中するといわれるのもむべなるかなの快走を見せてくれたものの、ボー君は右手前の乗り心地に比べて左手前のほうは反動が大きすぎるので駈歩の持続が難しく、今後に課題を残した格好だ。2鞍目は幼稚なオランダの子クリトンで、ついうっかり私でも調馬索を使っての調教が出来るでしょうか?なんて訊いたために、では早速やりましょう!ということになり、調馬索のツナギ方やらムチの追い方やら何やら全く初めてのことをS先生から丁寧に教わって、いざ始めたら「松井さん腰が引けてますよ!」と笑われるわ、グルグル自分の周りを回る馬を見ているうちにこっちは目がグルグル回って自分の立ち位置が定まらなくなったりするわで結構大変でしたf(^ー^;
こんな前置きがあったので騎乗してのレッスンはまたまた部班レッスンとなり、今度はなんと5歳サラ栗毛のメロ君とオレ様系ドサンコのパピ君というそれぞれ大きさが相当に違う馬たちの三部班(@_@;)なので当然ながら部班というより一つの馬場でそれぞれが勝手に走行するフリーレッスンとなり、「競技会の練習はこういう感じになるんですから皆さんも馴れといてください」とS先生。かくしてクリトンと私は2頭の動きを避けながらもS先生の指示通り速歩で三湾曲や肩内からハーフパスまでをクリアし、「これならあと駈歩ができたらOKですね。やってみますか?」と言われたものの、駈歩は今まで調馬索でキープしてもらいながらだったので、いきなり三頭の入り乱れる空間で独り駈歩をする自信はなくて次回のマンツーマンレッスンにに持ち越しと相成った。それでも今日はひょっとしたら独り駈歩が出来るかも?と思えたくらい我ながら馬が手の内に入った感じで、屈頭の位置がだんだん下がって来ても脚で起こせるくらいには乗り慣れて来ている。片やクリトンも競技会に出るための訓練を積んでるうちに全身の筋肉が整ってより乗りやすくなったのかもしれない。ともあれ全日本出場枠を確保するために、S先生はもう一試合エントリーして今度はS2課目にチャレンジするつもりのようで、前のクラブではセントジョージで優勝した経験も持つ競技馬なのに「この馬は競技馬らしいピリッとしたとこが全然感じられませんよね〜競技馬はふつうもうちょっと威厳とか風格があるもんだけどな〜」と先生にいわれる始末。まあ早い話ピリッとしたところの全然ない素直で幼稚でボーッとしてる馬だからこそ私なんかでも乗らせてくれるのではないのでしょうかσ(^◇^;)


コメント (1)


思い出しました昔の、高校生の頃。同級生や姉の同級生を自分と母と姉とでいろいろ会話して思った結果、天才的に優れた人は、どちらかと言えば、凡才な印象を受けたことを。そして、そのあと生きて行く上で優れた資質を持つ人はどちらかと言えば天才的でなく普通(中庸)の人が多いと思ったことを。
 天才的な人はそれを良く言うとで悪く言うと結構欠点を持っていると思います。依怙贔屓ですが、クリトンは優れていると思いました。

投稿者 nao : 2017年04月03日 22:01

コメントしてください




ログイン情報を記憶しますか?


確認ボタンをクリックして、コメントの内容をご確認の上、投稿をお願いします。


【迷惑コメントについて】
・他サイトへ誘導するためのリンク、存在しないメールアドレス、 フリーメールアドレス、不適切なURL、不適切な言葉が記述されていると コメントが表示されず自動削除される可能性があります。