トップページ > 2021年01月の月別アーカイブ

2020年12月 |メイン|

2021年01月01日

新年あけましておめでとうございます!今年もどうぞよろしくお願い致します<(_ _)>

今年はコロナに負ない体力をつけるにも、まずはお正月に美味しい食事を!というわけで写真は京都祇園「川上」のおせちと自家製の京風白味噌雑煮です。




2021年01月03日

プルコギ&チヂミ&キンパ&チャプチェほ韓流弁当

乗馬の帰りに大宮エキュートでゲット。
今日から始動の乗馬クラブで新年の初乗りを(^^ゞお相手はもちろん愛馬オランダの幼稚な子クリトンで、昨日いらして下さった石田先生にしっかり調教されたせいか、ワタシの単独騎乗でも馬場的な良い歩様で手の内に収まった走行をしてくれたのは何よりでした(*^^)v 昨年はコロナ禍で休職中の Sシェフがボランティアで厩務を手伝って下さっていたのだけれど、この方が今日はこれまた持ち出しで美味しいお雑煮を振る舞って下さったのも今年のお正月ならではで、コロナ禍にもささやかな幸ありというべきかもしれません∈^0^∋ ともあれ戸外でソーシャルディスタンスを保ちやすいスポーツとして乗馬人気は高まりつつあるのかも(?_?)と思うくらい去年から会員さんは意外とマメにいらしてるし、ビジターや体験乗馬の方も結構あるようだ、今日のクラブは大盛況でした(^◇^;)




2021年01月04日

ミートスパゲティ、コーンポタージュスープ

ミートスパは昨年末に食べた牛頬肉煮込みソースの残りを使いたかった料理(^^ゞ玉ネギとニンニクのみじん切りと牛豚ひき肉を炒め合わせて塩胡椒し、トマトの水煮缶を入れて残りのソースを加えてさらに塩胡椒で調味したら、そこそこの店で出せそうな美味しさに仕上がりました(*^^)vスープは市販のレトルト。
昨晩、京都の妹に電話してビックリだったのは、甥っ子が前夜の3時頃に胸痛を訴え息苦しい!といって救急車を呼ぶ騒ぎになり即刻入院 (@_@;) 病院では縦隔気腫という気胸と似たような病気と判明したものの、時節柄 PCR 検査も当然受けるはめになり、結果、幸い陰性だったが、甥っ子は理学療法士という医療従事者だし、父親は歯科医師で、妹も障害児の養護施設を週2で手伝っているため、もし陽性だったら大変な騒ぎになるところだったとのこと。救急車は2軒の病院に受け容れを拒否されたらしく、3軒目の日赤に入院できたのはまだしも幸いだったといえそうで、とにかくこうした急病もコロナ禍に翻弄される事態を考えたら、医療崩壊は断じて喰い止めなくてはならないと思うけれど、果たして今後発出されるであろう緊急事態宣言に一体どれだけの効果があるのか甚だ疑わしい気がしないでもないのである。用心する人はもう十分すぎるほどの用心をなさってる一方で、欧米と比較して桁違いの数字から日本人のファクターXを信じてる人や信じたい人、ごく一部の医療従事者にしわ寄せが起きてる感じの医療崩壊の実態から医療体制そのものを先に見直すべきだと批判的に考えてる人、経済の歯車を止める形で前途有意の若者が何も寝たきり老人の犠牲になる必要はない!と確信犯的に行動してる人などなど色んな見方や考え方ができることで、人間社会の分断をいやが上にも進めてしまうホントに困った新型コロナ君というべきか(-。-;)それにしてもやはり政府がマズったな〜と思うのは、治療法がある程度確立されたので重篤化や死亡はかなり避けられるようになったと夏頃に喧伝しすぎていたこととや、GOTOキャンペーンが過って伝えるかたちになった「日本はもう絶対安全です!」的なメッセージや、スガドンを筆頭に現政権を担ってるはずの人たちが年末にやたら大勢で集まって飲み食いしてた事実が伝える「ほうら、こんなことしてても大丈夫!」メッセージであります(-.-;)y-゜゜




2021年01月05日

豚肉と蕪と餅の炒めもの

お雑煮のお餅が残ってたので、こういう料理を何かで見たかも?という感じで適当に作ったわりに美味しくできたからオリジナルレシピをご紹介。豚バラ肉をしっかり炒め脂をきって取りだしておく。ゴマ油とふつうの油を併せて蕪と餅を色づくまで炒め、酒を振ってアルコールを飛ばし水を少し入れて蒸し焼きに。火が通って蕪も餅も軟らかくなったら蕪の葉を加え肉を戻し、醤油を回しかけ、柚子の皮を散らして仕上げに一味を振る。蕪は皮を剥いて四等分にしてから炒めること。餅が余ってたらオススメです!
今日は妹から甥っ子の無事を知らせる電話があって、今やコロナと関係ない病気でも面会謝絶になってる!病院事情を聞くなどした上で、緊急事態宣言後の感染状況が果たしてどうなるかや、とにかく政府の対応が余りにも鈍くさいことや、去年の春からず〜っと同じ病気に取り組みながら先進国のわりに感染状況の細かな分析や検証をほとんどしていないらしい各官庁の怠慢や、特措法を見直すなどといいながらそもそも国会を1/18まで開かないってどうよ!の話になったあげく、最後とうとう国会議員は選挙のことしかアタマにない超自分勝手な奴らとしか思えない(-_-#)と妹は久々にお怒りモード全開でございました(-.-;)y-゜゜




2021年01月06日

牛肉とレンコンの柚子胡椒炒め

前にQPで見た料理の応用編。牛肉は酒醤油で下味しカタクリ粉をまぶして先に炒めておく。これとレンコンの薄切りとエリンギをゴマ油で炒め合わせて味醂、醤油、柚子胡椒で調味。
緊急事態宣言が発出される前日のきょうは何せ水曜日だから、東京の感染者数が1500超となるのは昨日の数字からもある程度予測されたことだろうし、欧米の数字と比べたらさほど恐るるに足らずと思う人も少なくないだろうけれど、食事しながらBS-TBS報道1930を見ていていささか驚いたのは検査数がいまだ13000件に留まっている(!_+) らしいことで、13000中の1500超は結構キケンな数字に見えなくもないのだった(-。-;) にもかかわらず政府がそれほどの危機意識を持っていないような対応をして見えるのは、やはり国会議員の、なかんずく自民党議員の感染者が非常に少ないせいなのかも (?_? )と思ったりする。もし陽性になっても隠してる人がイッパイいそうな党でもあるが (^◇^;)ひょっとしたら国会議員はPCR検査を受けてる人自体が少なかったりするんだろうか?と思ったのは羽田議員が検査を受ける前に亡くなったというニュースのおかげだ。というわけで俳優が舞台に、あるいはアスリートが試合に臨む際は、今や必ずといっていいほどPCR検査をしているようなので、1/18の国会開会の際も当然ながら全議員にPCR検査が行われてしかるべきだろうし、その結果を全員公開してこそ、日本政府の諸外国政府に比べて超ゆるゆるなコロナ対策しか講じない理由が成り立つというか、ある程度ハッキリするのかもしれません(-.-;)y-゜゜


コメント(1)

ロックダウン3の渦中にあるUK在住者です。ご存知のように日々感染者数も入院患者数も死者数も上昇してます。特に、この二週間にますますひどくなっているのは、変異型の感染力が強いのもあるのでしょうが、やはり、クリスマス休暇に気が緩み、規制を無視した人が多かったのではないかと思われます。
すでに医療崩壊寸前なので、医療従事者の負担を少しでも減らし人命を救うためにも、いまは国をあげて我慢するときのようです。ただ、ジョッギングなど、個人での運動のための外出は許可されてる(乗馬学校は閉鎖です、涙)ので、犬を近くの森へ連れて早歩きで散歩をするのが心の支えです。やはり体を動かすのは、精神的にも大きな効果があると実感します。
東京の1日の検査数が13000件って、本当にびっくりです。UK全土ですが昨日の検査数は50万件弱でした(陽性は6万人を超えてます)。どうして日本は検査数をもっと増やせないんでしょう?日本は有名人や社会的地位がある人が感染した場合には、非難の目で見られ、公の場で謝罪したりするようですね。感染したことで非難されなきゃいけないのもどうかと思うんですけど、そういう風潮があると、やはり、特に元々隠すのが得意な政治家は、わざわざ公にしないような気がしてきますよね。

投稿者 TANA : 2021年01月07日 07:06



2021年01月07日

豚肉、大根、小松菜のカレー煮

お正月明けのカレーと七草粥のイメージからこのメニューに(^^ゞレシピは昨年2/29のブログをご覧下さい。これを食べようとしてちょうどTVを点けた途端にスガドンの記者会見が始まってくっつり視聴するはめに(^_^; もちろんメルケルさんのような名スピーチは期待するべくもないし比べようとも思わないが、それにしてもコトバで訴える力のまるでない人なのがあきらかな会見で、その内容も時短要請の補償金額が一事業者あたり1月120万から180万になったからってどうよ(-.-;)y-゜゜な感じだし、雇用を守る!ことには語気にある程度ホンキ度が感じられたものの、命を守るための無症状者に対する PCR 検査徹底に関してはとても気乗り薄のようで、オリンピック開催を決める期限が近づいたらひょっとするとまたもや検査数を絞りかねない感じすらしたし(¨;)かといってもはやオリンピックに関しては当然ながら開催を確信する力強さが全く感じられない発言だったし、そんなわけでおよそ展望の見えないことだけが正直に語られたスピーチだったというべきでしょうか。この会見の直後に電話をくれた旧友のモリは「本当にアイコンタクトで話すのが全然できない人なのよね〜人生うしろめたいことばっかりだったみたいに必ず目をそらして話すんだよね〜」という観察を述べたのが面白かったです(^0^;)




2021年01月08日

ポークチャップ

家庭科で最初に習うみたいな洋食の定番料理を今日のQPのレシピ通りに作ってみた。フライパンで櫛切りにした玉ネギを色づくまで炒めていったん取りだしておき、生姜焼き用の豚ロース肉を半分に切って色づくまで炒め、玉ネギを戻してケチャップ酒ウスターソース醤油の合わせ調味料を回しかけて仕上げるだけ。肉に下味は不要。付け野菜のほうれん草は塩と油を入れた湯でゆがくだけ。
けさのワールドニュースは世界各局がトランプ君の悪あがきによる米国の国会デモ暴動を大きく取りあげ、各国首脳の意見を収録。メルケルさんはもとより英国のミニ・トランプといわれたジョンソン首相でさえこれを厳しく批判していたのが印象的だ。日本ではもはやトランプ君がオワコンと化したのか(?_?)4人も亡くなったこの暴動事件をさほどきちんと取りあげた局はなかった感じだが、国家が一人の狂人に揺るがされた過去を持つドイツZDFがこの問題を極めて真剣に扱っていたのはむべなるかなであろう。この事件の扱い方に(゜;)エエッと驚かされたのは中国TVで、このデモを香港の民主化運動のデモと比べて、米国民の多くが前者を非難し、後者を賞賛してるのはおかしいじゃないか!という論調なのには呆れてしまった(-。-;)それにしても全米のトランプ支持者は全く懲りない人たちとはいえ、一部にでもここまで心酔されて熱狂的に支持される政治家の存在を想定しにくい国に生まれたのはある意味で幸いともいえそうな反面、政治家がこうも責任を取りたがらない人間ばかりの国に生まれた不幸を思わないわけにはいきません(-.-;)y-゜゜




2021年01月09日

常夜鍋

昨日と材料が同じじゃないか!とお思いでしょうが、昨日食べた埼玉産のほうれん草が甘くてめちゃ美味しかったので、このメニューに(^^ゞ 常夜鍋は色んな作り方があるけれど、今日は昆布を敷いた鍋に酒と水をドバドバ注ぎ、煮立ったらしゃぶしゃぶ用の豚バラ肉と、さっと茹でたほうれん草と舞茸を入れて、火が通ったら大根おろしと小口切りした万能ネギを薬味にしたポン酢で食べました(*^^)v
食事しながら見たのは相変わらずTBSの報道特集で、コロナ関連の特集2つのうち世界一コロナ対策に成功したといわれる台湾の立役者オードリー・タンI IT 担当相の単独インタビューを面白く見た。曰く成功の秘訣は情報公開と行政の透明性と丁寧な説明だそうで、真逆を行く日本では何だかんだいって死者の累計が今日4000人を超えたそうだから、数の上でもあきらかに東アジアの落ちこぼれというべきだろう。とにかく打つ手打つ手が後手後手というのもバカバカしいくらいお粗末な対策の元凶はやっぱりオリンピックに遡るのかもしれない。初期はそれであきらかな感染者隠しが行われていたふしがあるし、それをあてにしていた旅行業界や宿泊業界を救うべく始まったGOTOキャンペーンによる気の弛みで感染拡大に拍車がかかったのは間違いないのである。結果、飲食業界及びその関連業界が多大な犠牲を強いられるはめになっても、欧米諸国のようにその人たちのデモも起きない温和しい国なので、大昔の「待合政治」の延長線上にある自民党政権がいまだにノウノウとしてられるのだろう。もしロナ死がこのままどんどん増え続けたら、現政権は一体どの時点で責任を痛感するのだろうか?一向に責任を感じなさそうな連中の顔もさすがに見飽きました(-.-;)y-゜゜




2021年01月10日

豆腐バーグ、焼き野菜&炙りサーモン弁当

乗馬の帰りに大宮エキュートでゲット。寒くても風のない好天に恵まれた今週末も愛馬オランダの幼稚な子クリトンに騎乗。最低気温がマイナス4,5度になるらしく、午前中の馬場は凍ってる場所もあるし、馬の水桶にも分厚い氷が張ってたりしたため、クリトンの馬体も張ってキケンな状態かと思いきや、意外にピリピリした感じは全然なくて非常に安定感のあるサクサク走行だったのは何より!というわけで今日の2鞍目は単独のフリー騎乗で久々に径路を踏んだら、クリトンも何だか久々にノリノリな感じで気持ちよく走ってくれた(*^^)v のはやっぱり根が馬場の競技馬だからでありましょう。今週は緊急事態宣言が出たとはいえ、かなり限定された要請だったせいかクラブは通常通りの営業で、ただしクラブハウスはもとより送迎車中にも消毒薬が置かれ、会員さんも騎乗中以外はしっかりマスクをして感染防止に努める雰囲気だし、何しろ皆さんほとんどの時間を戸外で過ごしているからまず安全な感じの空間なのだけれど、昨年末に身近でイチバン怖い話を聞かされたのも当クラブだったのである!!その話というのは当クラブのオーナーが依頼されてた税理士さんが年末にコロナ陽性となられたため、確定申告関係の書類は全て郵送してくれという連絡が入ってその準備をしていたら、一週間と経たないうちに事務所の方からまた連絡があって、その税理士さんが多臓器不全となられたため事務所を閉鎖するので急きょ新たな税理士さんをお捜しください!だったそうで(@_@;)マスコミが急変する病と伝えてはいても、実際にそうだという現実を身近で聞いてしまったのは大変に衝撃的だったのであります(-。-;)




2021年01月11日

塩もみ白菜と豚肉の炒めもの

前に作ったQP料理のアンコール。レシピは去年11/24のブログをご覧下さい!
成人の日のきょうもワタシはふだん通り執筆の仕事に勤しんでいたが、自分が成人を迎えた頃は半世紀近くも前なので(^^ゞ 当時から既に成人式はあったにしても、自分や周りの友人が参加したとかいう記憶はさっぱりないし、近年のようにマスコミの歳時記ネタでも全然なかったので、一体いつ頃から成人式がこんなに例年必須の話題になったんだろう(?_?) ひょっとしたらこれは少子化と軌を一にするというか裏腹の現象なのかも?と思えなくなくもないのだった。ところでワタシが成人になった時はこれで大っぴらに酒とタバコが呑める\(^O^)/し、しっかりお金貯めて何とか早く海外旅行しよう!と真剣に思ってたが、コロナ禍中で成人を迎えた人たちにはタバコなんてとんでもなくキケンなアイテムだし、海外旅行は当分控えたいだろうし、大都会でアーバンライフを満喫する気分も冷え込んじゃってるかもしれないし、というわけで多分バブル世代以前の若者とは全然違うライフスタイル志向になるのかもね〜と思ったら、さまざまな仕事が淘汰されたり産業構造が激変する可能性が自ずと高いような気もして参りました(-.-;)y-゜゜


コメント(1)

今年初めての書き込みですが、コロナ対策の無能無策ぶりが絶望的で書く気も失せる程です。医療専門家に耳を貸さず、医療崩壊が始まったのに「もう少し様子を見て…」と何を寝言を言ってるのか!スカは(ワクチン接種が始まれば、そのうち収まるから、それまで持たせよう)と考えているのか?国会も開かず、怖くて記者と質疑応答もできず、ワクチン接種までひたすら時間稼ぎをしてるのか。昨年春から専門家が冬の感染拡大に備える様、警鐘を鳴らし続けていたのに、検査も拡充せず、既に医療崩壊は始まり、この機に高齢の年金受給者を減らそうという画策か、と深読みせずにはいられません。政治家の仕事は会食する事、と太鼓持ちがほざきましたが、最も行動変容すべきなのは政府トップと自民党、厚労省トップ、という事が明確になりました。口汚くなりましたが、新春歌舞伎の菊五郎のセリフ「かけどくり」で、(私もこれだな!)と少しうれしくなりました。

投稿者 ウサコの母 : 2021年01月12日 22:09



2021年01月12日

唐揚げ鍋

昨夜Netflixで話題の「愛の不時着」を見てたら鶏の唐揚げがモーレツに食べたくなったものの今日は寒いのでやっぱ鍋かな〜というわけでこのメニューに(^^ゞ昆布と鶏ガラスープの素を合わせた出汁に酒味醂醤油オイスターソース少々胡椒で調味し、白菜、長ネギ、チンゲンサイ、シメジ、鶏もも肉の竜田揚げ(もちろん自分で作りました!)、柚子の皮を入れて煮たら、超テキトーな料理のわりに意外と美味しく食べられました∈^0^∋
今日の夕方は妹と電話して、縦隔気腫の急病から快癒した甥っ子が早くも無事職場復帰したと聞いた上で「京都はまだすぐ入院できたから良かったけど、関東は大変みたいやな〜」とのこと。その京都も明日からいよいよ緊急事態宣言が発出されるが、それにしてもドイツを始め欧州各国は中央政府が厳しいロックダウンをしようとしても地方が反発して規制を弛めた結果感染拡大しているパターンが多いのだけれど、日本の場合は政府がゆるゆる過ぎて逆に地方が規制強化を求めるのはなぜなんだろう(?_?)もちろん医療逼迫の恐れが大きいのは確かだとしても「結局、地方は早く宣言して国からお金を出してほしいし、政府のほうはお金を出したくないからぐずぐず引き延ばしてるんやで〜」とワタシシたち姉妹は見ていて、「もう政府もそんなケチらんと、お札をどんどん刷ったらええがな〜」と毎度のように力説する妹はきっとMMT理論の信奉者なのでしょう(-.-;)y-゜゜




2021年01月13日

ブロッコリーとベーコンのパスタ、豆とトマトのスープ

パスタ前に作ったQP料理のアンコールなので、レシピは2019/12/12のブログをご覧下さい。スープは市販のレトルト。
食事しながらTVで止せばいいのにスガドンの記者会見を視聴し、アベボンの滑舌の悪さにも閉口したが、スガドンの場合はスピーチがヘタくそ過ぎというレベルではなく人前で話すのが苦手な人の部類なので、議会制民主主義に基づく選挙でこんな人物がまず政治家になれる国のフシギさに改めて感じ入った次第(-。-;)いわゆる「待合政治」の流れを汲む「会食政治」がこのコロナ禍で根絶されることを、ワタシは料理屋の娘だけれど、この国の未来のために望むものであります(-.-;)y-゜゜おまけに科学的知見はもとより信念も定見も全くない人物なのは、そのつど世論に迎合してコロコロ変わる政策が証明しているが、とにかく今回は入国制限を見直した点のみ可とすべきだろうか。ところで記者がそこを突っ込まないのもどうかと思ったのは、午後8時以降のみならず日中を含めての外出自粛要請と、イベント興行デパート等の日中営業許可との整合性で、つまりは国が補償するお金のなさ故に二律背反状態に置かれた市民はホンマどうせえ!ちゅうねん(-_^:)と噛みつきたくもなろうというものである。感染に結びつくのは大方が飲食だという確信があるのなら、みんなでランチは絶対やめて!何か一緒に観に行っても帰りに食事は絶対やめて!とか具体的にもっとわかりやすく伝えたらどうなんでしょう(^_^;)と思ったのでした。




2021年01月14日

豚肉と根菜の韓国風煮物

前にQPで見た料理をアレンジした。焼肉用の豚肩ロース肉を醤油味醂コチュジャン砂糖おろしニンニク塩少々を併せたタレにしばらく漬け込んでから胡麻油で炒め、ジャガイモ、ニンジン、大根を炒め合わせて酒と水を加えて煮て仕上げに煎り胡麻を振る。ニンジンと大根は電子レンジで火を通してから煮込んだ。
食事しながら見たBS-TBS報道1930はコロナ禍の医療逼迫を報じて、東京で入院調整中の陽性者が既に6500人超に達し、糖尿病の既往症がある80代男性でさえ入院待機中に亡くなったり、高齢者施設のクラスター患者を収容する病院はない (!_+)等の具体的な事例で相当に深刻な現状を紹介。それにしても冬期にこうなることは夏前から予測されていたにもかかわらず、パンデミック危機に対応する医療体制の見直しや整備がなぜ遅々として行われてこなかったのか門外漢には全くフシギとしか思えず、その根本的な原因の一つが民間病院の多さであるとするなら、それは中小企業が多すぎるという問題と軌を一にしているか、どこかでリンクしている問題だと思わざるを得ない。そして中小企業の存在こそが日本の経済的な発展を支えて来たにもかかわらず今やIT化グローバル化の波に乗り遅れて日本人の生産性が低いことの一因と見なされているように、民間病院こそが地域医療の担い手だったにもかかわらず有事の医療体制を阻むネックと見られているのだとしたら、近代国家の影を引きずるこれまでの日本がもはやあらゆる面で大変貌遂げなくてはならない時節に突入しているのは明白で、近世社会から近代社会への大変貌がアジアで最も速やかに成し遂げられたのに、ポストモダンへの変貌がこうももたついているのは残念ながら偏に国民の高齢化によるとしかいいようがありません(-.-;)y-゜゜




2021年01月15日

鶏肉とゴボウのだまこ汁

昨日のQPで見た料理だが、寒い今日に回しました(^^ゞ昆布だしを酒、味醂、醤油、塩少々で調味し、笹掻きゴボウ、舞茸、鶏もも肉、長ネギとだまこを入れてからしばらく煮て、仕上げにセリを足し入れる。だまこは熱いご飯にカタクリ粉を振って麺棒で突き潰し混ぜて団子状にする。色んな具材から出汁が出るのでシンプルな調味料でも美味しく食べられます(*^^)v
けさワールドニュースを見たら、米国は今や大統領就任式における再デモ暴動の警戒で、コロナどころではないという大変な雰囲気だけれど、欧州諸国はどこともに日本と同じく新たなコロナ感染の急増拡大に苦慮していて、フランスはこれまで午後8時以降だった外出禁止令を6時以降としたことで、これに一体どんな効果があるのか (?_?) 通勤電車や帰宅するクルマのラッシュを酷くするだけじゃないか!と国の公共放送にも批判的に報じられたのが印象的だ。つまり冬場のコロナ対策はどこの国も成功しているとはいい難い状態とはいえ、日本は急増してもやはりケタ違いの数字に留まっているのがまだ幸いというべきなのかもしれない。とにかく無症状者が感染拡大にひと役買わされるというタチの悪いウイルスだけに、各国共に動きまわる若者が非難される形になってしまいがちだが、フランスにおける若者のバカ騒ぎ映像を見てたらこの国は自業自得だよね〜という気はしても、若者は概ね十分おとなしくしているし一般市民の多くが別に責められるいわれは全然ないような姿に見えるのが他国と比べた日本の周りの風景で、にもかかわらず医療崩壊が目前とか既に起きてるというのなら、それは偏に医療体制に問題があるわけで、夏前からその問題が指摘されながら一体何をしてたんだ!!と国民全員が国会や官庁前で怒りのデモ行進をしてもいいくらいに医療の機動性を高められなかった行政のお粗末さにこそきっちり責任を取らせるべきではなかろうか!日本の政治家や役人が責任を取ろうとしないのは、取らせるよう圧力をかけない現代ニッポン人のおとなしさにも問題があると常々ワールドニュースを見てて思うのですが、加藤元厚労相なんて昔なら切腹ものです(-.-;)y-゜゜




2021年01月16日

豚と冬野菜のタジン鍋

タジン鍋にオリーブ油を引き、玉ネギ、ジャガイモ、レンコン、塩胡椒した豚ロース肉、ブロッコリーの順に載せ蓋をして 10 分ほど蒸し、一時凝ってすぐに飽きたタジン鍋だけど、あるとやっぱベンリだな〜と思いながら (^^ゞ ポン酢で食す。何たってカンタンに一人鍋ができるメリットは独り暮らしにとって捨てがたいが、独り暮らし自体のメリットも改めて考えさせられたのが今宵のTBS報道特集で取りあげられたコロナの家庭内感染問題である。持病のある高齢者や今ちょうど受験生を抱えてるお宅などは神経の使い方が尋常じゃないだろうし、家族間で個食してるのもヘンなもんだろうし、家の中でずっとマスクしてるのもイヤだろうな〜と独り暮らしの身には思えたものの、馴れたら案外そうでもないわよ!と所帯持ちの方はおっしゃるのかもしれません(^_^;)もちろんダレもがいつ何時どんな経緯で感染するかもしれない未知の部分が多い病だけに、当初ワタシは独り暮らしのリスクのほうを重視し、近所に住んでる馬トモの医療従事者Oさんに「いざとなったら食料とかウチに届けに行ったげるわよ」と言われたことをお守りみたいにしていて、よほど重篤化しない限り入院はできないものと覚悟しつつも、独り暮らしの場合は却って外出を一切しないという選択肢があり得ないので、外出時のマスク必須と手洗いが多少マメになったほかは仕事がら以前とほぼ変わらない生活をしており、今のところさほどのストレスは感じずに済んでるのが幸いです(^ニ^)




2021年01月17日

アボカドと京野菜のサラダ、おこわ弁当

乗馬の帰りに大宮エキュートでゲット。
寒暖差に驚かされた今週末もオランダの幼稚な子クリトンに騎乗。石田先生の指導に与った1鞍目は最初サクサクと非常にいい調子で走ってくれたのに、休憩タイムでいったん手綱を弛めてしばらく歩かせ、持ち直して再発進したらどうもまた例のハミを下にぐいっと引っ張るワガママが出はじめて久々に手を焼いてしまい、先生に乗り代わってもらっても同様のしぐさが続くので何だかおかしい (?_?) 一体どうしたんだろう?と思っていたら少し落ち着いて、再度ワタシが乗ってもふつうに走ってくれたので、やっぱりワタシの手綱の操作がまずかったんだろうか?と悶々としつつ下馬して頭絡を外してやったら、クリトンが咥えていた大勒ハミにも水勒ハミにも砂が付着しているので、「ひょっとしてコレが問題だったんじゃないでしょうか?」と先生に見せたら「あっ、そうかもしれない」とのこと。思うに手綱を弛めてクリトンが頭を下げた時に何らかの拍子で地面に口をつけて砂をいっぱい吸い込んでしまい、しばらく口の中がジャリジャリしてハミを嫌がったのかも?でも、そんなことってあるかしら?やっぱりワタシの操作ミスだったのでは?と思いながら2鞍目は例によって単独のフリー騎乗をしたところ、何の問題もなくサクサク走ってこちらの誘導通りに径路もしっかり踏んでくれたのでホッと一安心(*^^)vこの様子をご覧になっていた乗馬の大先輩で今や当クラブの会友でもある元ミセス副編の福光さんが「乗ってて非常に安定感がありますよね〜ああだったら、独りで乗っても安心ですよね」と賞めてくださり「独りで乗って馬と一対一で向き合う時間を持つのは大切なことかもしれませんね」とのことでした(^^ゞ




2021年01月18日

肉じゃが

冷蔵庫にジャガイモが残っていたのでコレ(^^ゞ写真でおわかりの通り今日はちょっと濃い目の味つけに。
昼間に元外交官夫人である旧友のモリから突然の電話で「別に用はないんだけど、ダンナがうちにいるとやっぱり政府の悪口が言い難いのよね〜でもホントに酷いよね〜」とのこと (^_^; 何が酷いといって、二人とも呆れてしまったのが入国の水際対策が信じられないほどお粗末だったことで、まずこの段階で英国からの帰国者?を受け入れていたのがフシギよね〜とモリは言い、まあ、それなりの事情はあったんだろうけれど、入国の際の検査をすり抜けてしまう人が出るようなことでは、所詮オリンピックをやるなんてのは全くの妄想でしかないよね〜という話になったのだった。で、晩ご飯しながら BS-TBS 報道1930を見ていたら、「今入ったニュース」としてコロナ英国変異株の市中感染者が早くも静岡で見つかったことが報じられて愕然とした次第(@_@;)